東京・山谷に宿泊する就活生の記事2013年2月27日 

「地方の学生 就活苦」
山谷に泊まる“就活生”の記事



 2月27日(水)東京新聞の夕刊に、今の就職難の苦学生が親に負担を掛けまいとアルバイトで貯めたお金を節約、インターネットで安宿を探したら「山谷」だったというような記事が出ていた。
 メディアで「山谷」と「就活」が結びついたのは2008年の毎日新聞の記事で、その発信源は、実は『ほていや』だったことはあまり知られていない。

「地方の学生 就活苦」の記事

 就職戦線が今とはまったく真逆の「売手市場」だった時代、新聞の取材の際、複数の企業に内定があるにも係わらずさらに繰り返し飛行機に乗って山谷にやって来る男子就活生に尋ねたところ、安売りの航空券を使い山谷で安く泊まれば、会社訪問で企業から支給されるお金に余りが出るので、内定した後でもアルバイト感覚で『ほていや』に泊まりに来ているのだと内緒で打ち明けてくれた。リーマンショック前にはそんな学生も多くいたことを思い出す。

 「シティホテル業界の2007年問題」があった年、実は山谷も新築のホテル建設ラッシュがあって、1年余りの間に600室も客室が激増した。その時は一般の旅行者を泊めている宿経営者から「山谷の宿の2007年問題」だと心配が出たが、その少し後ぐらいから、無料のネット環境の整備など各宿の努力が実り、南千住駅から駅前歩道橋を越えてくる全身黒ずくめのスーツ姿にお約束のキャリーカートを引く若者たちが急増した。その時の街の人たちの目には異様な風景に映ったようだった。「弔いのために何で山谷に若い子たちがこんなに泊まりに来るのか?」などと年配の宿経営者に真顔で聞かれたことを思い出す。
 
 ↓ 山谷滞在を終え東京メトロ日比谷線の南千住駅で地下鉄を待つ女子大生
就活で山谷に泊まりに来た女子大学生

 「買手市場」の時代になっても、就活生が山谷に増加していることを簡宿の同業組合である城北旅館組合の佐藤組合長は「昔の山谷のイメージを知らない世代。安くて個室で使いやすいのかもしれない」とインタビューに答えていた。
 最近は個室宿の『ほていや』はもちろん、別館の『えびすや』の2階にある一泊1,500円から泊まれる相部屋「7人室」にも男子学生が増えている。個室だけが増えているのではないのだ。

 ↓ 就活のため初めて『ほていや』に泊まりに来た10代の高等専門学校生
就活で来館した高等専門学校生

 「就活生」というと、既成概念化した巷のイメージがありそうだが、高専からの10代の学生が制服姿で来館したり、逆に大学院生だと年齢的に高い学生もいる。意外なのは音楽関係やファッション関係の企業へ就活に来る専門学生は、自由なファッションの身なりで泊まりに来て茶髪にピアスなんていう子もいる。また、バックパッカーのような姿の青い目の就活生が泊まりに来た時、チェックインの受け答えがすでに“就活モード”になっていて、こちらの話に「なるほど」と無難な返答を繰り返していたのには笑ってしまった。

 ↓ 深夜『ほていや』のロビーで翌日の就活準備のノートを広げる大学生
待合室で就活の準備をする学生

 別館『えびすや』にある日、デザイン関連の企業訪問のために沖縄から10名近い男女が団体室にグループで泊まりに来た例もあるし、つい2、3日前には3畳の小部屋をルームシェアして就活に来たカップルの二人組もいた。一人@1,850円と激安で個室に泊まる裏ワザを知っているとは偉いものだ。さすがインターネットの情報社会。

 他にも東京新聞の記事には、就活に使う費用の額に大きな「地域差」があることや、松山大学が父母会の支援を受けて東京や大阪の合同企業説明会へ向かう貸切バスを用意した例なども紹介していた。


相部屋1泊1500円~ / 個室1泊2700円~(グループルームもあり)
『ほていや』&『えびすや』の最新施設紹介ページは⇒こちら

「山形大学 工学部」荒川サテライトHP
東北の大学生の就職活動を支援するページは⇒こちら

“究極の安宿システム”
山谷の伝統的ドミトリーを詳しく紹介しているページは⇒こちら




SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(5名以上は1人@2,000円、5名未満は10,000円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,600円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上の場合1人@2,000円、4名未満は8,000円で貸切可)

2013年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト