月別アーカイブ

 2017年01月 

千束稲荷神社 初午祭の画像 

「たけくらべ」 所縁の千束稲荷神社 初午祭のお知らせ

千束稲荷神社の全景

 千束稲荷神社 は、第四代江戸将軍「家綱」公の時代、寛文年間(1661~1672)創建とされている神社で、北千束郷の氏神として長くお祀りされていた。
 この「千束」という地名はとても古い地名で、その示す範囲も昔の浅草天王町辺りから千住大橋の際にまで及ぶ広大なもだったらしいが、浅草一円を千束郷と呼ばれていた時代、周辺に上下二社の稲荷社が造られ、その下社がこの千束稲荷神社だった。祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で、明治5年に村社に列し、竜泉寺町の氏神になったという。ただし、かつて浅草寺境内にあった上社の上千束稲荷(西宮稲荷)神社の方は現存していないとのこと。

↓ 「商売繁昌の象徴」 蔵の鍵を持つ千束稲荷神社の狛狐
千束稲荷神社の狛狐

↓ 千束稲荷神社の神輿(昨年5月の例祭時に撮影)
千束稲荷神社の神輿

↓ 吉原狐舞の提灯(昨年5月の例祭時に撮影)
吉原狐舞の提灯


 五穀豊穣・家内安全・商売繁昌を願って行われる神事、初午祭(祈年祭)。ここ千束稲荷神社の境内には氏子崇敬者から奉納された地口行燈(じぐちあんどん)が飾られ、地元の子供たちにはお菓子が配られます。 初午祭(祈年祭)は、例年2月の二の午の日に初午まつりが開催され、当日午後4時には初午祭祈願が行われ、境内に掲げられる約100ヶ所の行燈は夕刻から21時頃まで明かりが灯される

 ↓ 千束稲荷神社の初午祭の画像 ↓

千束稲荷神社 初午祭 ①
千束稲荷神社 初午祭 ②
千束稲荷神社 初午祭 ③
千束稲荷神社 初午祭 ④
千束稲荷神社 初午祭 ⑤
↑ 「かかしが わるけりゃ あやまろう (私が 悪けりゃ 謝ろう)」 としゃれた地口絵

 地口とは、ことわざや俗語などに同音または音声の似通った別の語をあて、違った意味を表す「だじゃれ」の類(たぐい)で、江戸庶民が言葉による遊び心を表現したものだった。
 お江戸の昔、稲荷神社では初午縁日に地口を文字にして、それに合わせた絵を描いた地口行燈を境内に飾る風習があったという。本来は凧の絵師が描いていたらしいが、現代では、昔と違って「だじゃれ」の質も変わってきて古い地口の意味が分かり難いことから地口も地口絵の文化もだんだんとなくなってゆく運命にあるという。都内では、このような行燈は千束稲荷神社の外、兼務社になっている吉原神社ぐらいらしい。

 千束稲荷神社と五千円札の肖像で知られる樋口一葉の住居跡地とはとても近く、名作「たけくらべ」では、8月20日の夏祭りの夜、日頃張り合う表町組と横町組の子供たちのケンカをきっかけに物語が展開することからこの神社が所縁の地になっている。なお、境内には、一葉の胸像と日記の自筆碑文がある。

↓ 境内にある樋口一葉の胸像(上)と神社の一角(下)
境内にある樋口一葉の胸像
たけくらべ所縁の千束稲荷神社

↓ 千束稲荷神社の境内にある社務所(授与所) 
千束稲荷神社の社務所

↓ 千束稲荷神社のご朱印(初午祭限定) 
初午祭の時の御朱印

 一方、吉原神社 は、元は、玄徳稲荷(よしとくいなり)といい、場所も大門口の手前、五十間道のくの字カーブのところにあったらしいが、明治5年、新吉原の四隅を囲む「開運稲荷」、「榎本稲荷」、「九郎助稲荷」、「赤石稲荷」四社と共に五社を合祀して創建、総称して吉原神社と名付けられ、その後複数回の火災の後、現在の地に移されたという。


【 初午祭(祈年祭)のご案内 】千束稲荷神社境内にて
● 2017年年2月24日(金) 午後4時から初午祭祈願が行われ、地口行燈が点灯する
● 『ほていや』からのアクセスは、泪橋交差点のひとつ手前の角を左折、道なりに歩き、
国際通りを越えたスグ右手(徒歩約15分)東京電力上野支社の手前

〇 千束稲荷神社の公式HPは⇒こちら
〇 吉原神社の公式HPは⇒こちら
(※)千束稲荷神社の初午祭は、毎年二の午の日に行われるが、吉原神社の方の地口行燈は夜点灯されないらしい(?)



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2017年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2016 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト