南千住とカップヌードルの関係 

“こち亀”と東京スタジアム


 ハンドルネーム「ぼけパンダ」さんからこのブログにコメントが寄せられたのは、確か先月の13日だったか…。
 「正しかった記憶」と題されたコメントには、台東区で少年時代を過ごした時の“カップヌードル”にまつわる記憶のことが綴られていた。

 東京・下町、荒川区の低層の住宅街に突如として出現した最新式プロ野球球場。夜間は薄暗い下町の中にあって、明るいカクテル光線が輝く「光の球場」と呼ばれた東京スタジアム。

 その球場の跡地に建設されたのが、地元出身金メダリストの「北島康介」も通ったという荒川総合スポーツセンターと隣の南千住警察署だった。その【 旧東京スタジアムのトリビア 】を以前このブログで紹介したことがあったが、そのトリビアをネットサーフィンしていて偶然見付け、前から気に掛けていた「東京スタジアム」と「カップヌードル」の関係が記憶通りで確かだったことを確認出来たというコメントだった。

旧 東京スタジアムのメインゲート前
ビートルズがグループとして最後の公式コンサートを行った会場として知られる
  「キャンドルスティック・パーク」というアメリカ大リーグの球場を模して作られた球場

幻の光の球場

 1971年(昭和46年)に日清食品が東京スタジアムでカップヌードルの試験販売を行ったことを前出のブログ記事で紹介していた。それは、関東で初めてカップヌードルが販売された地が、実は「山谷地域に隣接する南千住」で、もしかしたら「ぼけパンダ」さんが関東で初めてカップヌードルを食べた第一号だったのかも知れないことを、地元子供たちに話しても信じてもらえなかったそうだが、『ほていや ブログ』を見て記憶が正しかったという内容だった。

 実は、「ぼけパンダ」さんがその日ネットサーフィンしたのは、子供たちから「光の球場」について質問されたたことが発端だったらしい。
 東京スタジアムを知るはずもない世代の子供たちが、なぜ「光の球場」を知っているかというと、1976年(昭和51年)から週刊少年ジャンプに連載された「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の第82巻の4の「光の球場!の巻」で、両さんの子供時代の話から、大毎オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)が本拠地球場だった東京スタジアムの話が出てくるかららしい。

↓ CS「こち亀」TVスペシャルのANIMAX番組表
ANIMAX 「こち亀」スペシャル
(※) 現在『ほていや』と『えびすや』両店ではCS自主放送として「ANIMAX」が楽しめちゃいます!! アニメ「こち亀」のTVスペシャルは7月も放映が続いています。
なお、専門チャンネルでは国内トップの視聴世帯数を誇るこの人気チャンネルでは、地上波・衛星波を含む他のテレビ番組では絶対にオンエアーされないCMも見れる。


 さらに「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の「大江戸下町祭りの巻」(89巻)では、素盞雄神社の天王祭の話も語られていて、その中に両さんが東京ではめずらしい二天棒の神輿のことを「東京の祭りは、数あるが!このダイナミックさは、ちょっとないぞ」と言っていたそうだ。両さんの友達が南千住にいる設定になっていることで「光の球場」にストーリーが繋がっているのかも知れない。

↓木造の家屋が密集する下町の住宅街に、ある日突如と出現したプロ野球場
下町の住宅街に突如と出現したプロ野球場

こちら葛飾区 公式ホームページ
  亀有公園前派出所前.comは⇒こちら

 『ほていや ブログ』でアクセス解析すると、毎日のように「東京球場」とか「東京スタジアム」というキーワードからの訪問者があることが不思議だったが、「ぼけパンダ」さんのコメントのお蔭でその理由が“こち亀”だったことが分かった。

---------------------------------------------------------------------
北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(5名以上は1人@2,000円、5名未満は10,000円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,600円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上の場合1人@2,000円、4名未満は8,000円で貸切可)

2012年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/470-3da3e63e