「トムヤムクンヌードル」の販売一時休止 

「トムヤムクンヌードル」
 販売一時休止


 毎日新聞によりますと、日清食品は4月22日、新発売したばかりの
カップヌードル トムヤムクンヌードル」を、販売計画を大幅に上回って、供給量が確保出来なくなったので販売を一時休止すると発表した。

 消費税増税前の巷では、駆け込み需要から小売店は軒並み“増税前特需”の恩恵に与った。しかし増税後の巣ごもり現象からか消費が落ち込んできているらしい。その中にあって今回のトムヤムクンヌードルの話は何ともうらやましい限りだ。

トムヤンクンヌードル

 「トムヤムクンヌードル」とは、日清食品が4月7日に発売した新商品で、現在のタイの若者に人気のある味わいを再現、魚介ベースにココナッツミルクを効かせ、濃厚でクリーミーな味わいに仕上げた即席麺だそうだ。レモングラス、ライムリーフを加えたさわやかな風味の別添トムヤムペーストを味の決め手にしているらしい。
(※) 商品の内容量は75g(麺60g)で小売価格は170円(税別)とのこと。

 カップヌードルといえば、過去に「南千住とカップヌードルの関係」のことをこのブログのページで紹介したことがあった。1971年(昭和46年)に関東で初めてカップヌードルが宣伝販売の形で売られたのが南千住で、それも東京、下町の住宅街に10年間だけ存在した、当時大リーグ並み最新式球場と誉高かったプロ野球場の旧「東京スタジアム」の中だった。

 実は、昨年7月から東南ア向け査証(ビザ)の発給要件緩和処置からアジア諸国、とりわけタイからの旅行者が山谷にも激増している。タイ人旅行者の特徴といえるのが、親日的でマナーがよろしい上に日本製品が大好きなこと。さらに滞在中に大量のお土産を買い込むことでも知られているお国柄だ。
 よく「キットカット (KitKat) を買いたいがどこで買えるのか?」という質問をタイ人宿泊者から聞かれる。それもケースで欲しいというのだからたまったもんじゃない。そんな時には、会員になっている山谷(東浅草2丁目)の食料品の現金問屋を紹介している。だが今度のトムヤムクンヌードルがタイ人に人気が出ればキットカット同様に購入先を聞いてくるに違いないだろう。



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,400円(4名以上の場合1人@2,100円、4名未満は8,400円で貸切可)

2014年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2013こちら

お部屋のご予約は
http://hoteiyatokyo.jimdo.com/
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/728-85c0286a