ウソのような就職内定の話 


神社をお参りしたら内定を授かった人の実話

思い出してみると 山谷に泊る就活生が急に目立ち始めたのが平成19年(2007年)頃だったと思う。その翌年の毎日新聞朝刊誌面には「山谷」と「就活」が初めて結びついたが、実はその報道は『ほていや』が情報源だった。

 海外からのホテル進出が急増し「シティホテル業界の2007年問題」があった年、実は山谷も簡宿のホテル建設ラッシュがあって、一年余りの間にドミトリーも含めれば600室もの客室が激増した。その時は一般の旅行者を泊めている山谷の宿経営者からも「山谷の宿の2007年問題じゃないか」と心配も出たが、無料のネット環境の整備など各宿の努力が実り、キャリーカートを引きながら地下鉄南千住の駅前歩道橋を全身お約束の黒ずくめのスーツ姿で超えてくる若者たちが急増した。その就活生たちの歩く姿は街の人たちにとっては異様な風景に映ったようだった。
 「なぜ弔いのため山谷に若い子たちがこんなに泊まりに来るのか?」などと従来型宿の年配経営者から真顔で聞かれたことを思い出す。

 ↓ 山谷滞在を終え東京メトロ日比谷線の南千住駅で地下鉄を待つ就活生
就活で山谷に泊まりに来た女子大学生

 ↓ 就職活動の時期になると南千住駅前歩道橋は、宿へ向かう多くの就活生を見掛ける
南千住駅前歩道橋を渡る就活生たち

 ↓ 南千住のJR隅田川貨物駅へと続く道路には説明会場に向かう就活生の列が…
JR隅田川貨物駅へ向かう就活生

 ↓ 「人生に負けた敗者が涙を流して渡った泪橋」には、今日は女子大生が渡ってきた
泪橋交差点を超える女子就活生

就活の若者を小野照崎神社へ 連れて行った。今年2月上旬、九州は大分県から『ほていや』へ就活のため初めて泊まりに来て、以後複数回泊まりに来ていた人のウソのような話がある。

 彼が一番最初に泊まりに来た日の晩、チェックインして間もなく「 Wi-Fi 」の設定がうまくゆかなかったことでフロントにへばりつかれた。そんなことがあったので両店に毎日数多くの旅行者が泊りに来るようになった今の『ほていや』でも彼のことは鮮明に記憶していた。

 時は過ぎ、何度もリピート宿泊するから顔馴染になった5月の終わりごろ、彼が水産大学出身だったと知って、日比谷線の入谷駅に程近い下谷というところに「山盛りの魚介類が盛られた海鮮丼が食べられるお店があるから一緒に行かないか」と彼を誘った。その店は、ランチサービスの時間帯に行列覚悟で行けば、山盛りの魚介類を食べられることで有名な「割烹さいとう」という日本料理屋だった。
 実は、そこに連れて行くにはもうひとつ理由があった。それは割烹さいとうの目の先にある「小野照崎神社」をお参りさせるためだった。
 小野照崎神社は平安時代の歌人「小野篁(おののたかむら)」公を主祭神とし、境内には菅原道真公を始め末社を含めれば計15柱もの神様をお祀りしている下町の神社で、学問の神様という以外にも芸能の神様ということでも巷で有名だ。
 余談だが、この神社の境内には本物の富士山の溶岩で築かれた「富士塚」があって、毎年山開きの時期二日間限定だがミニ富士登山も出来る。

 ↓ 小野照崎神社は江戸時時代に富士山から船で運んだ溶岩を使った富士塚も有名
小野照崎神社の参道

 小野照崎神社には、地元下谷で生まれ育った寅さんこと渥美清の“就活”にまつわる逸話もあたったので、彼にはピッタリのお参り場所だと思っていた。
 芸能人関係者が仕事を求めて密かにお参りに訪れることで有名なこの神社。渥美清が仕事がない時代、友だちのアドバイスで「煙草をやめるから仕事をください」とお参りしたら、その直後にあの「男はつらいよ」のオファーがあったというのだ。以後映画化した寅さんシリーズは国民的映画になったが、寅さんが映画の中で首にぶら下げている御守りはこの神社のものらしい。

