散歩の達人 20周年記念企画「食堂100軒」 

 先日21日に発売された散歩の達人5月号(交通新聞社)に掲載の特集「100人の達人が語る、『おいしい理由』食堂100軒」の中に、当店『ほていや』オーナーが薦める「山谷のそば屋」として、いろは会商店街のアーケードの中にある日本そば屋「婦久助(ふくすけ)」が#58で紹介されている。

散歩の達人 食堂100軒

 今回の5月号は、20周年企画の第二弾として、漫画「孤独のグルメ」の著者で知られる漫画家、久住昌之氏始め、タレント、ライター、編集者など等、合計「100人が選んだ垂涎の一軒」という切り口から100軒の「食堂」が掲載されている。
 元プロボクサーWBC世界チャンピョンのガッツ石松氏や「笑点」二代目座布団運びが懐かしいタレントの毒蝮三太夫氏などの有名人に交じって、テレビ東京の人気番組「YOUは何しに日本へ?」でフランスで失恋した腹いせに、木から飛び降り、背骨を骨折も完治しないまま大好きな日本へ印鑑を作りに来た「ハンコ王子」ことロマ・トニオロ君も#19で出ていた。実は彼、「YOU…」の番組撮影時は『ほていや』の向かいにある「ホテル寿陽」に宿泊していた。

婦久助の正面

 今回雑誌で紹介した婦久助では、狸は化けると言われていることから「たぬきそば」と「たぬきうどん」のことを“おばけそば”や“おばけうどん”と呼んでいる。一番のお薦めは「ばけせいろ」。地元の常連さんが注文する時は「バケゼーロー」と濁らせて注文している。天かすとワカメ、長ねぎを入れた温かい汁の中に、冷たいそば(またはうどん)を付けて食べる。

 一般に関東では天かすを乗せた「そば」や「うどん」のことを「たぬき」と呼び、油揚げが乗ったものを「きつね」と呼ぶが、大阪では「きつね」といえば油揚げの乗ったうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げの乗ったそばのことになるそうだ。
 たぬきという呼び方が生まれたのは江戸時代の終わり頃、関東が関西より先だったらしい。当初はイカのかき揚げをそばに乗せていたようだが、関東の天ぷらはごま油で揚げていたので衣が茶色掛かっていた。濃い色が「狸」を連想させることから名前の由来になったらしい。何れにせよ、婦久助の「ばけせいろ」は周辺の日本そば屋にはない味なので、一度試してみてください。外にキャベツの入った「冷やしたぬき」やピリ辛の「カレーライス」、「カツ丼」もお薦めだ。
 
【営業情報】 台東区日本堤1-25-1 (金曜日定休)11:30~19:30頃まで(出前可)婦久助のばけせいろ(そば)とおばけ(うどん
 ↑ 今回散歩の達人で紹介したのは、婦久助のばけせいろ(= そばバージョン)

婦久助 ぜいたくせいろ
 ↑ こちらはせいろでも豚肉と鶏肉が入った「ぜいたくせいろ」(= そばバージョン)

婦久助の冷したぬき
 ↑ こちらは夏期限定 婦久助の冷しおばけ、つまり冷したぬき(= うどんバージョン)

 ↓ 婦久助のお薦め三連写(かつ丼・なべ焼きうどん・カレー丼)
婦久助のかつ丼
婦久助のなべ焼きうどん
婦久助のカレー丼
 ↑ こちらのカレー丼は、常連客の“裏メニュー”からメニューにラインUPした丼ぶり物

 この企画では、大衆食堂もレストランも町中にある中華屋もチェーン店も、親しみを込めて「食堂」と位置付けているが、それぞれのジャンルの人たちが語るお薦めの食堂一軒は、ネット上で顔も名前も見えない人が付ける点数評価では測れない、自分だけの「おいしい理由」が書かれている。
 なお、雑誌の付録として、掲載されている食堂100軒のダイジェスト版「持ち歩き散歩帖(マップ付き!)」も付いているから食べ歩きの携帯に大変便利。


東京・山谷周辺 日本そば屋さんの情報は⇒こちら



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2016年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2016 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/788-d59c7f9a