上野東京ラインの工事状況 

東北縦貫線いよいよ今年度開業
  ~ 愛称は「上野東京ライン」14年度末開業の新線 ~



 JR山手線の瞬間最大乗車率は平日朝の上野~御徒町間250%で、それは何と畳一帖に18人が乗車する計算とか。その緩和策として考えられたのが東北縦貫線計画だった。
 この計画は、現在 事実上上野が起点になっているJRの常磐・東北・高崎線の各路線を東京まで乗り入れ、東海道線と直通運転を可能とする工事だが、諸般の事情に加え、11年に起きた東日本大震災の影響から工事が大幅に遅れていた。

 ↓ 悪名高き平日朝の上野駅⇒(8am~9am)⇒御徒町駅のラッシュアワー山手線の朝のラッシュアワー

 JR東日本は昨年12月9日、工事中の「上野」と「東京」とを結ぶ約3.8キロの新線“東北縦貫線”を2014年度末に開業する」とプレス発表した。そして、この新しいルートの愛称を「上野東京ライン」に決定した。
 このルートが開業すれば、北部浅草の安宿街のJRの最寄り駅「南千住」から乗車、上野駅で乗り換えることなく東京駅へ行くことが出来、さらにその先の品川駅で東海道線へ簡単に乗入られるようになる。下の写真二枚は、先週神田駅の脇で撮った東北縦貫線(上野東京ライン)の最新画像です。

 ↓ 追込み工事中の東北縦貫線(秋葉原駅方向 防音壁内に新幹線E2系が…)
東北縦貫線(秋葉原駅方向)

 ↓ 見た目は完成 ??? 東北縦貫線の最高地点の工事現場(東京駅方向を望む)
東北縦貫線(東京駅方向)

 新路線が建設されているのは「上野東京ライン」の名の通り、上野~東京間という首都圏の都心部。特に神田駅の周辺は狭いエリアの中ににビルが密集し、新たな鉄道用地を確保することがむずかしかった。そのためJR東日本は、神田駅付近の防音壁に囲まれた東北新幹線の高架橋上にもう一段新しい高架橋(重層部)を建設、そこに新線である東北縦貫線の用地を確保し、上野東京ラインを走らせることになった。

 新路線約3.8キロのうち、高架橋を新たに建設したのは神田駅の付近の約1.3キロ区間で、うち約0.6キロが東北新幹線の真上を走る。空中利用の重層部最高地点は地上22メートル。7階建てビル相当の高さなので、脇のJR神田駅の山手線と京浜東北線のホームは、はるか下になる。

 なお、東北(宇都宮)、高崎線の乗客が混乱しないよう「湘南新宿ライン」と区別した開業になったらしいが、今年度中に北関東から神奈川までがひとつの路線でつながることになる。

 ↓ 開業後の運行体系図(JR東日本のHPより=青色が常磐線)
常磐線から東海道線への乗入

 現状では、JR南千住駅から常磐線に乗り、東京駅方面へ出る場合には、日暮里駅か終点の上野駅で並行する山手線か京浜東北線への乗り換えが必ず必要だが、今後乗り換えが不要になったり、所要時間が短くなったりする。そんな訳で上野東京ラインの開業により、これまでの悪名高かった、上野~御徒町のピーク時の大混雑も緩和されることが期待されている。

 何れにせよ、本館『ほていや』と別館『えびすや』の両店に泊まる宿泊者の方たちにとっては、南千住駅からのアクセスの利便性がさらにUPすることになるのは間違いないが、愛称が一般に定着するのはまだ々未知数だ、なぜなら、過去に日暮里・舎人ライナーが「日舎ライナー」と呼ばれなかったことや、国鉄分割民営化の時代、テレビでお馴染みの著名人まで大動員、JR東日本の大々的な一般公募で決まった「国電」の新ネーミング「E電」も、その後“E電の表示プレート”を上野駅構内でも苦労しないと見つけられない事態になったからだ。


【 鉄道関連ページ 】

● 「列車の大パノラマスポット !!」 は⇒こちら

● 「旧万世橋駅の遺構を残した新商業施設」 は⇒こちら

● 「デパ地下 と 駅ナカ」 は⇒こちら

● 「~汽車のある風景~」 は⇒こちら

● 「天皇陛下と山谷地域」 は⇒こちら

● 「常磐線に新型特急デビュー」 は⇒こちら

● 「JRパスで“はやぶさ号”に乗ってきました!」 は⇒こちら

● 「隅田川駅 貨物フェスティバル」 は⇒こちら

● 「第12回 みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」 は⇒こちら

● 「ゲレンデスキーのシーズン終わり近づく」 は⇒こちら

● 「ジオラマ風なミニチュア写真を撮ってみた(南千住~山谷)」 は⇒こちら

● 「都電荒川線 33年ぶりの花電車が三ノ輪に!」 は⇒こちら

● 「都電22番線の動画」 は⇒こちら



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,400円(4名以上の場合1人@2,100円、4名未満は8,400円で貸切可)

2014年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2013こちら

お部屋のご予約は
http://hoteiyatokyo.jimdo.com/
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/749-7bcabafd