「めぐりん」新路線 運行開始間近 !! 

台東区循環バスの新路線「ぐるーりめぐりん」
いよいよ今月31日(日)から運行開始です!



 ↓ 台東区循環バス初の時計回りの新路線を知らせる広報紙
ぐるーりめぐりん 開業

 台東区内を反時計回りに循環する小型バス「北めぐりん」・「南めぐりん」・「東西めぐりん」に加え、来る1月31日(日)よりめぐりん初の時計回り一方向循環の新路線「ぐるーりめぐりん」が運行開始される。
 この新しい路線は、『ほていや』のある台東区内の北部地域と南部地域をつなぐルートとなっており、この運行により新路線と「北めぐりん」、「南めぐりん」との双方向機能が高まり、「ぐるーりめぐりん」と「東西めぐりん」とが接続することで台東区内の交通ネットワークがさらにアップすることになる。

 現状の「めぐりん」3路線のコミュニティバス事業に付いては、日立自動車交通に台東区が委託しているが、今回の新路線「ぐるーりめぐりん」は、京成バスが新たに受託事業者に加わるそうだ。

 ↓ 第4番目のめぐりん「ぐるーりめぐりん」は青色の車両が目印だ!
ぐるーりめぐりん(横側)
ぐるーりめぐりん(正面)
橋場通りで見掛けた試運転中の「ぐるーりめぐりん」 既存3路線のめぐりんとは異なり都バス並の大型バスだった。

● 「ぐるーりめぐりん」のルート及び停留所(pdf 版)は⇒こちら


 今月31日以降、『ほていや』から 「ぐるーりめぐりん」に乗るには、山谷通り(吉野通り)を浅草方面へ一個目の信号(東浅草二丁目交差点)を左折、「アサヒ商店街」をローソンストア100方向へ歩くと「北めぐりん」⑨番停留所の斜め前に、「ぐるーりめぐりん」の同じ⑨番停留所の標識が向い合せに出来るので、そこから乗車するのが一番近かそうだ。
 逆に起点の上野駅(入谷口)から乗車して⑨番停留所で下車すれば『ほていや』へのアクセスがとても便利だろう。

ぐるーりめぐりん 清川一丁目停留所
ぐるーりめぐりん⑨番停留所の時刻表

【 時刻表 】 ぐるーりめぐりん⑨番停留所
● 始発= 07:53 発 (土・休= 08:53 発)
● 最終= 19:13 発 (浅草止まり= 20:33 発)



 「北めぐりん」は、JR鶯谷駅(北口・南口)の山手線・京浜東北線へのアクセスに便利だが、浅草方面へ行くには反対方向に回るので一時間近く掛かってしまい不便だった。しかし、「ぐるーりめぐりん」は浅草駅(東武・都営浅草線)へのアクセスの利便が良いので、東武スカイツリーラインから東京スカイツリータウンへ行くのも便利。
 さらに浅草駅を右折して雷門通りを通るルートなので、⑱番停留所「雷門通り」で下車すれば仲見世や浅草寺、台東区の直営観光案内所「浅草文化観光センター」へ行くのも大変楽になりそうだ。
 改めてルートを見ると、都営大江戸線には「蔵前」で接続しているから東京都庁への観光も便利だし、浅草橋を経由して「三井記念病院前」で下車すれば、秋葉原は至近だ。

 ↓ 第4番目のめぐりん「ぐるーりめぐりん」の新路線を田中けんじさんが描くと…
ぐるーりめぐりんのイラスト

◎ 台東区コミュニティバス「めぐりん」は、台東区内を循環するバスで、現在「北めぐりん」・「南めぐりん」・「東西めぐりん」の3路線が台東区内を小型バスが巡り、各路線共15分おきに運行している。

◎ 北部浅草の山谷周辺を通るのは反時計回りの「北めぐりん」の外に今月末から時計回りで運行する「ぐるーりめぐりん」の双方向の2路線となり、とっても便利になる!

◎ 「めぐりん」は、北部浅草を巡る「北めぐりん」と合羽橋道具街や浅草橋の問屋街を巡る「南めぐりん」、美術館と博物館や谷根千観光へ行くのに便利な「東西めぐりん」の現在合計3路線あり、最初の乗車時に運転手さんから乗り継ぎ券をもらってさえおけば(乗り継ぎ地点に限るが)相互に別の路線へ一回だけ無料で乗り継ぎ出来る

◎ ただし、今月運行開始する新路線の「ぐるーりめぐりん」だけは「東西めぐりん」としか相互に乗り継ぎ出来ないそうだ。その「東西めぐりん」との乗り継ぎ地点は、浅草駅と台東区役所の二ヵ所だけになる。

