橋場のお屋敷通りの逸話と對鷗荘の画像 

山谷地域の東側、橋場通りは御大尽
が別邸を構える高級リゾート地だった…


 台東区の隅田河岸に沿って走る橋場通りは、地元で橋場渓谷と呼ばれるほどたくさんのマンションが連なる場所だ。
 この道は、平安時代よりもっと前から存在した古道で、石浜河岸と言われてきたらしい。江戸時代に隅田川最初の橋、千住大橋が完成するまではこの道こそが奥州街道の本道で、今では言問通りと交わる言問橋西詰の分岐(浅草追分)が新旧街道の分かれ道になっている。

 かつてこの地は、都鳥舞う風光明媚な高級別荘地帯で、江戸に京風な景色を求めるような風流な趣を好む御大尽たちがお屋敷を構える場所だったとか。
 歌舞伎役者の七代目坂東三津五郎邸、伊達宗城邸、松平慶永(春嶽)邸、池田茂政(後 山楽荘)邸、郷誠之助(後 橋場荘)邸、有馬頼萬(後 大谷米太郎邸)邸、神木治三郎邸など等…。

 また、江戸時代から昭和の初め頃までの間は、周辺は山谷にかけて有名な料理屋が点在していて、その中でも「手間ひま掛けて贅を尽くす」料理屋として“大江戸一番”の誉れ高く、江戸将軍から勝海舟を伴って篤姫(天璋院)も度々立寄ったという伝説の高級料亭「山谷八百善」は、隅田川沿いに上客用の別棟もあった。

   幕末から明治初期にかけて多くの錦絵を残した
 ↓ 浮世絵師 豊原国周の作 「石浜の秋月」
「山谷八百善
錦絵上部の扇地紙形枠内に山谷八百善とあり、隅田川畔の当時の風景が偲ばれる(錦絵のモデルは柳橋金子屋の芸妓)。

 田中けんじ氏の「あさくさ つれづれの記」 No.50 に、競馬の有馬記念の創始者「有馬頼寧(よりやす)」が橋場で過ごした少年期の回顧録がとても面白いので、今回のページで紹介します。

 江戸時代、久留米二十一万石の藩主「有馬頼萬(よりつむ)」は、橋場に一万坪近い別邸を構え、大川に沿った船遊び用の桟橋には船頭を抱え、有馬河岸と呼ばれていたとか。家督を継ぐ運命の頼寧は、日本橋蠣殻町で生まれ育ったが、屋敷が延焼による火災に遭ったことから少年期を橋場で過ごすこととなり、家従、女中、馬丁から車夫も控えるような環境で育った。
 『ほていや』から浅草方向一個目の信号を東方向へ、アサヒ商店街を直進してお化け地蔵を過ぎ橋場通りに突き当たったところがお屋敷のあった場所だった。

 ↓ 少年期の有馬頼寧は、橋場から吉原土手を通り学習院初等科上野分校へ通った
学習院へ力車で通う有馬頼寧
 上の絵は、「レタスト」の田中けんじ氏提供

「大体私の邸が不思議な場所にあって、門を出て真っ直ぐ西へ向かうと吉原堤大門に出ます。」ある日「十歳ににもならぬ私に車夫が『若様、今日は浅草にしましょうか?それとも吉原に向かいましょうか?』とたずねてきた。」

知らぬ者が聞いたらお金持ちの不良少年と立場をわきまえない車引きの会話にも聞こえそうだが、そもそも頼寧が通う学習院初等科は、上野の屏風坂を上ったところ(現=科学博物館辺り)に分校があったので、橋場から学校へ向かうには当時二通りの道筋があったという。

「車夫は『若様、ここは吉原ですが何があるかご存知ですか?』などとつまらぬ話を聞かされるので、子供心にも耳年増の仲間入りをする。」
「力車は堤を横切って吉原遊郭を右に御歯黒溝(おはぐろどぶ)に沿って竜泉大音寺通りを抜け、下谷の坂本に出て根岸に入り、鴬谷の新坂を上って上野公園へは入るのです。」
もうひとつの道は「門を左に橋場通りから今戸橋を渡ります。花川戸から右に曲がって浅草公園に入ると六区の裏を抜け、合羽橋を渡り万年橋を経て下谷の坂本に出て、急な屏風坂を上って上野公園に入るのです。」


   総泉寺は関東大震災で被災、昭和3年(1928年)に板橋へ移転した 
 ↓ 頼寧の少年時代、化地蔵は総泉寺の参道の道端にあって、今と違って笠も健在だった
総泉寺の参道とお化け地蔵

