子どもと学ぶ「せいかつの図鑑」 

「せいかつの図鑑」ってためになる !!



 以前、山谷地域と接する、南千住8丁目の「汐入」のことを紹介したことがある。あれから再開発がすべて完了し、4,500世帯、20,000人近くが住める巨大ベッドタウンとなった。荒川区で最も大きい都立公園もあり、その「都立汐入公園」にはテニスコート、多目的広場、野外ステージから複合遊具がある複数の公園からバーベキューまで出来る広場まであって、災害時には、防災拠点に早変わりするという。快適と安全の両方があるエリアということから、他からたくさんの人たちが移り住んでいるという。

 最近、南千住4丁目から汐入までの高層住宅群を歩くと小さな子どもを連れた若夫婦やお腹の大きな女性を驚くほど多く見掛ける。また外国人の居住者や外国人と日本人とのカップルと思われる人たちがジョッキングをしたりサイクリングする姿もよく目撃する。最近、こんなに多く赤ちゃんや小さな子連れの家族がいる街は見たことがない。
 2010年春に新たに開校した小学校「荒川区立汐入東小学校」はマンション群の間に建ち、児童全員が周辺のマンション住まいだとか。児童が汐入地区で急激に増えたために急きょ建設された、ひとクラス全員が乗れる大型エレベーター付き8階建ての小学校だ。
 地域では、人口が急増して幼稚園や保育園のキャパシティーが不足、荒川区外の施設へ通う子も多いと聞く。また、汐入では「南千住マジック」という言葉があるらしい。子育てのしやすい南千住に住むと、もう1人子どもが産みたくなるという意味だそうだ。少子化の時代なのに、荒川区はこの地区にこれ以上共同住宅が出来て子どもがさらに増えることを憂慮し、マンションの建設を制限しているらしい。

せいかつの図鑑

 つくばエクスプレス「南千住駅」の次ぎ駅「浅草駅」から地上に出ると「浅草ROX」がある。その4Fに池波正太郎関連の書籍の品揃えが豊富な「LIBRO」という書店がある。そこで孫のためにと乗り物の図鑑を探していたら驚いた。「せいかつの図鑑」という自分的には今までにはない考えの図鑑が売られていたからだ。汐入地区の親子にもぜひ読んでもらいたいという思いでブログにした。

 この図鑑は、現代っ子に欠けている基本常識を図解入りで詳しく解説する新タイプの本で、十文字学園女子大学の児童幼児教育学科教授の流田直先生が執筆したものを小学館さんが図鑑という目に見える形にして出版したのだ。何といいアイディアだろう。今の子供たちに欠けているといわれる生活の基本常識にスポットを当て、絵と図解と写真入りで具体的に教える図鑑だ。

 現代っ子は、家庭や学校などの日常生活で基本常識に触れる機会が多々あるのになかなか上手に出来ない。この図鑑は、「衣」「食」「住」に関することに的を絞り、子どもが興味を持ち体験、上手に出来た時の楽しさを感じられるように考えられている。
 この書で述べられているのは、部屋を片付けたり、服をたたんだり、食事を作ったりというごく普通の生活常識で、目的としたら、生活能力を養うことによって子どもたちの計画能力を高め、最終的には学習能力を高めることにあるという。日常の家事によって家族や友達、先生との交流を深め、幼い頃から一生の間に必要な生活能力を養おうということなのだそうだ。

↓ ① 「きる=衣」の項にある洗濯物のたたみ方
洗濯物のたたみ方

↓ ② 「たべる=食」の項にある料理の並べ方
料理の並べ方

↓ ③ 「せいかつする=住」の項にある雑巾の絞り方
ぞうきんの絞り方

↓ 地方の宿で出会う和式トイレ。その使い方は、外国人にも教えたい情報だ
和式トイレの使い方

 子供たちが生きてゆくための基本的な情報、それらは学校で先生が教えてくれるのはほんの一部。家庭で親や祖父母などから伝えるしかないが、実は、意外と保護者自身が知らなかったりするから子供達へ伝えられないのだ。

 世間では、今までなら考えも付かない“モンスターペアレント”や“スーパークレイマー”が多くなって、自分の子供の情報のなさを他の責任に転嫁する親たちが何と多いことか。親の自己啓発にもなるだろうし親子の触れ合いにもなる。ぜひこの図鑑を使って親と子、または家族同士で生活の情報を一緒に学んではどうだろうか?

--------------------------------------------------------------------- 
北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円)
団体室(ファミリー・グループルーム)10名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上は1人2,000円)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,700円)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
2011最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら
エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人から小さなお子様連れのご家族も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/338-6b1aa2f7