 ↓ 神社本殿の右側にある授与所で800円のお守りを求め彼は就職の祈願をした
就職成就の願いを込めて小野照崎神社へ参拝

参拝を済ませて割烹さいとうへ 向かったら、土曜日のランチサービスの時間ということもあり、すでに大行列。列に行儀よく並んでいたら店員さんが注文を聞きに回ってきた。ここの人気のメニューはやっぱり「海鮮丼」らしく、まずは①普通盛②大盛り③メガ盛かを選び、別盛りにするかご飯を酢飯にするのかはお好み次第。予め路上で並んでいるうちに店員に伝えておくのがこの店の流儀。
 なぜにこんなに盛りがよくても安く提供出来るのかは隣にある「鮮魚店」に秘密がある。実は割烹さいとうとその鮮魚店の厨房同士が奥でつながっていて、安い鮮魚類を同じ経営の隣の魚屋から提供出来るかららしい。

 「割烹さいとう」はまた今日も行列だった
「割烹さいとう」のランチ時の行列

 他の面白いメニューがないかと見渡したら、「海鮮カレーライス」なるメニューがあることを発見。マグロカツやカキフライのトッピングしたカレーもオーダー出来るらしい。客の回転が悪くなるためかランチの時のビールなどアルコール類は一人1本のみという決まりがある。
 彼は大学で軟体動物のタコの研究をしていたのとは関係ないだろうが、甲殻類が苦手だというので甲殻類抜きの海鮮丼で別盛りの酢飯で注文、順番がきたのでさっそく店内へ入り海鮮丼を食べることに…。
嬉しいことに消費税UP後でも大盛り海鮮丼が税込@1,050円の据置料金だった。

「割烹さいとう」の海鮮丼(別盛の大盛)

 そして彼は一旦チェックアウト、6月に再チェックインしたらば、すぐに内定の知らせが。周辺が大火災に見舞われた関東大震災と東京大空襲の二度の大災害からも難を逃れた下町のパワースポット。小野照崎神社のご利益が叶ったのか、彼は就職内定に一安心したようだった。

下町の住宅街の中に佇む 知る人ぞ知る小さなお寺だが、もうひとつ就活生によく紹介する場所が「正寶院(しょうぼういん)」だ。地元では“飛不動”と呼ばれ親しまれている。両店に泊りに来て顔馴染になった外国人に、チェックアウト時にこの寺のジャンボジェットが付いた根付け型の「飛行護(ひこうまもり)」をプレゼントするととても喜ばれている。
 関東三十六不動第24番霊場という別の肩書も持ち合わすこのお寺、航空関係に携わる人たちやこれから旅へ出発する人が、航空安全・道中安全のご利益のためにお参りに来る。目立たない小さなお寺だが、宇宙を7年間も旅をして数々のトラブルの末に無時帰還した、あの小惑星探査機「はやぶさ」の運用室にも、最後の神頼みからかこのお寺のお札が貼られていたとか。それが最近、航空安全が転じて“落ちない”と言う事で就職や受験の合格を祈願する参拝者も多いんだとか。

 ↓ 竜泉の飛不動尊は航空安全祈願以外にも最近は就活生や受験生も…
竜泉にある飛不動尊の入口

 また、就職内定が定まらず、『ほていや』の和洋室に何度ともなく泊まりに来て顔なじみになった女子大生に「もしも就職がうまくゆかなかったら浅草の振袖さんへ応募したら」と冗談めかして薦めたこともあった。ただし「25歳定年だからまたその時期になったら就職活動をし直さなくてはならないけどねっ」と言ったら、彼女は就職の心配顔が笑顔になっていた。
 振袖さんなら給料はもらえて賞与もあり、多分ご祝儀まであって、日舞が踊れるようになって茶道や礼儀作法まで身に付けられる。そんなことから永久就職までの花嫁修業にもなるので、いつも一石四鳥じゃないかと言っている。

 ↓ こちら今戸神社は、就職は就職でも永久就職の祈願と婚活にもお薦め!
婚活で売出中の今戸神社


● 「空の交通安全祈願で有名な飛不動尊(正寶院)」は⇒こちら

● 「浅草 振袖さん」の紹介ページは⇒こちら

● 「掘北真希が恋愛パワースポットで有名な浅草・今戸神社に !」は⇒こちら

● 「山形大学 工学部」荒川サテライトHPは⇒こちら
  (東北の大学生の就職活動を支援するページ)



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,400円(4名以上の場合1人@2,100円、4名未満は8,400円で貸切可)

2014年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら

お部屋のご予約は
http://hoteiyatokyo.jimdo.com/
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/754-1ddf5b33