橋場のお化け地蔵
平井権八とは、吉原の遊郭三浦屋の遊女「小紫」とのスキャンダルから、歌舞伎「浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)」の題材になった人物、白井権八の本名。
なお、橋場のお化け地蔵は、享保6年(1721年)湯島の渡辺九兵衛の奉納により建立され、今は石造の笠はない。 

「私の家の門から直ぐの道は、総泉寺という寺に入る道でもあります。総泉寺の坊主が吉原に密かに通うために小道が出来、それが後にはちゃんとした道路になったのでした。
道の両側に老松が点々と残っていたのは、総泉寺への特別な道であった証拠であろうと思います。」
さらに「総泉寺の入り口に大きな石の地蔵がありまして、俗に『化地蔵(ばけじぞう)』と呼んでいました。平井権八(白井権八)がここで人を殺害した時、地蔵様に向かって『どうか人に言わないでください』と言ったら、地蔵様が『おれは言わぬがわれ言うな』と答えたとか。後に権八自身が白状して罰せられたと言い伝えています。地蔵は大きな笠を冠り、上向きになっている時はお天気になり、前のめりに冠っている時には雨が降るのだと言われていました。」


 『ほていや』の前を走る山谷通り(現=吉野通り)から昔々遊里(ゆうり)の入り口日本堤へ続く小道に御上から夜店の出店が許されたのが現在の「いろは会商店街」の始まりだそうで、旦那衆が遊女に貢ぐ品々を売っていたのだそうだ。逆に総泉寺のエロい坊主が新吉原へ早く通うために作った抜け道が、何と「アサヒ商店街」のルーツだったというのは、両方とも吉原がキーワードになっていて、しかも山谷地域の歴史が感じられて面白くないですか?

 多感な少年時代を北部浅草地域の貧しい下町の子供たちと過ごした頼寧は、純粋な心で捉えた庶民の現状、労働者、農民、被差別部落などを間近に見たことで、使命感が芽生えてゆき、後年、第一次近衛内閣で農林大臣などの要職を歴任するが、貧しい人々との触れ合いを旨とし、農民運動や働く人の夜学校、物質的救済よりも精神的救済を柱とする「信愛労働学校」を邸内に創設するなど篤志家の姿勢は、華冑界(かちゅうかい)の稀なる人と呼ばれたと田中けんじ氏は最後に結んでいた。
 信愛労働学校があった方の場所には、後に六代目尾上菊五郎が自費を投じて作った「日本俳優学校」があった。

 ↓ 橋場にあった明治の元勲三條実美公の別邸に明治天皇が行幸された記念碑
明治天皇行幸遺蹟

 時代は144年も前まで遡りますが、明治新政府を認めない朝鮮に対する強硬派、西郷隆盛らの朝鮮使節派遣問題で政局が二分、わゆる征韓論を巡る激しい対立から心労で倒れた太政大臣、三条実美公の御見舞いのため船で隅田川を北上、明治天皇は橋場にあった三条実美公の別邸「對鷗荘(たいおうそう)」の専用桟橋に春風丸から下船されました。天皇22歳の時だった。
 1873年(明治六年)の12月19日は、山谷地域の東の外れにあった三条実美公の別邸に明治天皇が行幸された日だった。

   (昭和6年5月27日発行 稲川實氏提供)
 ↓ 對鷗荘建碑記念絵葉書の表紙
對鷗荘建碑記念絵葉書

「いそがしき つとめのひまをぬすみ来て 橋場の里の 月をみるかな」
明治の元勲“三条実美”公が大層気に入っていた別邸「對鷗荘」の写真絵葉書です。

 ↓ 関東大震災前、南東の方角から撮った茅葺き屋根の時の對鷗荘
関東大震災前の對鷗荘の画像

 ↓ 関東大震災後に修復された對鷗荘(木造だった白鬚橋の上から撮影した画像)
関東大震災後の橋場の對鷗荘
 画像をよく見るとブランコや滑り台もあり、對鷗荘には専用の船着き場もあったという

 ↓ 現在の白鬚橋の上からほぼ同じ位置から撮影した画像
白鬚橋より對鷗荘があった場所を望む

 上の写真は、震災後白鬚橋から台東区側の橋場、對鷗荘から山谷方面を望んでいる画像です。画像の右下に見える橋の欄干が昔の木製だった頃の白鬚橋で、右手の小舟が浮いている用水路こそが泪橋へと続く思川です。源頼朝が馬を洗った故事から別名駒洗川とも呼ばれていたそうで、現在は暗渠になってその上を明治通りが走っています。

 ↓ 對鷗荘の裏手、北東方向山谷側から撮った画像
對鷗荘の裏手(山谷側)

