立ち呑み居酒屋「すばる」オープン 

三ノ輪橋に立ち呑み居酒屋店オープン



 先日、東京で唯一生き残っている都電の始発駅「三ノ輪橋」へ用事で行った帰り道、日光街道沿いを自転車で走っていたら、docomoショップの隣に居酒屋が新規オープンしているのを発見 !! 確か以前は「近江屋」とか看板を掲げていた大衆食堂系の飲食店だった気がする。

すばる 三ノ輪店の店頭
↑ 立ち呑み居酒屋「すばる」の店頭  なぜか『ほていや』と縁のある七福神の看板がすばる の看板

↑ 暖簾が間に合わないのかロゴ入りのTシャツが暖簾代わりに吊るされている
すばる のユニークな暖簾?

すばる のランチメニュー
↑ 今月末までの特典 中ジョッキ(アサヒスーパードライ)が何と80円 ↓
すばる オープンサービス

↓ 立ち呑み居酒屋店「すばる」の新春営業の案内
すばる 新春営業


立ち呑み居酒屋「すばる」 三ノ輪本店
◎ 住所= 荒川区南千住1丁目-32-11
◎ 電話= 03-3803-3668
◎ 定休日= (日)(祝)

都電荒川線三ノ輪橋停留所から徒歩1分程
東京メトロ日比谷線三ノ輪駅(③番出口)から徒歩約3分
国道4号線(日光街道)沿いのdocomoショップの左隣。
● ランチの営業は = 11:00~14:00
● 夜の部の営業は = 16:00~22:00


(※) 『ほていや』からだと、南千住駅方向(泪橋交差点)をコツ通り直進、南千住三丁目の交番前の信号を左折、投げ込み寺(浄閑寺)を過ぎれば日光街道にぶち当たるので、信号を渡って右方向へ。途中JR常磐線のガード下には、ミシュランガイドのビブグルマン掲載のラーメン行列店「トイ・ボックス」もあるから要チェック。


 以前、南千住図書館の1階で開催されていた「都電荒川線」の企画展のポスターに昭和20年代の三ノ輪橋駅電停前の古い写真があったが、ほぼ同じ方向から三ノ輪橋駅を撮ってみると、こんなに風景が違っていた。

昭和20年代の三ノ輪橋駅周辺
先日ほぼ同じ位置から撮った三ノ輪橋駅

 昭和20年代中ごろから三ノ輪橋駅の周りにも戦災で家を失った人たちを泊める簡宿がたくさん出来て、1961年(昭和36年)3月28日に日比谷線が開業してからは、地下鉄の出入り口や大きな簡宿の玄関周りは寄せ場の様相を呈していて、行政から山谷地域に区割りされるようになった。なので三ノ輪橋の周辺は居酒屋や一膳飯屋など大衆食堂系の飲食店がいっぱいあった。



SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2016年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2016 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト