平成中村座 隅田公園の小屋掛け公演 

平成中村座が隅田公園に帰ってきた !!



 平成中村座が約10年振りに、旗揚げの地である北部浅草の隅田公園に帰ってきた!今回の公演は、何と来年5月までのロングラン公演で、「十一月大歌舞伎」は、その元気になって戻ってきた中村勘三郎始め、今年12年には6代目中村勘九郎を襲名することが決まっている勘太郎、そして三年振りとなる片岡仁左衛門も競演、江戸の歌舞伎小屋にタイムスリップさせてくれる空間がまた見れる。

↓ 平成中村座11月公演のリーフレット
平成中村座歌舞伎公演
 
 平成中村座の誕生は、そもそも勘三郎が若き日に、昔々“山谷通い”の粋客が、猪牙舟に乗って大川から山谷堀へ折る辺り、ちょうど竹屋の渡しがあった場所、その山谷堀の暗渠の空き地に張られた、アングラ演劇創業者こと、唐十郎の率いる状況劇場の「赤テント」を見たのがきっかけらしい。そのまったく同じ場所で、しかも江戸歌舞伎の創始者猿若勘三郎(初代中村勘三郎)一座外江戸三座の芝居街があった猿若町からもすぐの場所に、歌舞伎界で唯一18代続く中村屋が平成の現代でも頑張っているのは嬉しい。

 また、渋谷のコクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」の時は、舅殺しのクライマックスの場面で、いきなり舞台裏手の大道具搬入口を開け、渋谷の街から神輿を進入させたり、NY公演では場内にブルクリン訛りの英語解説を響かせ、ラストにはニューヨーク市警の追っ手まで登場させるなど意表を突いた演出、また浅草の旦那衆による“五軒長屋”の売店から幕間は“Kabuki Cafe”で楽しませたりと、劇場の内外までを江戸情緒満載の雰囲気にしてしまう…。このサービス精神が実にすばらしいと思う。
 平成中村座のテント小屋での歌舞伎公演を以前初めて見た時、小屋のすべてを使っての演出も面白かったが、大屏風の前の“お大尽席”のお客さんを大枚を払わせたうえに歌舞伎に参加させたり、江戸の歌舞伎小屋にはあって江戸庶民の席だっといううずら席風の、“桜席”を復活、何と幕の内側から間近で俳優や大道具さんらの作業現場を見れる席も設置するなど等…、常に遊び心と一体のアイディアを実践、歌舞伎の既成概念を真正面からぶっ壊してしてゆくようなチャレンジ精神を持つ歌舞伎俳優は勘三郎しかいないのでは !?

平成中村座入り口
↑ 完成した中村座の入口(リバーサイドスポーツセンター前)

平成中村座ならではの江戸の雰囲気漂う売店コーナーも見える
改築中の歌舞伎座から売店が出店、中村屋グッズも買えるらしい ↓

平成中村座売店コーナー

 場所は、法界坊ゆかりの待乳山の聖天(しょうでん)様の目前、『ほていや』からも歩いても20分程で、そう遠くない距離だ。今回の仮設小屋の配置が、以前とは少し建物の方角が違っていて、入口が前とは違いリバーサイドスポーツセンター側(裏の搬入口側が“竹屋の渡し”の碑)に向いていたので、しょっちゅう車で通過していたのに小屋掛けされていたのに気が付かなかった。どうもスカイツリー側を舞台裏手にした理由は舞台を見れば分かるらしい。
 僕の個人的な夢だが、北部浅草周辺で、一幕単位で気軽に寄れる敷居の低い、しかも江戸の雰囲気漂う常設の歌舞伎小屋が出来たら嬉しいのに…。

「平成中村座」 隅田公園仮設劇場の公演 詳しくは⇒こちら
---------------------------------------------------------------------
北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円)
団体室(ファミリー・グループルーム)10名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上は1人2,000円)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,700円)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設です!

-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------

ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/356-4ac76d24