墨田区(東向島)の人気ラーメン店!珉珉(ミンミン) 

墨田区(東向島)の人気ラーメン店!珉珉(ミンミン)

2月に入ってからもの凄い勢いがある山谷(南千住エリア)の格安ホテル。
『ほていや』を含め他の宿も満室状態みたいで驚きました。やはり相部屋なら千円台~個室なら2千円台~3千円台という宿泊料金の安さだからでしょう。
出張、就活、会社の研修、アパートが見つかるまでとか海外からの一時帰国、外国人旅行者、ライブなどのイベント、ディズニーランド・スカイツリーなど東京観光に来たカップル・家族連れもいたりととにかく幅広いお客さんが宿泊していて『ほていや』も満室状態が続き嬉しい限りです。

さて今回は久しぶりのラーメン店を紹介(〃^∇^)♪
『ほていや』からだと台東区・荒川区側(明治通り)から白鬚橋(しらひげばし)を渡ってすぐの白鬚橋東詰交差点を左へ曲がった墨堤通り沿いにあるラーメン店『珉珉』(ミンミン)です!
南千住駅からだと汐入方面へ行き水神大橋を渡って墨堤通りに出たら右。(自転車で6分程)の場所にあります!
※『白鬚橋』は明治通りの荒川区・台東区(西岸)と墨田区(東岸)を結ぶ橋で台東区、荒川区、墨田区の境界

かつては墨堤通りの道路を挟んだ反対側にあったんですが、移転後初めて行きました。
旧店舗はカウンターのみで店内がものすごく狭かった記憶がありますが新店舗はシンプルで広々。日曜のお昼時だったせいか常連の家族連れが多く、すでに5人程並んでいて想像以上の混雑ぶりにビックリ。
15分ほど待ちやっと店内へ・・・
他の人の注文を聞いていたらパーコーメン(豚の唐揚げ)やチャーシューメンを頼んでいる人がとっても多くこの2つは特に人気があるようです。私はチャーシューメンを注文♪
コシのある細麺ストレートでチャーシューは分厚いブロックという感じで箸で持つとくずれてしまうほど柔らかくて美味しい!ただスープが結構油っぽいので気になる人は油少なめで注文した方が良いです。昼と夜でメニューも異なるみたいで人気の「パーコーメン」は昼の部のみのようなので注意。
ちなみに麦茶は冷水機でセルフです。
美味しいので機会があったら是非行ってみてください(*゚∇゚*)♪


墨田区(東向島)の人気ラーメン店!珉珉(ミンミン)

墨田区(東向島)の人気ラーメン店!珉珉(ミンミン)

---------------------------------------
◇◆珉珉(ミンミン)のメニュー◇◆
ラーメン600円
塩ラーメン600円
ネギラーメン650円
玉子ラーメン680円
鳥ラーメン700円
タンタンメン800円
チャーシューメン900円
ネギチャーシューメン900円
味噌ラーメン600円
味噌チャーシューメン750円
パーコーメン900円
餃子250円
煮玉子80円
ライス(小)100円、(中)200円
ビール(中)450円
大盛り=100円増し
---------------------------------------

珉珉(ミンミン)
東京都墨田区墨田2-5-4
最寄り駅:鐘ケ淵、東向島、曳舟
駐車場はなし(近くにコインパーキングあり)
℡:03-3614-1943
営業時間 11:30-14:00、18:00-24:00
定休日:火曜・第2第3水曜休



---------------------------------------------------------------------
北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(5名以上は1人@2,000円、5名未満は10,000円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,600円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上の場合1人@2,000円、4名未満は8,000円で貸切可)

2013年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら

-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

お世話になりました

2月17日に一泊でしたが、初めて利用させてもらいました。今回がドミトリー初体験。
利用者の大半が外国人かなと思っていましたが、日本人が多いので拍子抜けでした(笑)
予約の際、メールでのマメな返信、詳細はありがたかったです。

泊まってみて気づきましたが、耳栓は持参した方がいいと思いました。イビキはどうにもなりませんし(笑)これもドミトリーならではのご愛嬌ですね。

今回は山谷ー旧吉原遊郭ー浅草、歴史散策と昭和の建物探訪が中心の旅でした。
朝食にきぬ川さん、晩酌に大林酒場さんを利用。大林さんの店内独特の雰囲気に圧倒されました。

次回もぜひ利用したいと思います。
耳栓持参で(笑)






『えびすや』です!


