“外国語で扉を開く” 「大竹まこと」のラジオ番組で当店が紹介!! 

 先週、「“山谷”に泊まる外国人との出会い」という記事をUPしたところ思わぬ大きな反響を頂きました^_^
見てくださった方々ありがとうございます!
一日に1,000件近くのユニークアクセスを頂いて、瞬間的ですが…
ランキング12058人中…何と9位に!!!
雄に1万ページも越えるFC2ブログの中でランキング10位以内に入るなんて考えてもいなかったのでビックリでした。


 ここで、もうひとつ外国人との山谷での触れ合いのエピソードを紹介したいと思い再びUPします。

 両店に泊まる外国人旅行者の行動を観察すると、大きく分けて二つのタイプに分けることが出来ます。
ひとつは、興味のある観光コースを事前に調べ上げてから泊まりに来るタイプ。
もうひとつは何の情報も持たずに訪れてネット端末などで情報を探したり、周りに聞きまくるタイプ。

 ネットのフリースポットがある『ほていや』1階待合室を見ると、せっかく日本に来たのに観光もせず、毎日のようにカップ麺を食べながらPCのキーを叩いている外国人をよく見掛ける。
そんな光景を見た時には、下手な外国語でも山谷でしか味わえない食事処を紹介したり、銭湯に連れて行くこともたまにあります^_^
 例えば、ハンバーガーなら世界中どこでも「マクドナルド」を食べられるでしょうが、土手の「伊勢屋」の天丼(Bowl tenpura)は山谷でしか食べれません!
土手通りに出れば、東京大空襲にも奇跡的に焼け残った老舗がケトバシの中江と並んでいる。100年を越す伝統の江戸前の天麩羅の味を博物館級の大正建築の店内で味わえる。

台東区 伊勢屋
↑ 写真は、土手の伊勢屋前で順番を待つ行列(隣がケトバシの中江)
以前紹介した下町伝統の味!山谷周辺おすすめ店の紹介は→
コチラ

 もうひとつは、日本の世界に誇る温浴文化!これを外国人に紹介するのも私の楽しみでもあるのですが、東京・下町、山谷の人気銭湯(Bath Houth)「梅の湯」は、伝統的な下町の銭湯の雰囲気とスーパー銭湯風機器をミックスした湯なので、共同湯が初めての外国人に最適な湯だと思います。
 特にこの湯は、番台のないフロント形式で比較的ぬる目の湯で、しかもサウナが無料というのも外国人向き。
適当なことを言って電気風呂を薦めればビックリした顔で「CRAZY」だと叫んでもほとんどの人が気に入ってくれます。
 湯上りにはお約束の“正しいコーヒー牛乳の飲み方”も伝授(笑)
いつの日かどこかの銭湯で左手を腰に据えて牛乳を飲む外国人に出会えたら面白い^_^


山谷 梅の湯

山谷 梅の湯1

山谷 梅の湯2

 以前、大竹まこと氏のラジオ番組の中にあるコーナー「“大竹発見伝”ザ・ゴールデンヒストリー」に『ほていや』が紹介されました。山谷の街と宿を大竹まこと氏本人の朗読で好意的に紹介してくれて、とても良い番組だったのでこのブログの中でも紹介したいと思いました。



“外国語で扉を開く”


「Welcome backpackers !」 東京・山谷の宿泊施設に英語の看板が溢れています。
日雇い労働者の街、山谷にここ数年外国人観光客が増えているのです。
理由は一泊二千円台という安さ!節約上手な外国人の間でクチコミで広がりました。
山谷で三代続く簡易宿泊所を経営する帰山哲男さん。地元の変化を歓迎しています。

三畳の部屋に初めはみんな驚きます。
「うちの犬小屋より狭いと言われたこともあります」(笑)
山谷の始まりは、昭和20年代、戦災で家や家族を失った人のため焼け野原にテント村が作られました。
それがやがて旅館街へと変り全国から日雇い労働者が集まるようになります。
高度成長期には暴動も起こりました。
でも、帰山さんはこの街を怖いと思ったことがないそうです。
「私は労働者のおじさん達に可愛がられて育ちました」

危険なイメージは長い歴史のほんの一部に過ぎません。
「山谷にはよそから来た人を大らかに受入れる助け合いの精神が根付いているんですよ^_^
だから外国人も大歓迎」その上、「労働者の高齢化が進む山谷にとって今の人気は活気を取り戻すチャンス」と帰山さんは考えています。

泊まるだけではなく、街の魅力をもっと知ってもらいたい!
帰山さんは、コンビニ弁当を食べているお客さんに近所で評判の食堂を教えます。
パソコンに向かってばかりのお客さんには銭湯に誘って入り方を手ほどき、熱い湯に浸かると「Amazing !!」。お客さんは声を上げて喜んだそうです。
嬉しかったのは、一度泊まったチェコの男性が『ほていや』を日本で一番良いホテルとホームページに紹介してくれたこと。その男性は両親を連れてもう一度来てくれました。
安くて居心地の良い“山谷スタイル”に自信が持てました。
「いつかここが旅館の街として世界で有名になったら嬉しいですね!」



---------------------------------------------------------------------

東京で安い宿をお探しの方はぜひ「ほていや」&「えびすや」を宜しくお願いします^_^
一人旅に!出張・受験・就活に!女性・外国人も大歓迎!
1泊~長期滞在まで多目的で利用できる東京の超格安ホテルです!

ドームホステルえびすや (1泊1500円~)
施設案内(写真)はこちら

エコノミーホテルほていや (1泊2700円~3700円)
部屋紹介(写真)はこちら
施設案内(写真)はこちら

-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
03-3875-5912

お部屋のご予約は
http://www.spocom.net/
にアクセスしてください!
-----------------------
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/76-e5a02383