東京・山谷周辺 日本そば屋さんの情報 

東京・山谷周辺 日本そば屋さんの情報


  『ほていや』のフロントに座っていると、お客さんから両店の周辺に「お薦めの食べ物やさんはあるか?」や「旨くて安い飲み屋さんを紹介してくれ」などとよく聞かれる。ということで、年越しそばの時期も間近ということもあり、今回は「周辺にあるお薦めの日本そば屋さん」とそのひと品を紹介します。

① ⇒「婦久助」 『ほていや』から1分程、いろは会商店街のアーケードの中にある婦久助の正面
婦久助 ばけせいろ と おばけうどん
婦久助 ①&②&③ 
 ↑ 山谷のそば屋の出前店で多分人気ナンバーワンでは !? かつて元気のいい寄せ場
のおじさんたちが多く住んでた街だけあって「味は濃く」、「量は多め」でも「リーズナブル」。
一番のお薦めは「おばけせいろ」。注文の時「バケゼーロー」と言う人が回りにいたら多分
婦久助の常連さんに間違いなし。昔から狸は化けると言われていて、たぬきそばのこと
をこの店では“おばけそば”とそう呼ぶ。他に「カツ丼」や「カレーライス」もお薦めです。

【営業情報】 台東区日本堤1-25-1 (金曜日定休)11:30~19:30頃まで(出前可)

② ⇒「十一屋」 『ほていや』から徒歩8分程。環状5号線“明治通り”に面している十一屋の正面
十一屋 イカ天せいろそば
十一屋 ①&②&③
 ↑ 山谷のそば屋さんは固定客が多く遠くまでの出前を嫌う傾向があるが、そばを
配達する十一屋のバイクは遠くでも見掛ける。前での婦久助と同様下町のそば屋というこ
とで味の方は濃いめ。関西のそば・うどんとは違い汁の底が見えない。お薦めはメニュー
には載ってない「イカ天せいろそば」。イカの天ぷらが濃いそば汁の中に浮いている。
他に店の人気メニューに天ざる(海老二本)も。

【営業情報】 台東区日本堤2-31-9 (木曜日定休)11:00~20:00頃まで(出前可)
(※) 15時~17時までの間は準備のお休み時間

③ ⇒「やぶ重」(やぶしげ) 信州・戸隠からのそば粉を使った自家製麺の店やぶ重の正面
やぶ重 ぶっかけそば
やぶ重 ①&②
  ↑ 泪橋交差点から明治通りを大関横丁方面へ。土手通り交差点手前右にあるそば屋。
“信州戸隠そば処”と栗色に染め抜かれたのれんが店の目印。丼物のセットメニューが充実
している。ここのお薦めは、冷たいそばにも拘らず一年中定番メニューの「ぶっかけそば」。
鰹節、天滓と胡瓜のみじん切りに大根おろし、そして紅ショウガが丸く盛られた真ん中の海苔
の上にはたまごの黄身が…。その中に別に徳利に入ったそばつゆをお好みでぶっかける。

【営業情報】 台東区三ノ輪2-4-1 (日曜日定休)11:00過ぎ~20:00頃まで
(※) 15時~17時までの間は準備のお休み時間

④ ⇒「砂場総本家」 全国に約150軒ある砂場の総本家は実は山谷地域に…砂場総本家の正面
砂場総本家 天もりそば
砂場総本家 ①&②&③
 ↑ 場所は山谷地域の北西、勝ち組商店街ジョイフル三ノ輪のアーケードの中にある。店内の「ここに砂場ありき」と書かれた布地を読むと、砂場の名の由来は430年も昔、大阪城築城時の砂利や砂の資材置き場からきているらしい。江戸へ移ってきてからは麹町に店を構えて今の土地へ移ってきたのが大正元年とのこと。世間でいう江戸三大蕎麦と言われているのが「藪そば」、「更科」とこの「砂場」となっているらしいが、総本家の名前と店内に飾られた陳列品とのミスマッチに驚かされるだろう。シンガポールのガイドブックに三ノ輪周辺が詳しく紹介されているためか都電目当てで三ノ輪を訪れたアジア系の観光客が時折来るらしく、英語メニューが貼られている。土日祝限定の先客順だが、天ぷらの海老のサイズが大きくなるサービスがある天もり(天ざる)がお薦めメニュー。
【営業情報】 荒川区南千住1−27−6 (木曜日定休)10:30~20:00

④ ⇒「おおもり」 かつて大毎オリオンズの本拠地「東京球場」が目の前だったおおもりの正面
おおもり 満点牛おろしそば
おおもり ①&②&③
 ↑ 山谷地域に隣接、場所は南千住警察署に近い千住間道に面している。今は荒川総合スポーツセンターになっているが、向かいは、かつて“光の球場”と呼ばれていたプロ野球場「東京スタジアム」があって、当時大毎オリオンズの主力選手もよく食べにきていたそうだ。パリーグ随一、抜群の得点力からミサイル打線と言われていたオリオンズの中心選手アルトマンは、ある日おおもりの「きつねそば」を食べてホームランを2本打ってからは南千住で試合がある度におおもりへ通っていたそうだ。東京スタジアムから歩いておおもりに向かうアルトマンの姿は度々付近で目撃されていたらしい。お薦めメニューは女子栄養大学短期大学部プロデュースの満点牛おろしそば。その629㌔カロリーのヘルシーな一品以外にホルモン焼セットやカツカレーうどんなどユニークなメニューも多彩。特に17時からのワンコインセットメニューは、500円で腹を満腹に出来ると評判らしい。
【営業情報】 荒川区南千住6−26−12 (木曜日定休)11:00~20:00
(※) 15時~17時までの間は準備のお休み時間

