個食でもんじゃは「三島屋」で! 

吉原の外れにある「三島屋」は
  個食客向きのもんじゃ屋だ!


 “もんじゃ屋シリーズ”第三弾は、江戸町民文化の情報発信地だった新吉原の外れにある「三島屋」です。下町の昔懐かしい店構えで、駄菓子屋の雰囲気漂うお店のメニューを見ると、かつて下町のいたるところにあった“冷凍甘味処”のカテゴリに入るようなお店、というなら、以前紹介した下町の焼きそばが美味しい山谷の「大釜本店」に似た感じのお店だ。

 元々は南千住で昭和27年に開業して、間もなくこの千束の方に移転して今に至っているらしい。このお店のもんじゃの特徴はお好み焼き屋さんに普通にあるようなテーブルの上にガスで熱した鉄板があって、各自自分で調理して食べる方式とはまったく違い、テイクアウト用の厨房で調理しているお店の人にオーダーを出すと、一人前用のステーキ用鉄板で調理したままスグに食べられる状態で席まで運んでくれる点だろう。

三島屋の店頭

 普通のもんじゃ焼き屋だと個食客が入店してビールなどを飲みながら一人でもんじゃを焼いてたら、ほとんどが焼け焦げ状態になってしまいそうだが、ここならその心配は無用。しかも、もんじゃの量の割には値段が@350円(お好み焼き =¥300- / 焼きそば = ¥300-)と超リーズナブル。
 なお、三島屋のドリンク類は、厨房のスタッフに注文するのではなく、冷蔵庫から勝手にセルフサービス式に取り出す方式で、勘定は料理と一緒に帰り掛けに精算するシステムになっている。

テイクアウトはたこ焼きが一番人気のようで、他に焼きそばと今川焼も売れている ↓
三島屋の厨房
↑ 対面販売が主なので、店内からの注文は厨房の手が空いていそうな時にする ↓
三島屋の店内

 お店の中で座って見ていると、もんじゃとお好み焼きが人気があるようで、あんみつやところてん、アイスクリーム類など冷凍甘味処独特のメニューも豊富だ。

先割れスプーンで食べるこの350円の「そばもんじゃ」が一番のお薦め! ↓
三島屋のそばもんじゃ

三島屋のメニュー一覧 (下の画像はアルコールなどドリンク類)↓
三島屋のメニュー一覧
三島屋のドリンクメニュー ①&②
↑ 三島屋のドリンク類は、冷蔵庫からセルフサービスで勝手に取り出す方式

【 三島屋の営業 】  12:00~20:00 / (水)(木)は定休日↓
三島屋の営業

 『ほていや』からの迷わず三島屋に行く方法は、まず①浅草方面一個目の交差点「清川2丁目」を右折、約300㍍直進、見返り柳で有名な「吉原大門(よしわらおおもん)」の交差点を超える②「五十間道(ごじゅっけんみち)」の急カーブを曲がり切ったら吉原の“仲之町通り”の250mのメインストリートを直進③花園公園手前の「水道尻(すいどうじり)」のまた々急カーブを抜け、吉原弁財天の先にある最初の信号のところが「三島屋」になる。

 途中日本最大級の高級風呂屋街を縦断することになるが、お江戸の昔には外界から完全に隔絶されていた江戸市中で唯一の幕府公認の遊郭があった場所なので、広さ約3万坪(10万㎡=東京ドーム約二個分)の広さを実感しつつ、銭湯の約100倍もする特別な銭湯の店先に立つ黒服さんは無視して通り過ぎよう。帰り道は大門の交差点まで来た道を戻ってきてください !!


 甘味処「三島屋」
TEL= 03-3872-4443
住所= 東京都台東区千束3-4-9
営業時間= 12:00~20:00
定休日= 水曜日と木曜日(土・日・祝も営業)
(※) なお、このブログの情報は正確とはいえないかも知れないので、利用する前にもう一度確認してから入店を !!

「三島屋」の公式HPは⇒こちら



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2017年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2016 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/856-2c784e09