関東最大級のスケートパーク OPEN (足立区) 

川向うに「ムラサキパーク 東京」がオープン !!

 昨夜は『ほていや』と『えびすや』の両店に日本人と韓国人のスケートボーダーが大勢泊まりに来ていて、なぜ山谷に泊まりに来たのかその理由をお客さんに聞いてみたら、汐入(南千住8丁目)から千住汐入大橋を渡った「京成 関屋駅(東武 牛田駅)」の近くで、日本スケートボード協会(AJSA)主催によるスケボーの大会があることが分かった。

ムラサキパーク 東京 OPEN

 その場所は、かなり昔に巨大迷路がウリだった、名前も「アメージングスクエア」と呼ぶ遊園地があった場所だった。パーク内に貼ってあったポスターを見ると、新運営会社が設備を拡充し昨日10月18日(土)にグランドオープンしていた。実はこの場所、過去のこのブログでも、ドラマ「ラスト・シンデレラ」ロケ地として紹介していたスケートパークだった。


「ムラサキパーク 東京」の360度パノラマビュー画像は⇒こちら

ムラサキパークの看板
 
 「ムラサキパーク東京」の関連ページを開いてみると、このパークは、関東最大級の室内スケートパークで、室内パークだけでも何と250坪の広さがあり、従来の対面式のスケートパークではなく、その観客席付きの室内施設のラインは100通りもあって、あまり日本国内では見掛けないような斬新なパークらしい。

↓ スケートボードの競技会に参加する日韓の選手が練習をしていた
バンクでの練習風景 ①
バンクでの練習風景 ②
ムラサキパークと東京スカイツリー

 BMX、インラインスケートのBIGセクションからバーティカルランプも今年の11月上旬にはリニューアル完成予定とのこと。スケートセクション以外にもトランポリンの設備もあるので、上級スケーターやプロがより高難度の技を磨くための空中姿勢のトレーニングも出来る。また、ストライダーやキックボードなども楽しめるフラットスペースも完備されるようなので、初心者や小さな子供連れでも安心して利用出来るスケートパークになりそうだ。

↓ ムラサキパークの屋外バンクではBMXももちろんOK
ムラサキパークの屋外バンク ①
ムラサキパークの屋外バンク ②

 ↓ 都内の集合住宅の敷地内なら子供でも絶対NGのスケボーもここならOKだ
子連れのボーダー ①
子連れのボーダー ②
トランボリンを使った練習

 ↓ 何と広さ250坪もある屋内パーク内にある各種バンクの脇には観覧席も…
ムラサキパークの屋内バンク ①
ムラサキパークの屋内バンク ②

スケートパークの案内図
スケートパークの利用料金

 さらに2014年末には、25m幅のロングミニランプも設置予定だということだか、実はパークの存在はあまり世間に知られていないらしい。なのでXゲーム好きやエクストリームスポーツ系の愛好者に知れたら、設備が充実したスケートパークが山谷地域に近い場所にあるのは堪えられないだろう。
 なお、パーク内にはスケートパークの外にも屋外サッカー場&室内フットサル場から、パークの奥まで行くと“Kartoff” と呼ぶゴーカートのレース場もありバティングマシーンと屋内フィッシング場&ゲームセンターが別棟にある。

 ↓ スケートパーク周辺にはゴーカート場始め様々なレジャー施設も完備
屋外サッカー場
室内フットサル場
Kartoff と呼ぶゴーカートのレース場
バティングマシーンの棟
屋内フィッシング場の棟

 なお、今回の大会の決勝は、今日19日(日)の午後3時かららしいが、山谷に泊まりに来る外国人は、よくスケボーを携えてチェックインなどという人をよく見掛けるので、このスケートパークが近くだと教えたらきっと「いい情報をありがとう」などと喜ぶに違いない。

【 施設名 】 ムラサキパーク 東京
【 場 所 】 東京都足立区千住関屋町19−1アメージングスクエア内
【 アクセス 】 京成線「京成関屋駅」、東武スカイツリーライン「牛田駅」徒歩3分(JR北千住駅 徒歩15分)
両店から徒歩だと、「泪橋交差点」右折⇒「白鬚橋西詰」左折⇒「都立汐入公園」⇒隅田川の「千住汐入大橋」⇒「千住曙町交差点」左折⇒京成電鉄のガード超えたら左へ折れる(約30分の距離)
【 問合せ 】 TEL / FAX=03−5284−3693

【 関連ページ 】
● 「ムラサキ スポーツ」は ⇒こちら
● 「日本スケートボード協会(AJSA)」は ⇒こちら



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,400円(4名以上の場合1人@2,100円、4名未満は8,400円で貸切可)

2014年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら

お部屋のご予約は
http://hoteiyatokyo.jimdo.com/
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

そもそもアメージングスクエアの事をブログで紹介しようと思ったキッカケは数年前スケボーを持った若者が『ほていや』に泊まりに来た事でした。当時はなぜスケボー??と思ったのですがかつてのアメージングスクエアに本格的なスケートパークがあって地方でもスケボーやってる人の間では有名なんだそうです。実は今現在泊まっているお客さんで2人スケボーをやっている人がいます。一人は就職活動で東京に来たそうですがチェックイン時にスケボーを持っていたので聞いてみるとやはりアメージングスクエアの存在を知っていました(笑)
なんでもアメージングスクエアに行きたくて近場で格安ホテルを探したら『ほていや』を発見したそうです(笑)
もうかれこれ2年前くらいに撮った写真になりますが、アメージングスクエアの現在の施設をっ撮ったのがあるので紹介します。

現在の施設
◆ミズノフットサルプラザ千住(フットサルコート)
◆MAP'S Tokyo(スケートパーク)
日本最大級のハーフパイプを備える。遊園地の頃からスケートパークは併設されており、閉園後も運営者と位置を変えながら都内屈指のスケートパークとして営業を続けている。2009年4月からムラサキスポーツが運営し、現在の名称となった。
◆シティカート(レーシングカートサーキット)
R/Cカーレースも開催される。
◆バッティングセンター
◆スーパーフィッシング足立店(釣り堀)
◆アーケードゲーム(ゲームセンター)


アメージングスクエア
所在地 - 東京都足立区千住関屋町19-1


鉄道
京成本線京成関屋駅から徒歩2分、または東武伊勢崎線牛田駅から徒歩5分
※京成関屋駅の方が若干近めです。

自動車
首都高堤通出口から3分
国道4号千住宮元町交差点から2分
駐車場あり


『ほていや』から電車での行き方は、
南千住(東京メトロ日比谷線)→北千住(東武伊勢崎線)→牛田駅
牛田駅から徒歩5分です!
南千住から電車で160円で行けます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/761-d6b92c48