今回、別館『えびすや』の相部屋7人室を初めて使って頂いてありがとうございました。

昭和30年代後半、高度成長期の山谷ドヤ街に突如として出現したまったく新しい宿泊スタイル、造り付けの相部屋二段ベッド。
過去のこのブログのページ「東京・山谷の伝統的ドミトリー 『えびすや』7人室が再び英語放送に…!」でその宿泊システムを詳しく紹介しましたが、カリフォルニア大学アーバイン校で教鞭を執る「エドワード・ファウラー」氏はその著書「San'ya Blues」で蚕棚式の簡易宿所を否定的に書いていましたが、両店の先代がそのシステムの考案者で、「カプセルホテルが後に発明されたが、ここにアイデアを得たであろうことは想像に難くない」と書いていました。真偽の程は分りませんが、東京オリンピック前の都市基盤インフラ工事の時代に大勢の出稼ぎ労働者へ、重労働で疲れた体を骨休めするための場を安く提供していた意義は間違いないです。

東京都内で宿泊代金を節約して過ごそうと相部屋式(ドミトリー)を選択するなら「カプセル」、「サウナ」など等、すべてうるさいです。イビキ、寝言、寝息から歯ぎしりまで…。その他夜中に飲食する人のコンビニ袋の擦るノイズ音。でも考えてください。気が付いていないだけで、自分自身も生きている限り相部屋の室内でノイズを発しています。
そういう生活音も含めて“お互い様”というのが相部屋式の暗黙の了解事項です。
一泊税込@1,500円からの宿代でエアコン完備。給茶器から温冷のお茶とTVからWi-Fi無料で蒸気サウナ付きの銭湯並みの大浴場も使えることを考えて頂ければ納得して頂けたのではないでしょうか?

「日本人が多いので拍子抜け」??? 安い宿になればなるほど客層の幅が広がるのが常識です。住居の拠点としてしまっている人から親に世話掛けたくないとアルバイトで貯めたお金で節約して泊まりに来た“就活生”。外国人もその中の一部の宿泊者と理解して頂きたいです。
お泊り頂いた日には別館には実は20人程の外国人が泊まっていました。この時期は、スローシーズンでもあり、旧暦で動く中華系と韓国人の旅行者が多く、アジアンフェースの顔で外国人と気が付かなかったかも知れません。1階団体室には女性ばかり10人近い香港人観光客が長期で泊まっていましたし、ご利用の@1,700円の部屋タイプは『えびすや』に泊まる外国人はめったにいません。

投稿の中に、今回の旅の目的が「歴史散策と建物探訪」とあり、このブログで紹介している隠れた地域資源といえる飲食店をハシゴされたようで、こちらも紹介した甲斐があります。徒歩5分圏内にこれほどの名物店舗が集まっているエリアも珍しいのではと自負しています。
旧新吉原遊郭の跡地などは、両店から直線で僅か300m程。その入り口には五十間道のくの字カーブがお江戸の時代のままに残されていますし、吉原の中央に位置する250mのメインストリート“仲之町”の通りの中央へ出れば、約2万坪の吉原遊郭の広さを実感出来たことでしょう。

またプログでもいろいろな隠れた地域資源などを紹介し続けてゆきたいと思っていますので、どうぞ「耳栓持参」で再度泊まりに来てください。投稿ありがとうございました。


> 2月17日に一泊でしたが、初めて利用させてもらいました。今回がドミトリー初体験。
> 利用者の大半が外国人かなと思っていましたが、日本人が多いので拍子抜けでした(笑)
> 予約の際、メールでのマメな返信、詳細はありがたかったです。
>
> 泊まってみて気づきましたが、耳栓は持参した方がいいと思いました。イビキはどうにもなりませんし(笑)これもドミトリーならではのご愛嬌ですね。
>
> 今回は山谷ー旧吉原遊郭ー浅草、歴史散策と昭和の建物探訪が中心の旅でした。
> 朝食にきぬ川さん、晩酌に大林酒場さんを利用。大林さんの店内独特の雰囲気に圧倒されました。
>
> 次回もぜひ利用したいと思います。
> 耳栓持参で(笑)

詳しいご返答ありがとうございました。

私は英語が出来ないので、以前、他所のドミに泊まった友人から、外国客の多いドミは英語できないと泊まりにくいと言われたこともあって、変に考えてしまいました。以前観たTVの影響で山谷のドミは外国人ばかりという先入観でした。

宿泊前に読んでいた、イザベラバードの日本奥地紀行に出てくる木賃宿の様子を思い浮かべながら、昔も似たような感じだったんだろうなぁと想像してました。

吉原では、赤線時代と思われる建物を探訪、
他にも回向院や円通寺の黒門など、歴史遺物が多く見れて楽しい旅でした。

帰ってから、こちらのブログで情報収集すればよかったと後悔しました。これからも末永く情報発信していただきたいと思います。

お風呂に入った時、まさかあの宿泊料でサウナが付いていたのは驚きでした。
友人にも薦めたいと思います。
ありがとうございました。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/584-7ba2dcdd