Kangaroo Hotel SIDE_B 近日OPEN! 

Kangaroo Hotel SIDE_B 近日OPEN!



 「Kangaroo Hotel」の別館2号店がまもなくオープンすることが分かったので、その前にオーナーの小菅君に内部を見せてもらった。
その時撮らせてもらった画像をいち早くお見せします。


Kangaroo Hotel SIDE_B の前で
 オープン前の、それも師走の忙しい時にも係わらずお出迎えしてくれた。

 ↓ Kangaroo Hotel SIDE_B のフロント
Kangaroo Hotel SIDE_B の受付

 ↓ Kangaroo Hotel SIDE_B の1階ロビー
Kangaroo Hotel SIDE_B のロビー

 ↓ Kangaroo Hotel SIDE_B の2階(3階)の廊下
Kangaroo Hotel SIDE_B の廊下

 山谷で明治期から旅館を経営してきた「小松屋」さんだが、その三代目の小菅君は、グラフィックデザイナーとしての見地を活かしてデザイナーズホテルといえる「カンガルーホテル」を09年4月に設立した。デザイナーだけあって建物や什器・備品に至るまで細部に亘ってこだわりがあるので、両店の内部はどこを見渡しても手を抜いていないことがよく分かる。

 小菅君のお兄さんと僕とは待乳山(現、東浅草)小学校時代の同級生で、しかもずっと同じクラスだったが、まだ従来型の簡宿の経営とデザイナーを兼業していた頃、城北旅館組合関係者を通じて初めて会ったのがお付き合いの始りだった。
 その時の話で、僕の『ほていや』と弟の宿「ニュー紅陽」が新聞やTVなどマスコミに頻繁に紹介されていたのを知っていて、我々兄弟がメディア誘導して山谷を変えようとしていることも理解していたらしく、随分前から自分でも一般宿の経営をしたいと思っていたそうだ。

 デザイナーだけあって建物や什器・備品、ロゴマークにもこだわりがあるのが分かる。

Kangaroo Hotel SIDE_B のログマークと部屋番号
Kangaroo Hotel SIDE_B の階段

 ≪客室内に貼ってあった平面図(避難経路図)を見ると、客室は16部屋になるらしい≫

Kangaroo Hotel SIDE_B の平面図

 ↓ 幅狭なシングルベッドが置かれた小さな個室
シングル ベッドルーム

 ↓ カップルや夫婦向きに向いていそうなダブルルーム
ダブルのタタミマットルーム

 ↓ 仲のいい友達同士が一緒に部屋を共用すれば楽しくなりそうな客室
階層式のベッドルーム

 今回は向かいにある本館カンガルーホテルに続く別館2号店の開店間近の、準備がとても忙しい最中、4階部にある居住スペースから屋上まで案内してくれとても参考になった。


SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)

2015年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら
何と税込一泊1,600円~ 別館『えびすや』の詳しいページは⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/815-2a0e979f