◎ 何と運賃はワンコインの100円(大人・子供同額)で、1月31日からは交通系ICカードSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)などの利用も可能になるそうだ。東京・下町、浅草周辺の街並みを眺めながらミニ観光案内を聞きながらゆっくりと観光してみては?
(※) 利用者(大人)1人に付き、同伴の幼児(未就学児)は2名まで無料


「北めぐりん」は浅草駅を起点に、橋場、山谷・吉原、三ノ輪駅、鶯谷駅、入谷駅付近を経由し、公共施設等にアクセスする反時計回りの一方向運行で、一周10.59kmを約75分(を15分間隔)で循環する。
「南めぐりん」は上野駅を起点に、新御徒駅、田原町駅、かっぱ橋道具街、浅草橋駅付近を経由し、公共施設等にアクセスする反時計回りの一方向循環で、一周7.20kmを約45分(を15分間隔)で循環する。
「東西めぐりん」は台東区役所を起点に、上野公園、谷中、千駄木駅、上野駅、浅草駅を経由し、公共施設等にアクセスする反時計回りの一方向運行で、一周13.70km(14.10km)を約90分(土・休日の昼間は一周約105分を15分間隔))で循環する。
「ぐるーりめぐりん」は上野駅入谷口を起点に、三ノ輪駅、吉原・山谷、橋場、浅草駅、浅草橋、秋葉原付近を経由し、公共施設等にアクセスする時計回りの一方向運行で、一周約80分(を20分間隔)で循環する。


『ほていや』から一番近い「北めぐりん」の停留所は⑨番の「清川一丁目」か、⑩番の「東浅草二丁目」の両方だが、どちらかといえば⑩番の「東浅草二丁目」が一番近い停留所だろう。停留所までは徒歩2分弱というとことか。

 ↓ 『ほていや』から「北めぐりん」へ乗るには、東浅草二丁目の⑩番停留所が一番近い
北めぐりんバス停⑩番前

北めぐりん⑩番バス停
⑩番バス停前

 「めぐりん」は、台東区内の各公共施設に停留所が近いが、特に都立台東病院(北めぐりん)、永寿総合病院(南・東西めぐりん)など大きな総合病院にバス停に接しているので便利だ。今回開業する「ぐる-りめぐりん」は、今年5月に移転する橋場の新浅草病院や秋葉原にある三井記念病院へ行くにも便利なので、病院巡りにも使えそうだ。

 なお、東武鉄道が発行している企画乗車券「浅草下町フリーきっぷ」には、「めぐりん」の乗車券も付いているので、めぐりん4路線と東武鉄道を使った広範囲な下町観光を楽しむという手もありそうだ !!

 ↓ 「めぐりん」の特徴は下町の裏道を巡ること 4m程の裏道へ曲がる「東西めぐりん」
裏道を巡る東西めぐりん ①
裏道を巡る東西めぐりん ②
 ↑ 自転車や乗用車と比べ小型バスでも車高があるので普段と違う眺めが楽しめる


◆ 台東区のコミュニティバス「めぐりん」情報 ◆

● 台東区の公式HPめぐりん紹介のページは⇒こちら

● 日立自動車交通の公式HPめぐりん紹介のページは⇒こちら

● 北めぐりん情報(たいとう生活ネット)のページは⇒こちら

● 台東区循環バス バスナビシステムは⇒こちら

(※) 「めぐりん」の路線図や詳しい運行システムに付いては、観光案内所等でリーフレットをもらって参考にしよう!

荒川区コミュニティバス「さくら」
 ↑ こちらは荒川区を巡るコミュニティバス「さくら」の車両

 荒川区コミュニティバス「さくら」は、外にも「汐入さくら」と「町屋さくら」が毎日運行しています。合計5系統あり、南千住駅前(西口・東口広場)からは3路線の「さくら」に乗れる。
 なお、停留所①番の「南千住駅西口」広場から「南千02系統」に乗車、⑧番の「町屋駅」で下車すれば京成電鉄やメトロの千代田線、都電荒川線と接続しているので、JRや都バスを使わなくても京成電鉄へ乗り継げば一般電車を使って成田空港などへもアクセス出来る。

 「さくら」の乗車券は、大人=150円(小学生以下の小児=80円)で、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)などの交通系ICカードも利用可能。

◆ 荒川区のコミュニティバス「さくら」情報 ◆

● 荒川区の公式HPさくら紹介のページは⇒こちら

● 京成バスの公式HPさくら紹介のページは⇒こちら

● 荒川区コミュニティバスの路線図(pdf 版)は⇒こちら



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)

2015年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら
何と税込一泊1,600円~ 別館『えびすや』の詳しいページは⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/358-8f1520a7