東京・山谷に中東イスラム圏の放送局“アルジャジーラ”から取材! 

東京・山谷
【中東イスラム圏の放送局からの取材】



 昨日1月28日(金)に、中東のカタール国から衛星テレビ局「アルジャジーラ」が
別館『ドームホステルえびすや』に取材に来ました。

 カタールと言っても日本人には馴染がないかも知れませんが、かつてサッカーW杯の地区最終予選での「ドーハの悲劇」の舞台の国と言えば「ああ、あそこか」と大概の人は場所をイメージ出来るのではないでしょうか。
偶然ですが、今晩はそのドーハで「AFCアジアカップ2011」日本代表と豪州との決勝戦があり何か縁みたいなものも感じます。

 アルジャジーラといえば、ビンラーディンとかアルカイーダなどの話題になるとよくニュースで聞く名前でもあり、アラブ系のメディアなので欧米系のメディアとは一線を画するイスラム文化の価値観による放送局のようです。

 取材に見えたのは、アルジャジーラ記者の「サラメ・ファディ」さん。
つい二週間前には「赤旗」の新聞取材もあって今までの山谷では無縁だと思っていたメディアの取材が続いていますが、今回は、アポの取り方始め取材を進める姿勢から彼は礼儀正しく真面目な性格な記者さんだなーと察しました。

 中東のイスラム圏の人々からすると、日本という国はお金持ちの国という既成概念があるそうで、今回の取材対象である東京・下町“山谷地域”の宿泊施設では一泊千円台から泊まれる宿もあるということはある意味ショックだったと言っていました。「東京スカイツリー効果は?」、「リーマン・ショックの影響と宿の稼働率の関係は?」とか「なぜ山谷の人は私に優しく接してくるのか?」など興味があることをさかんに質問してきた。


↓ 取材は本館『ほていや』1階にある私達がPCルームと呼んでいる場所から…東京・山谷 取材

取材の方法は、インタビューから撮影、音声までサラメさん一人ですべて行うという
↓ 取材方法だった
東京・山谷 取材

 今回の取材では、「外国人なら時間通り来ないだろう」との思い込みで待っていたら、すでに彼は時間前に待合室で待っていた。
 聞いたところ、オフィースのある有楽町から車で早めに来て、時間前に山谷周辺をカメラを回しながら歩いたそうです。彼からすると山谷の街はとてもフレンドリーな街だという印象を持ったそうで、ムービーカメラを持って歩いてる彼は、山谷に泊まりに来た外国人旅行者だと思われたのか、そこら中で気軽に声を掛けられたと言っていました。そして、それは「山の手のホテル街だと、例えばニューヨークなど世界の大都市にあるブランドのホテル街と同じことしか味わえないが、山谷だと古い街並みに発見があったり、いろんな人たちと隔たりなく接することが出来る」という点で、山谷はポイントが高いという意味のことを言っていました。

 『えびすや』7人室は、一泊1,500円の山谷の伝統的なドミトリー(相部屋)で、地元では“ベッドハウス”と呼ばれ1960年代に隆盛を極めた山谷の宿泊スタイルだったこと、また、先代が考案、英語で書かれた物の本の中には「“カプセルホテル”が後に発明されたが、ここにアイデアを得たであろうことは想像に難くない」と書いてあることも話すと、彼は以前カプセルホテルも取材したことがあって「間違いなくカプセルだ」と真顔で語っていたのには面白かった。
 東南アジアの安宿街を多く旅する彼としたら、安い宿のある街と安宿自体がかなり汚いという先入観を持って取材に来たら、山谷の街や『えびすや』が思いのほか汚くなかったことは意外だったと言っていました。

別館『えびすや』2階「7人室」の撮影 一人で何度も繰り返し20回近くもカメラ
↓ へ向かって同じフレーズを語り掛ける几帳面な一面も見せていた
東京・山谷 取材

 別れ際、『ほていや』から300㍍歩いたところに、昨年国の有形登録文化財にも指定された二軒の山谷の老舗料理店があることやその目の先にある吉原大門(おおもん)交差点まで行けば江戸時代から続く“くの字カーブ”があって、鷹狩へ向かう江戸将軍に土手通りから廓(くるわ)を見えなくしたと伝えられる五十間道(ごじゅけんみち)の急カーブの伝承など等、山谷周辺の埋もれた地域資源の話をしたらとても興味を持ってくれた。
 中東イスラム圏のメディアまでが訪れるようになった山谷。今回の取材での彼の言葉からして、きっと山谷の街に好印象を持ったと思うので、きっと良いイメージの山谷を紹介する番組になるものと確信しました。

 来月11日(金)公開の山谷を舞台にした「あしたのジョー」実写版の公開が近づき、地元山谷では各メディアの取材も増えてきました。実は、3月12日の午前中にはNHKで山谷に泊まる就活生のドキュメンタリー、夜には山谷でも日本堤・清川をエリアとしたランキング形式で街を紹介する情報バラエティー番組と山谷を舞台とした「報道」と「情報」の二つの番組が同じ日に放映されるらしいです。


---------------------------------------------------------------------
東京・山谷(南千住エリア)の格安ホテル
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(ファミリー・グループルーム)10名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上は1人2,000円)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,700円)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊~長期滞在まで多目的で利用できる格安ホテルです!

-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------

ほていや⇒交通アクセス
●東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
●JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
●都バス「清川2丁目」下車すぐ!
●台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目⑩より徒歩2分


南千住駅から「ほていや」までの道順(地図)は⇒コチラ
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/243-538da2dc