東京マラソン2017 来月26日(日)開催 !! 

東京マラソン2017 開催一ヶ月を切る
(英文名:Tokyo Marathon 2017)



雷門周辺でマラソンランナーを応援しよう !!
 今年は2月26日(日)午前9時10分スタート!


 本競走と市民マラソンを合体し、車いすのランナーなど障害者も含めた男女混合の大イベントに生まれ変った「東京マラソン」は、2007年から数えて今年で11回目の大会になる。今回も160万人を超える観衆の中、国内最大3万6,000人がエントリーし、今や世界6大マラソンに数えられるほどの大きな大会になっている。今年も1万人以上のボランティアが動員され大イベントが始まるが、今年から新らしいコースに変更になります。

 毎年当日は、号令の瞬間を見ようと新宿都庁舎前はランナー初め、その関係者、応援の見物人を含め物凄い数の人が集まり参加者の荷物をゴールへと運ぶ輸送車はまるでゴミ収集車の様相となる。

東京マラソン 2017

 『ほていや』からランナーを応援に行くには、吉野通りから江戸通りへ徒歩20分強程歩き、松屋デパート(東武浅草駅)のところから雷門方向へ向かい、東京メトロ銀座線の浅草駅①番か③番出口か、または吾妻橋西詰にある④番出口から地下へと下り、②番出口から地上へ出た所が穴場だ。ここはマラソンコースの最北端に位置する浅草のUターン地点にあたる場所で、6時間以上も陸の孤島化することで有名な場所だ。また、中洲状態になるこの場所はコース唯一360度パノラマビュースポットになり、ランナーを四方から見渡せる場所となる。なので、応援するランナーをほとんど移動しないで二度も声掛け出来る便利なエリアになる。
 その陸の孤島にある食堂などはレースの間閑古鳥が鳴くので、運営ボランティアの静止があればその中の飲食店か観光案内所へ行くと言えばOKだろう !!

 なお、当日トップランナーが日本橋を抜け浅草方面へ向かうが、雷門前を通過し折り返した辺り(15㌔地点)の予想通過時間は1㌔3分と計算すると大よそ「09:50 」前後だ。

【 過去の大会で撮った画像 】 をどうぞ↓↓↓

東京マラソン 都庁舎前
↑ 本競争スタート直後、やはり招待選手らは早い(新宿都庁舎前で)

東京マラソン 都庁舎前
↑ 市民マラソンのスタートの後は、走るというより歩く感じに(新宿都庁舎前で)

ゴールの東京ビックサイトへ運ばれる荷物
↑ 有明のゴールへ運ばれるランナーの荷物^_^ まるでゴミ収集車…

 東京マラソン当日は、都内のいたるところで交通規制が掛かり、スタート地点の都庁通りなどは午前6時から交通規制が始まり、都心の幹線道路では最大6時間20分の交通規制を実施するので都心はまるでノーカーデーのようになる。そんなことで、都内の空も空気も1年で一番澄み渡る。
(台東区内の交通規制は、午前9時00分~午後2時05分頃までの間)

東京マラソン 銀座四丁目の先頭集団
↑ 銀座四丁目交差点では、先頭の選手がもの凄いスピードで新しいコースは
中央通りから右折して鋭角に最短距離で向かってくるだろう…


東京マラソン 銀座四丁目で
↑ 報道カメラマンが数寄屋橋方向をローアングルで(銀座四丁目で)

東京マラソン レスキュー隊
↑ AED(除細動器)を背負って待機するレスキュー隊

東京マラソン 家族の応援
↑ 「お父さんがんばれ !!」のボードを掲げる応援家族(銀座周辺で)

東京マラソン ラッシュの銀座通りを望む
↑ 市民ランナーを含む3万6000人が通過(銀座二丁目付近~京橋方向を望む)
  東京マラソンの出場権利を得たランナーなら、堂々と銀座のメインストリートを走れる


東京マラソン 京橋のトイレの行列
↑ 緊張のあまりトイレに市民ランナーの行列が(京橋付近)

「東京マラソン」の楽しみ方は人それぞれ^_^
 「東京マラソン」を盛り上げようとコース各所、沿道には応援イベント「東京大マラソン祭り」が開催される。コース沿道では、それ以外にも毎年多数の応援パフォーマンスが行われるので、出掛ける前に今大会の応援をチェックしておこう !!

