一泊1,600円~『えびすや』の写真とイラスト! 


別館 『 ドームホステル えびすや 』 徹底紹介 !!
別館『えびすや』の全景画像_R

『えびすや』の7人室は、昭和30年代当時に両店周辺にたくさん造られた階層式の客室を、近年北部浅草に泊まりに来ている一般旅行者向きに改装した、地元では「ベッドハウス」(英語ではBunkhouse)と呼ばれている宿泊施設です。
相部屋を日本人なら「ドミトリー」とか略して「ドミ」、外国人バックパッカーは「Dormitory」とか「Dorm」と呼んでいますが、『えびすや』の客室は、造り付け六畳タイプの二段ベッド一床を潰して、客室内に大型ロッカーを取り付けた新タイプの7人部屋です。

高度成長期の時代、相部屋のベッドハウスは隆盛を極めそのシステムが他の地域へも広まりましたが、バブル期頃に個室への建て替え、改装ブームがあって、周辺には階層式の相部屋はほとんどなくなってきました。現在生き残って営業し続けている宿のほとんどは従来型の客層のみを泊めている宿で、本格的に外国人を含む一般旅行者を泊めている宿は『えびすや』ぐらいでしょう。


≪ 当店は食事の提供のないタオル等のアメニティも省いた素泊りの宿泊施設です ≫
◆ 禁煙・相部屋「7人室」(男性向き)
1泊1,600円~1,700円=料金据置(全床客室内に専用ロッカー付)
(※)1,700円の方はデジタルTV付き(上段)になります。
別館「7人室」のイメージ
別館「7人室」畳タイプ
 ↑ 別館 ドームホステル『えびすや』 相部屋7人室(男性用) ↓
別館「7人室」フロアリングタイプ
上から見た7人室(デジタルTV付き)
 ↑ 相部屋の上から見た7人室(デジタルTV付き)の画像
(100円高くなりますが、地上デジタル放送を全チャンネル見たい方はこちらの床がお薦め)

(※) “ハイシーズン”=7月下旬~8月~9月上旬と年末・年始等
の期間でも客室に余裕のある日は、「7人室」を“個室”として貸し切ることも可能です。

1室@11,200円(一泊)で泊まれます。
この場合、部屋の入口のカギをお渡し出来ます。
≪ NEW ≫
“スローシーズン”期間限定プランですが、7名未満でも「7人室」を“個室”として貸切可。4名未満は最低料金の一泊@6,400円(貸切料金)で貸切可能!4名以上なら1名当たり@1,600円(一泊)で泊まれるようにしました!
(※) 「7人室」貸切プラン申込み前に必ず下の事項をお読みください。
● このプランの場合、部屋の扉(引き戸)を施錠するカギをお渡し出来ます。
● 小さなお子様連れのご家族には不向きな部屋タイプなので、保護者が一緒でも小学生低学年、乳幼児はお断わりしております
● 「7人室」は、元々男性を対象に造られた部屋なので男性用の設備しかありません。なので女性の方向きの部屋タイプではありません

別館「7人室」貸切

~ 別館にある施設の設備概要 ~
● 「7人室」は、『えびすや』二階にある男性用の階層式宿泊施設です。
● ベッドは、伝統的造り付け二段ベッドで、7人の相部屋です。
● 専有スペース畳一枚分の小さな空間は他のベッドとはカーテンで仕切られています。
ベッドのサイズは、内法で1,850mm x 880mmで、大柄の方は窮屈かと思います。
以前大柄な外国人が宿泊した時に撮った画像をUPしたブログがあります。参考にどうぞ。
● 各ベッドには、自前の南京錠(ケータイ番号を頂ければ無料で錠の貸出も)が掛けられる専用ロッカーがありますが、ベッドの番号によってロッカーの位置と大きさが異なります。
● 館内は無料のネット環境(Wi-Fi)と「7人室」にも一口のコンセント(低容量の弱電専用)があります。
● 「7人室」は、一泊1,600円(TV=なし)と1,700円(デジタルTV付き)の2タイプがあります。
● チェックインは16時から最終が21時半(団体室は23時)まで、チェックアウトが午前10時までです。
● 大浴場のご利用は17時~22時ですが、朝7時半~10時の間で浴室のシャワーのみご利用可能になりました。
● 別館『えびすや』相部屋「7人室」と「小グループ室」は24時間出入り自由な施設ではなく、夜23時に門限があります
特に 「7人室」は、相部屋の特殊な部屋タイプなため、23時の門限を超えるチェックインはお断わりしております
(※) 一旦チェックインした方が、観光、または仕事や就活で帰館が門限を超えそうな場合は、事前に通用口からの再入館の方法をお尋ねください!

『えびすや』のドミトリー(相部屋7人室)は、建物に造り付けられた階層式の二段ベットで、カプセルやサウナとは異なり、室内の各ベッドに隣接してそれぞれロッカーが付いているので、よく使い勝手が良いと言われます。
7人室の下段ロッカー(参考画像)
「7人室」のロッカー
 ↑ 「7人室」ロッカー下段(左)と上段(右)  ↓ 「7人室」のWi-Fi設備とコンセント
別館「7人室」の設備.