 ↓ 岩倉具視寄贈と伝えられる茶室は三条実美公が最も気に入った場所だったらしい
對鷗荘の茶室(内部)

 「見わたせば 波の花よる隅田川 ふゆのけしきもこころありけり」
 明治維新政府太政官の最高長官だった三条実美公を御見舞いされた明治天皇は、對鷗荘を後にされたその帰路、近くの松平春嶽(旧=越前福井藩三十二万石)邸へお立ち寄り、鯉の昼膳にて小憩され和歌を詠まれました。

 「いつみても あかね景色は 隅田川 難美路の花は 冬もさきつつ」
 食後、松平邸を後にした天皇は、親交の深かった近くの伊達宗城(旧=宇和島十万石)邸にも立ち寄られ、長命寺の桜餅を召し上がり、橋場を後にしたそうです。お屋敷での御休息の際、隅田川の冬景色を詠まれた時の和歌は、浅草寄りにある墨田公園内に石碑として残されています。

 對鷗荘は、現在の墨田・台東・荒川の三区が交わる山谷地域の東の外れにあった
 ↓ 川向うから撮った木造の橋と並行する竣工間近の鉄橋の白鬚橋(左が山谷側)
鉄橋の白鬚橋竣工の写真
 ↖ この方向 新旧白鬚橋が平行して並ぶ隅田川畔沿いに對鷗荘があった。

 隅田川沿いの橋場通りを歩くと、かつて御大尽のお屋敷が並んでいて、一筆の土地が広かったためマンション群ができたことが分かる。お屋敷があったところに蔵が残っていたり遺構もないことはないが、団塊世代が遊んだお屋敷跡に残された石垣の小山(多分、池田茂政邸)が子供たちの絶好の遊び場になっていて、誰が名付けたか「トカゲ山」と呼んで自転車で上り下りした懐かしい思い出がある。
 有馬頼萬邸の川沿いのところには、後に浅草寺へ宝蔵門(仁王門)を寄贈した大谷米太郎氏(ホテルニュー大谷の創業者)の邸宅になった。


SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2017年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2016 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

宿泊予約について

6月の予約をしたいのですが施設サイトからの予約試みましたが日にちを入れると該当する部屋がありませんと標示されてしまいますが早すぎたのでしょうか?

Re: 宿泊予約について

コメントありがとうございました。
さて、当店「SPOCOM.net」HPでもご案内の通り、予約は到着日の二ヶ月前から当日(オンラインからは二日前)までにお願いしております。
ただし、二ヶ月前であってもオンラインの予約ページから「仮予約」の形でお申し込みも可能です。
詳しくは「ほていやブログ」のトップページをスクロールした最後の方をご覧ください。

(※)Q&A(よくある質問)も参考にしてください。

【Q】各オンライン予約サイトの販売ページに空室がないですが?
【A】両店は「楽店トラベル」始め「Expedia」、「Booking.com」、「じゃらんnet」、「agoda」などのオンライン予約サイトへ登録しておりますが、両店の数ある部屋タイプの中から宣伝の意味で一部の客室だけUPしていますし、年末・年始などのハイシーズンの期間は予約サイトへUPしない期間もあります。予約サイトの販売画面にご希望の部屋タイプがなくても直接フロント業務時間内に電話かメールでお問合せ頂くか、または余裕も持って「SPOCOM.net」のオンライン予約ページから必要事項をすべて入力して送信してみてください。


> 6月の予約をしたいのですが施設サイトからの予約試みましたが日にちを入れると該当する部屋がありませんと標示されてしまいますが早すぎたのでしょうか?

仮予約

こんにちわ早速仮予約入れました所希望の部屋が長期滞在がいて空いていないとの事で、管理者メールにて改めて連絡しましたがそちらの方で大丈夫でしたでしょうか?オンラインの方からやり直した方良いでしょうか?

Re: 仮予約

申し訳ございませんが、このページのコメントは記事に関するためのもので、宿の予約に付いては、(業務時間内に)直接電話かEメールでお願いします。宿の予約担当者とブログ管理者は別の者が行っていますのでご了承ください。
長期滞在に付きましては、現時点では、直近の(土)や団体客の予約日が埋まっているので、取り合えず泊まっている間に受付で相談して頂きたいと思います。

電話番号= 03-3875-5912
Eメール= hoteiya@spocom.net


> こんにちわ早速仮予約入れました所希望の部屋が長期滞在がいて空いていないとの事で、管理者メールにて改めて連絡しましたがそちらの方で大丈夫でしたでしょうか?オンラインの方からやり直した方良いでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/248-55eff9cf