● 都営地下鉄の大江戸線で「都庁前駅」で下車し、早めによい場所を確保して3万6千人のスタートを見物する。
● 銀座4丁目の交差点では、優勝を狙う選手が物凄い勢いで交差点をスレスレに右折してくるところを至近距離で見れる。
銀座中央通りでは、大会の出場権を得た市民マラソンランナーが東京のメインストリートの車道を堂々と走る姿が見れる。緊張のためかトイレに駆け込む一般ランナーの長い行列も…。
● 銀座などコース各所の飲食店や小売店では、東京マラソンのキャンペーン割引や特売もあるから要チェック!
● ゴール地点では本競走の上位選手や市民マラソンの完走者たちの表情やその所作を観察するのも面白い^_^
● こちら地元浅草。雷門前での下町の応援イベントはかなり渋い!
今年は、午前9時過ぎから一年で二回しか見れない金龍の舞始め、浅草太鼓、櫻川流 江戸芸かっぽれ、江戸和太鼓、源流江戸囃子から台東区内の小学生によるブラスバンド演奏(荒天時は中止)なども楽しめそうだ^_^

【 浅草の陸の孤島周辺から撮った画像 】 です↓↓↓

浅草の中洲エリア最南端からの応援
↑ 浅草の中州エリア最南端からの応援する浅草っぽいド派手な格好の女の子

 陸の孤島化した中州エリアへの出入りは他にも駒形橋西詰近くの都営浅草線のA③番出口から入ってA④かA⑤番から中州へ入るか、雷門通り地下にある公共地下駐車場のスロープからも入島可能。普段車が出入りする出入口は、この日だけは徒歩で下れるので、駐車場の地下から階段かエレベーターを使って地上の観光案内所前に出ればOK!
陸の孤島の出入りは地下駐車場からも
↑ 中州エリアへ出入可能な地下駐車場の入出路(左手)と陸の孤島側(右手)

浅草の折返し地点雷門の前で
↑ 浅草のUターン地点、雷門前で東京スカイツリー方向へ右折

中州エリアの場所から見た雷門とランナー
↑ 中州エリアから見た雷門を右折するランナー

東京スカイツリーを前にした撮影ポイントで
↑ 東京スカイツリーを見ながら吾妻橋前を両国方面へUターン

浅草の中洲エリア東側から見た内外のランナー
↑ 中州エリア東側から見たランナー(15㌔地点付近)

金竜の舞へランナーからシャッターが
↑ 浅草寺の誕生日3月18日と10月18日の年二回しか舞わない金竜も応援を

梅后流江戸芸かっぽれの応援
↑ 浅草の梅后流江戸芸かっぽれの応援(歓迎イベントも地域性が)

浅草芸者による浅草太鼓の応援
↑ 浅草の芸者衆による浅草太鼓の応援

浅草の芸者衆も応援
↑ 地元浅草の芸者衆もランナーに手を振って応援

芸者ランナーを応援するお姉さん方
↑ 芸者ランナーを応援する浅草芸者のお姉さん方

陸の孤島化した観光案内所最上階から見たランナー
↑ 陸の孤島になった浅草文化観光センター最上階から見下ろした雷門前の様子


【大会のお知らせ 】
〔日時〕2017年2月26日(日)午前9時10分スタート(車イスのスタート 9時05分)
▽スタート⇒新宿「東京都庁舎前」
▽ゴール⇒東京駅前「行幸通り」(マラソンの制限時間7時間)
▽コース=東京都庁⇒飯田橋⇒神田⇒日本橋⇒浅草雷門⇒両国⇒深川(門前仲町)⇒富岡八幡宮≪折り返し≫⇒銀座⇒高輪≪折り返し≫⇒日比谷⇒東京駅前・行幸通り(ゴール)の42.195km
 東京の代表的な観光名所を巡る魅力的なルート設定で、都内の大道路交通網が半日も規制され都心がノーカーデーのようになり、浅草の折り返し地点では6時間以上も陸の孤島化する場所も出る。なお、コースの随所で「マラソン祭り」などの歓迎イベントが多数あるので、移動しながらマラソンランナーと関連イベントとの両方を同時に楽しもう。

(注) マラソン当日の移動は規制の恐れがある車は避け、地下鉄(東京メトロ/都営地下鉄)の利用をお薦めします。

東京マラソン2017の公式HPは⇒こちら
東京マラソンの新コース(pdf 版)は⇒こちら


SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2017年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2016 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/386-324c6220