上野東京ライン 本日開業 

  上野東京ライン本日開業
~ 常磐線が品川駅まで直通運転で東京駅行きが便利に ~



 諸般の事情に加え、11年に起きた東日本大震災の影響から工事が大幅に遅れていた「上野東京ライン」ですが、JRの大規模なダイヤ改正により、いよいよ今日開業します。

上野東京ライン開業のリーフレット

上野東京ラインの詳しいページ(pdf 版)は⇒こちら


 この開業によりJR常磐線の一部列車が品川駅まで直通運転となることで南千住駅から東京駅までのアクセスが大変便利になり、乗り換え解消により所要時間が短縮される。
 これに伴い常磐線の特急列車が、速達タイプの特急「ひたち」と停車タイプ「ときわ」という新名称に生まれ変わり、普通車の全席で指定席と自由席の区分をなくした新たな着席サービス(座席未指定券)も導入されるらしい。

 駅員さんに聞いた話では、南千住駅に停まる快速列車の一部だけ(一時間に2本程度)が防音壁に囲まれた東北新幹線の高架橋上の新路線を通り、東京駅⇒新橋駅⇒品川駅へと直通運転される。その場合、上野駅までは今まで通りの各駅停車で、上野駅の次駅が東京駅になるとのこと。それ以外の列車は従来と同じ上野駅が終点となるらしい。南千住から直通運転の列車に乗れば、東京までは「所要約14分」で、今までより6分程短縮しそうだ。

常磐線が品川駅まで直通運転

 もしも南千住駅から上野停まりの列車に乗ってしまったら、終着上野駅の同じホームに上野東京ライン直通の列車が停まっていれば、その列車に乗り継げばOK、次駅は東京だ。

 東海道沿線の人が上野東京ラインを利用すれば、ダイレクトにアクセスして手軽に東京・下町観光が楽しめそうだ。『ほていや』のお客さんで、JRパス所持者などJR乗車にこだわる外国人旅行者などが「ディズニーリゾート」や「幕張メッセ」へ行く時は、南千住駅(JR常磐線・上野東京ライン)⇒東京駅(JR京葉線)⇒舞浜駅~幕張駅と一回の乗り換えでスムーズにアクセス可能になる。
 また、コミケ客やコンベンションのために有明の「東京ビックサイト」へ行く人やお台場観光なら、南千住駅(JR常磐線・上野東京ライン)⇒東京駅(丸の内口・都バス)か⇒新橋駅(ゆりかもめ)⇒国際展示場正門駅と一回の乗り換えでOKなので、『ほていや』からの乗り換えの手間が減りアクセス時間も短縮しそうだ。

 なお、南千住駅には「特急」と「特別快速」は停まらないので、南千住駅へ向かう常磐線下り電車に乗る際は充分気を付けてください。 

 ↓ 上野東京ライン直通列車の到着を知らせる南千住駅の案内表示
上野東京ラインの案内表示

  ≪ 南千住駅からの所要時間 ≫
常磐線所要時間
 一方、宇都宮線・高崎線の方は、上野駅で乗り換える必要なくそのまま東京駅(品川駅)に行けるだけではなく東海道線と相互直通運転になることで熱海までダイレクトアクセスが可能となる。
 
 巷では上野東京ラインに関してSNSなどで様々な情報が飛び交っているらしい。「3月14日のダイヤ改正により、宇都宮線上り方面の始発列車の時刻・行き先が変わります」との掲示物があったのは開業に向けた準備が行われていた宇都宮駅だった。
 その掲示物は、宇都宮線上りの行き先が「上野駅行き」から「熱海駅行き」に変わったという案内だった。そのSNSの投稿には「この電車でうっかり寝過ごすと、そのまま熱海に運ばれてしまう…! 」と。

 今までの乗り越しなら上野駅停まりなので笑い話で済んでいたかも知れないが、もし今日3月14日の開業後にやってしまったならば、大事な待ち合わせに間に合わなかったり、会社の重要会議に出席出来なくなったりという事態も起こりかねない。
 中には 「これはひとっ風呂浴びてから仕事に行けってってことで良いでしょうか?(^w^)」というこんなのんきな投稿もあったらしい。

上野東京ライン開業のポスター

 今まで事実上上野駅が起点になっていたJRの常磐・東北・高崎線の各路線が「上野駅」から本来の起点であるべき「東京駅」へと変わることで地元の上野では経済的衰退が危惧されているのかと思いきや、どうもそうでもないらしいい。

上野東京ラインの垂れ幕とのぼり旗

 逆に考え方を変えれば、熱海など東海道線沿線方面から上野駅へもダイレクトアクセスになって便利になる訳だ。戦後の闇市の名残を残す「アメヤ横丁」では上野東京ライン開業歓迎ののぼり旗が…。


【 鉄道関連ページ 】

● 「上野東京ラインの工事状況」 は⇒こちら

● 「列車の大パノラマスポット !!」 は⇒こちら

● 「旧万世橋駅の遺構を残した新商業施設」 は⇒こちら

● 「デパ地下 と 駅ナカ」 は⇒こちら

● 「~汽車のある風景~」 は⇒こちら

● 「天皇陛下と山谷地域」 は⇒こちら

● 「常磐線に新型特急デビュー」 は⇒こちら

● 「JRパスで“はやぶさ号”に乗ってきました!」 は⇒こちら

● 「隅田川駅 貨物フェスティバル2014に行ってきました!」 は⇒こちら

● 「第12回 みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」 は⇒こちら

● 「ゲレンデスキーのシーズン終わり近づく」 は⇒こちら

● 「ジオラマ風なミニチュア写真を撮ってみた(南千住~山谷)」 は⇒こちら

● 「都電荒川線 33年ぶりの花電車が三ノ輪に!」 は⇒こちら

● 「都電22番線の動画」 は⇒こちら


SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,400円(4名以上の場合1人@2,100円、4名未満は8,400円で貸切可)

2015年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら
何と税込一泊1,600円~ 別館『えびすや』の詳しいページは⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/782-0dbfe431