2011年 浅草・酉の市 11月2・14・26開催! 

今年もいよいよ酉の市の季節がやってきました !!!



 江戸の伝統と賑わいを今に伝える浅草鷲神社の「酉の市」は、年の瀬を待つ北部浅草一番の祭りです!
毎年11月の酉の日に開催され、商売繁盛の“かっこめ”という熊手の市が立ち、露天(屋台)が出る大変に賑やかな催しです!各日、深夜零時から24時間、前日の夜中24時の太鼓の合図から地元から大勢の下町っ子が集まってきます。


【開催日時】
一の酉 = 11月 2日(水) ⇒ 1日の深夜24時~
二の酉 = 11月14日(月) ⇒13日の深夜24時~
三の酉 = 11月26日(土) ⇒25日の深夜24時~

(※) 今年は、11月の酉の日が三回あるので、三ノ酉の年回りになります。

【開催場所】
東京・下町、北部浅草の千束にある「鷲神社」とお隣酉の寺の「長國寺」境内とその周辺

【アクセス】
地下鉄日比谷線「三ノ輪駅」または「入谷駅」から徒歩8分
つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩20分弱!

『ほていや』からだと鷲神社までは、徒歩約10分程です!

2011年 浅草・酉の市のポスター ↓
酉の市のポスター
 熊手は福を掻き込む縁起物として、お江戸の昔から酉の市で売られていたが、昔から水商売、例えば遊郭や引手茶屋、料亭から船宿経営者以外にも芝居関係者などが熊手を買って、商売繁盛の願掛けをして一年中天井の下に掛けていたという。他に酉の市の縁起物として昔からいろいろな物が売られてきた。
 頭の芋(とうのいも)は、頭(かしら=リーダー)になって出世し、芋は親芋に寄り添うよう子芋、孫芋とたくさんの芋が数多く増えることから子宝に恵まれるとされた。
 また、黄金餅(こがねもち)は金持ちになれるという言い伝えから、昔は酉の市で売られていたらしいが、幕末期頃から切り山椒が黄金餅の代わりに酉の市の名物となり現在でも境内で売られている。面白いのは、江戸の人たちが縁起物を持つ姿が絵に残っているが、平成の現代の酉の市の風景とほとんど変っていないのに気づかされる。


[ 江戸浅草の酉の市の風俗を伝える三枚の浮世絵 ]
  「十二月ノ内 霜月酉のまち」 ⇒三代目「歌川豊国」嘉永7年(1854年)作
↓ 日本堤を歩く酉の市の参詣帰りの人々 後方には吉原遊郭の大屋根が見える
歌川豊国「酉のまち」
・ 禿(かむろ)を連れ、酉の市名物の笹竹を刺した頭の芋を手に持つ遊女(左側)
・ 左手に風呂敷に包んだ縁起物の黄金餅を持つ御高祖頭巾の女(中央)
・ 商家の婦人が、酉の市の帰り道、お供の丁稚に熊手を担がせている(右側)


以前に撮った「酉の市」の写真です↓
浅草・「酉の市」
浅草・「酉の市」
浅草・「酉の市」
浅草・「酉の市」

  江戸歌舞伎小屋創始者の中村屋の菩提寺は鷲神社前の「西徳寺」
↓ 去年まではお元気だった七代目「中村芝翫」の名も…
浅草・酉の市2010

 ↓ 「鷲神社」境内にて 大物政治家の名前も
浅草・酉の市2010
浅草・酉の市2010
浅草・酉の市2010
大きい熊手を買って威勢のいい三、三、七拍子が飛び交ってました(^▽^)

---------------------------------------------------------------------
北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円)
団体室(ファミリー・グループルーム)10名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上は1人2,000円)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,700円)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
家族室(ファミリー・グループルーム)4名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名の場合1人2,000円、4名未満は8,000円で貸切)

2011最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!

-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------

ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/350-6e07d71a