山谷の東エリアを循環 次世代型路面電車(浅草LRT)計画 

「観光実験線LRTと大浅草構想」

東京・下町、山谷地域の東の外れ、台東区橋場地区に現在無公害の次世代型路面電車による観光実験線を走らそうという計画が進めてられている。
昨年の11月18日には、浅草六区街でのプレス発表もあり、ヒノデ新聞などの紙面でも紹介された。
まだ、夢の段階ではありますが、近い将来の実現に向けてた軽量軌道交通システムの提案として「浅草LRT」と名付けられたこの計画の第一歩が踏み出された!

この新交通システムは低床電池駆動路面電車の英語読み“ライト・レール・トランジット”の頭文字をとったもので簡単に言えば最新式“ちんちん電車”だ。現在、世界300都市、国内でも富山など20都市で運行されている次世代システムで、その特徴としては、
①バリアフリーなので高齢者や身障者向きで②振動が少なく乗り心地が良く③短時間で充電可能な電池式だから④とてもエコロジーであり⑤連結式なのでバスと比べて大量移動が可能で⑥架線の設置の必要もなく建設費、固定費が地下鉄などに比べて格段に安い。仮に将来撤去となっても撤去費用のコストが非常に安いということなどだ。

メリットが大変に多い交通システムということで、東京の他の地域でも構想が進行中だそうだ。例えば、銀座から晴海通りを走らせることを前提に中央区では調査費予算をすでに計上しているそうだ。

LRT観光実験線車両
 ↑ 浅草LRT観光実験線の車両(イメージ図)

観光モデル線計画図
 ↑ 観光実験線計画図

現在、墨田区で建設中の東京スカイツリーが平成24年春に開業となるが、
もし、タワーの展望台への搭乗待ちに大行列が起きれば、墨田エリアから周辺へ広がるものすごい人の流れが浅草方面へ流れ出ることが予想される。そうなった時、浅草エリアの観光資源や飲食店等のキャパシティーが限界を超え、顧客の不満から将来浅草離れが起き兼ねないという心配もあるという。この観光実験線「浅草LRT」を通じ北部浅草地域方面へ観光客の回遊の流れを興すことが出来るならば、未だ観光資源や地域資源が埋もれたまま手付かずの北部浅草、特に橋場から山谷エリアの観光振興と活性化に大きな期待も出てくるのではないだろうか。

このプロジェクトが実現し成功すれば、浅草、上野始め、東京スカイツリーなどへも支線が伸ばすことも可能で、将来、汐入地区のある南千住8丁目から4丁目を抜け都電荒川線「三ノ輪橋」などへもレールを結ぶことも夢でない。

皆さん、環境と人にやさしいLRTをみんなで応援しよう !!!
浅草と北部浅草を結ぶ「大浅草構想」のプロジェクト計画は今始まったばかりだ。


---------------------------------------------------------------------
東京・山谷(南千住エリア)の格安ホテル
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(ファミリー・グループルーム)10名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上は1人2,000円)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,700円)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊~長期滞在まで多目的で利用できる格安ホテルです!

-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------

ほていや⇒交通アクセス
●東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
●JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
●都バス「清川2丁目」下車すぐ!
●台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目⑩より徒歩2分


南千住駅から「ほていや」までの道順(地図)は⇒コチラ

台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/256-4deeda9d