⑤ ⇒「満留賀」(まるか) 南千住駅前歩道橋からコツ通り商店街を北上満留賀の正面
満留賀 エビカツ丼セット
満留賀 ①&②&③
 ↑ 場所は山谷地域の北の外れ、地元では天王様と呼ばれている「素盞雄神社」の間近。お薦めメニューは前出の女子栄養大学短期大学部プロデュースのエビカツ丼セット。海老のカツ丼と冷たいとろろそばに野菜サラダ、お新香に加えフルーツのデザート付き。温厚な店主に聞いたところ「あまりもうからないメニューだ」と言っていた。このお店の一番嬉しいのは、ご飯ものに付くミニそば(または冷奴)のサービスだ。スタッフ同士も和気藹々で店の雰囲気がいいのでつい足が向いてしまうそば店だが、出前の範囲はかなり広いらしい。常連さんの情報にによると毎週(金)はサービスデーということでさらに特典があるそうだがその内容は行っての「お・た・の・し・み」。
【営業情報】 荒区南千住7−11−5 (水曜日定休)11:00~20:45=O.S.(出前可)
(※) 15時~16時半までの間は準備のお休み時間

⑥ ⇒「角萬 竜泉店」 一葉記念館に程近い国際通りに面していて分かりやすい角萬 竜泉店の正面
角萬 冷肉そば
角萬 竜泉店 ①&②
 ↑ 歯応えのあるうどんのような極太のそば。鰹風味が効いたそば汁が食欲をそそる。手打ちと謳っている厨房を覗いたら、ラップを巻いたそば粉を足で打っていて、麺にコシがあるのはそのためか?店で一番人気が「冷やし肉南蛮そば」。通人は「肉南」とか「冷肉」と略して注文する。普通盛りでも充分盛りが良いのに大盛りで頼む時は「冷大」と頼む。昼食時に満席になっても大丈夫、1階で店員さんに注文してから2階へ上がれば宴会場並みの広い座敷が…。
なお、墨田区の言問橋東の交差点近くに「向島店」もあるが、こちらのお店の肉は豚肉のラード分が少なくヘルシーだが営業システムが竜泉店とは違っている。

【営業情報】 台東区竜泉3-13-6 (日曜・祝日定休)11:00~20:00
(※) 15時半~17時までの間は準備のお休み時間

⑦ ⇒「山田屋」 タクシーの運転手に人気、早朝から営業する座れる立喰いそば屋山田屋の正面
山田屋 ゲソ天そばに生たまごトッピング
山田屋 ①&②&③
 ↑ そば好きの人が早い時間帯にそばを食べたくなった時にお薦め。朝の7時開店なのでタクシーの運転手など夜の仕事明けの人らしき常連客が多い。吉原ソープランドエリアから近いこともあり、黒スーツ姿の“黒服”さんも常連らしい。値段が安い割にボリュームがあるのが特徴だが掛蕎麦にネタをトッピングして注文するスタイルがここでは普通のようだ。一番人気は「ゲソ天そば」らしい。冷たいそばでも見た目温かいそばと変わらぬ形で丼で出てくる。なお、酒類など飲料類は一切ないので予めご注意を。場所はお酉さまで有名な「鷲神社」(長國寺)や江戸歌舞伎の創始者、中村屋の菩提寺「西徳寺」のスグ近く。
【営業情報】 台東区千束3-33-9 (日曜・祝日定休)7:00~17:00

≪ ご注意 ≫ このブログの営業時間などの内容は参考に留めておいてください。
予め最新の正しい情報を各お店などで確認してから利用してください。

下町伝統の味!ほていや周辺「山谷」食べ歩き!
◆ おすすめのお店紹介 ◆

① 『土手の伊勢屋』 100年を超す“小腹ふさぎ”の伝統の天麩羅が味わえる老舗
② 『中 江』 戦災を免れた大正建築の店内で食べる通称“ケトバシ”と呼ばれる「桜鍋」
③ 『尾 花』 うなぎ料理を知り尽くした食通が通う天然鰻料理の有名店
④ 『満す美寿司』 吉原遊郭の名残と立ち食いだった寿司の歴史を残す寿司店
⑤ 『カフェ・バッハ』 コーヒーマニアが集う下町の自家焙煎珈琲店
(※) 参考ページ⇒ http://hoteiya.blog47.fc2.com/blog-entry-10.html

◆ その他の山谷の注目店 ◆
〇 『大 林』 呑んべぇの手引書「下町酒場巡礼」の表紙を飾った超レトロな酒場
〇 『きぬ川』 漫画「孤独のグルメ」第一話に登場“ぶた肉いためライス”が有名な一膳飯屋
〇 『駒寿司』 格安回転寿司の半値「アド街」、「笑ってコラえて !」等で紹介の立ち食い寿司
(※) 参考ページ⇒ http://hoteiya.blog47.fc2.com/blog-entry-285.html



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(5名以上は1人@2,000円、5名未満は10,000円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,600円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上の場合1人@2,000円、4名未満は8,000円で貸切可)

2013年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2013こちら

お部屋のご予約は
http://hoteiyatokyo.jimdo.com/
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/703-b99a23e4