 ↓ 別館『えびすや』本格的スチームサウナバス付き「大浴場」は男性専用です
別館『えびすや』大浴場

 ↓ 左手の立ちシャワーブースは時間限定ですが朝もシャワーを浴びれます
『えびすや』の浴槽とシャワーブース

『えびすや』のサウナバスは、蒸気発生器から蒸気が噴出する本格的湿式サウナです!
『えびすや』蒸気サウナ内部

 ↓ 別館『えびすや』館内の詳しいイラストです(旧料金表示など一部古い表現があります)
えびすやイラスト(A)

【NEW】 別館『えびすや』に新しくできた小グループの男性向きの部屋(*^□^*)
◆ 禁煙・約4畳の「小グループ室」(エアコン完備・冷蔵庫なし)
(※) テレビは壁掛けのデジタルTV付き
(2名は二段ベット、もう1名は床に敷いたマットレス+和布団使用!
「小グループ室」結合画像
 ↑
料金は、3名以上なら、1名あたり@2,100円とお得に宿泊出来ます!
2名(または1名)利用の場合は、1泊4,200円(貸切料金=割引価格)で泊まれます!
(※) 「小グループ室」は無理すれば最大4名までグループで泊まれる部屋タイプです。
宿泊代は節約したいが同じ部屋に一緒に泊まりたいという小グループに最適です。

(※) 別館の「小グループ室」は24時間出入り自由な施設ではなく、夜23時に門限があります。 しかし、観光や仕事、または就活などで門限を超えそうな場合は、事前に通用口からの再入館の方法を聞いておけば再入館可能です!

◆ 禁煙・6畳二間の禁煙「 団体室」(グループ室)
(※) 別館『えびすや』は、本館『ほていや』から徒歩1分の場所にあります!


団体室はグループ、小さなお子様連れのご家族に最適なプライベールルームで、オリジナルの連結式二段ベッドが二部屋に合計5台あり、続き部屋の同じ部屋に最大10名まで一緒に宿泊出来ます!
(※) ベッドのサイズは、内法で1,920mm x 820mmです
部屋は6畳二間の続き部屋がひとつの“団体室”という部屋で、扉で仕切られていて、例えば2グループ別で利用したり、男女別や大人と子供で分かれるなど使い方次第で組み合わせは自由!
室内にはユニットのシャワー&トイレやシャンプードレッサーまでもあり、ツードアー冷蔵庫・湯沸しポット、ドライヤーも完備!
エアコンとテレビ(液晶壁掛け型)はそれぞれの部屋にあります!

「団体室」を5名から10名で宿泊した場合は、1名@2,100円とお得で宿泊出来ます!
⇒ 5名未満でも最低料金の一泊10,500円(貸切料金)で宿泊可能!

(※) 団体室は専用出入口なので24時間出入り自由で門限なし!ディズニーランドなどのテーマパークや行楽地から夜遅く帰館される夜型の旅行者に最適です!
(※) 「団体室」と隣の「小グループ室」の二部屋を使えば、最大13名(無理すれば15名まで)の大グループも泊まれます。

別館「団体室」のイメージ

 ↓ 「団体室」室内のユニットの洗面台を右に回転すればシャワー室に早変わり
ユニットシャワー&トイレ
(注) 団体室のシャワー&トイレ(シャンプードレッサー)は、女性や外国人を受け入れるために後で付け加えられた簡易的な設備で、浴室のポイラーから給湯している関係上、湯の利用に時間制限があります。24時間湯が出る訳ではありません(浴室の利用時間前後=給湯時間です)のでご了承ください。

泊まったお客さんから「からくりトイレ」とか「ブルートレインの洗面台だ」 などと言われる
ユニットのシャワー&トイレですが、イラストのようにがちょっと変わっていて面白いです^_^
団体室のからくりトイレ
大部屋となっていますが、『えびすや』の団体室内に備え付けのユニットシャワー&トイレのイラストが上です!
『えびすや』は男性向きの宿ですが、ひと部屋しかない団体室だけは女性から小学生低学年や幼児のお子様までも一緒に宿泊可能な部屋タイプです。
5名以上なら1人@2,100円(税込)で宿泊出来ますが、5名未満でも“貸切料金”10、500円支払えば貸切可能です。
(※) 格安な料金設定の宿なので、両店にあるすべての部屋タイプに「子供料金」の設定はありません。子供料金にこだわるのであれば、ユースホステルなど別の宿泊施設をお探しください。


 ↓ 『えびすや』には酒類始めドリンク類から洗剤まで各種自動販売機もあります
『えびすや』の各種自動販売機

 簡易的な炊事場ですが、コイン式のコンロもあり(備え付けのコップはありませんが)
 ↓ 浄水器を通した給茶機から二種類の日本茶(温冷=無料)と熱湯&冷水も
『えびすや』の炊事場と給茶機

 ↓ 中三階部には、(時間に制限がありますが)コインランドリーの設備もあります
『えびすや』のコインランドリー

● 以前、NHKの外国人向けの英語番組に紹介された時の『えびすや』の記事
山谷のドミトリーを詳しく紹介しているページは⇒ こちら

● その時にオンエアーした英語番組の動画
「Tokyo on a shoestring」は⇒ こちら

● 先代の創業者がベッドハウスの考案者と書かれている英文は⇒こちら

● インターンシップで来日時に宿泊したフランス人のお話は⇒こちら

東京で100円でも安く泊まりたい方は『えびすや』をお薦めします(*^□^*)

  両店と山谷周辺の情報満載、旅のお供に“Bookmark”すれば大変便利です!
↓ 下の「QRコード」をコード読み取り機能を使ってモバイル端末からもご利用ください!
_______________________________

SPOCOM.net QRコード

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/58-a1533d64