おすすめ!【大釜本店】の焼きそば(東京・山谷) 

【大釜本店】の焼きそば(東京・山谷)

数年前の写真を整理しました。
そうしたらいつか紹介しようと思って撮りだめしていた大釜(だいかま)の写真があった!

 今回紹介するお店は、『ほていや』から一個目の交差点(東浅草2丁目)を“アサヒ会通り”方向へ左折、アサヒ商店街というレトロな商店街を橋場方向へ直進した右側にある『大釜本店』です。ここの焼きそばは、味が美味しい上に下町の懐かしの味なので焼きそばが食べたくなった時に買いに行きます。( お店で食べるのではなくテイクアウトで… )
 お店で食べるのもお持ち帰りも値段は450円と同じですが、相場が500円の屋台の焼きそばとはまったく味が違っていて美味しく、しかもかなりのボリューム感です!

 大釜の焼きそばは、ソースで煮たのではないかと思うくらいビチャビチャしていて、ソースも独特な味です。年配のお店の御上さんに聞いたところ、複数のソースをブレンドして挽肉を入れ煮込んでいるので、焼きそばの中には肉は目立っていないという。注文を聞いてからモヤシと揚げ玉を加え、大釜特製ソースを掛けて鉄板で焼く。出来上がった焼きそばはテ-ブルの上にある紅ショウガをお好みで添えて割りばしで食べる。
そういえば昔はフォークで食べたような気がするが…。

大釜本店

 大釜は、メインの焼きそばの外、メニューを見るとラーメン類が主で、下町のいたるところにあった“冷凍甘味処”の名残か自家製のアイスクリームも扱っている。昔はかき氷やアイスキャンディーなどの冷凍物や今川焼などメニューは豊富だったそうです。
 最近は山谷の宿に泊まる外国人旅行者が店に入ってくることも。かつての常連さんは、地場産業の皮革履物業の人達や近くにあった東京北部小包集中局の職員がまとめ買いに来ていたそうだ。また橋場の相撲部屋からは浴衣を着たちょんまげ姿の力士連中も買いに来ていたそうですよ。下町ぽくって嬉しくなります。

 ↓ 最近改築したらしい天井の高い店内は、女性の個食客でも安心して入れそうな雰囲気
大釜本店の店内

【 大釜の店内メニュー 】
〇 焼きそば=450円 (大盛=550円)   
〇 玉子入り焼きそば=550円 (大盛=650円)
〇 ラーメン=500円 (大盛=600円)   
〇 みそラーメン=600円 (大盛=700円)
〇 タンメン=650円 (大盛=750円)   
〇 チャーシューめん=700円
〇 タンメン=650円              
〇 ワンタン=500円
〇 いそべ巻=450円            
〇 あべ川餅=450円
〇 田舎しるこ=450円           
〇 ゆで小豆=450円
〇 アイスクリーム各種=200円


 ↓ これが東京・下町、大釜本店の焼きそば(並盛) ⇒底にはたっぷりと特製ソースが…
大釜のやきそば

 昔は、大釜本店で修行した人が、支店を構えて東京中で90年近い伝統の味を広めていたらしい。店内に掲げられている“大釜会”の招木看板を見ると、「大井」「蒲田」「巣鴨」「滝ノ川」「高田馬場」「宮仲」「寺島」「溝の口」の8軒の支店名が…。
 インターネット上の大釜紹介ページには、都内のどこどこのお店の焼きそばと味が似ているとか書いてあるが、もしかすると、かつて存在した大釜会の支店のお店と関係があったのかも知れない。

 ↓ 「大釜会」の招木看板
「大釜会」の招木看板

大釜本店にはテイクアウト用の専用窓口があり、メインの焼きそば(並=450円)
から自家製アイスクリーム始め、ガラスケースの中からも赤飯にぎり、稲荷寿司
(各1個=100円)なども店頭販売している ↓
~東京・山谷~大釜の焼きそば

 「出没!アド街ック天国」山谷・泪橋編で「ニューダイカマ」が出ていたのになぜ本店は出なかったかと尋ねると、アド街の番組収録には、別に料理専門のカメラクル-が来るので、お店には最低でも二回は撮影が入る。そんなことで常連さんに迷惑が掛かるということで「取材拒否」になったそうだ。

 ↓ 「アド街」や「モヤさま」で有名なカレー屋「ニューダイガマ」は兄弟店
ニューダイガマ

ニューダイカマのカツカレー

ちなみに稲荷寿司なら同じアサヒ商店街にある『まつむら』がおすすめ!詳しくは⇒ こちら


【大釜本店】
東京都台東区清川1-29-5 (橋場交番前)
☎: 03-3872-0103

営業時間: 11:30~18:00
定休日: 毎週木曜日
(※) 出前も近場なら相談に応じてくれるそうです


SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(5名以上は1人@2,000円、5名未満は10,000円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,600円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上の場合1人@2,000円、4名未満は8,000円で貸切可)

2013年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

<

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/580-c6badd88