浅草寺伝法院庭園拝観 

伝法院庭園拝観 5月7日(木)まで

 浅草寺の本坊であり貫首の居宅でもある伝法院ですが、その敷地内には見事な廻遊式庭園の伝法院庭園がある。伝法院は、元々徳川将軍家が御成りの御膳所として使用したことから、昔は大名でも拝観出来ないような秘庭で、今でも通常非公開の庭園です。

 しかし、特別期間だけは300円の拝観料を納めれば庭園の中に入ることが出来、浅草寺の所有する大絵馬と寺宝も拝観出来る。
 『ほていや』から浅草寺までは大人の足で徒歩20分強。今回の拝観は、ゴールデンウイーク明けの5月7日(木)までなので一度は歴史ある伝法院庭園の中を見学してみてはいかがですか?

伝法院庭園拝観

 浅草寺境内の喧騒から隔絶された江戸時代から継承されている寺院庭園。約3,700坪のこの庭園の中は東京・下町、浅草だとは思えない静かな空気が漂っている。ちょうど桜の咲く頃に伝法院庭園の中の写真を撮ってきたので今回UPしました。

大絵馬寺宝展と庭園拝観

 ↓ 庭園の中に入れば、江戸時代へタイムスリップしたかの雰囲気を醸し出している伝法院庭園拝観 庭園入口

伝法院庭園 ①
伝法院庭園 ②
伝法院庭園 ⑤

 ↓ 伝法院の大書院の中には入れないが廊下で緑茶を振る舞ってくれる伝法院庭園拝観 大書院で緑茶のサービス
伝法院庭園拝観 古墳時代の石棺
 ↑ 浅草寺のHPによると手前にある石棺は古墳時代のもので、明治2年(1869年)に
本堂後方の熊谷稲荷にあった塚より出土したものとのこと。浅草寺のご本尊、聖観音像
の示現以前にこの浅草の地に有力な豪族が住んでいた証拠だそうだ。


伝法院庭園の桜 ④

 ↓ 伝法院大書院の脇には樹齢300年と伝えられているしだれ桜が…伝法院庭園の桜 ③
伝法院庭園の桜 ①&②

伝法院庭園 ④
 ↓ 伝法院の廻遊式庭園から見た五重塔と東京スカイツリー ↑
伝法院庭園 ③

こちらは浅草寺境内の桜
浅草寺境内の桜 ①
浅草寺境内の桜 ②

こちらは浅草神社の桜
浅草神社の桜 ①
浅草神社の桜 ②


SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,600円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,500円(5名以上は1人@2,100円、5名未満は10,500円で貸切可)

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,900円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,400円(4名以上の場合1人@2,100円、4名未満は8,400円で貸切可)

2015年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら
何と税込一泊1,600円~ 別館『えびすや』の詳しいページは⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hoteiya.blog47.fc2.com/tb.php/218-7f675221