水面に浮かぶ三個のブイの謎 ? 

「千住大橋際歴史資料空館」



 南千住駅からコツ通りを北方向へ歩くと徳川家康が江戸に入府後まもなく架橋した隅田川最初の橋、千住大橋へと辿り着く。日光道中(現在の日光街道)の初宿である千住宿南(荒川区側)と北(足立区側)とを結ぶこの橋は、当時は江戸の出入り口として位置付けられていたという。
 またこの地は松尾芭蕉が「行く春や鳥啼き魚の目は泪」と俳諧紀行文「奥の細道」の最初の一句を詠んだ地でもあることはあまり知られていない。実は芭蕉は荒川区側、今でいう山谷地域にあった宿に7日間滞在後、150日、2,400㌔にも及ぶ旅へ奥州へと旅だったとか…。

 現在の千住大橋は、旧橋(下り方向)と新橋(上り方向)の二橋で構成されていて、鋼橋の方の橋は、昭和2年(1927年)架け替えられ、日本に現存するブレースドリブ・タイトアーチ橋の最古の例だそうだ。

 ↓ 現在の橋脚のないアーチ式鋼橋の千住大橋と木橋の時代の橋のイメージ今昔の千住大橋画像

 現在のアーチ型鋼橋を渡り切った辺り、足立区側に出たところに大橋の下部を横切れる小道がある。この千住大橋公園へ抜ける小橋への入口は9am~4pmの間解放されていて誰でも入ることが出来る。

千住大橋際歴史資料空館の入口
資料館の解放時間
 その先を大橋の真下まで出ると「千住大橋際歴史資料空館」なる野外資料館がある。その周辺には千住大橋の歴史を記した様々な看板状の掲示物が立てられている。

千住大橋の下をくぐって野外資料館⇒千住大橋公園まで抜けれる小橋 ↓
千住大橋際歴史資料空館 ①
千住大橋際歴史資料空館 ②
 その掲示物の中には、伊達政宗候が寄贈したと伝えられる初代大橋の木橋の資材の一部が川底に残されていることが書かれている。徳川将軍家と近かった伊達家から贈られた水腐れに強い「槇財」の橋脚は、現在も江戸時代の橋抗が三本川底に残っているとのこと。その杭の位置を示すオレンジ色のブイ三個が大橋下の隅田川に浮いている。

現在でも江戸時代の橋抗が三本川底に残っていてその杭の位置を示すオレンジ色
のブイが三個隅田川に浮いている ↓
 
水面に浮かぶ三個のブイ
千住大橋際歴史資料空館 ③

千住宿模型
 なお、北千住駅前の北千住マルイ(千住ミルディスⅠ番館)最上階10階にある総合文化施設フロアーまで上がると、千住宿の江戸時代当時の大きなジオラマがあって日光・奥州両街道の初宿だった千住宿の全容が確認出来る。ジオラマをよく見ると昔の千住大橋とは別に千住小橋という名の橋もあったことが分かる。


(※) 今回紹介した青空資料館のスグ北側にある京成千住大橋駅前に4月18日(金)の午前中に「ポンテポルタ千住」という大きな商業施設がグランドオープンします。
 南千住4丁目にある「LaLaテラス&BiVi南千住」以上の有名飲食店含む44の専門店が入るショッピングモールなので、青空資料館見学と一緒に足を運んでみてはいかがですか?
 モールのオープン当日は、千住(1010)にちなんで1,010円以上買い物したレシートを持参すると先着で各種プレゼントがもらえるそうです。
⇒ 午前10時から駅前1階の吹き抜け「プロローゴ広場」(なくなり次第終了)




SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,400円(4名以上の場合1人@2,100円、4名未満は8,400円で貸切可)

2014年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2013こちら

お部屋のご予約は
http://hoteiyatokyo.jimdo.com/
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/726-0b257daa