黒澤明監督全30作品一挙録画 

黒澤明監督全30作品ハイビジョン録画



 1年で一番長い夏の旅行シーズンも終わりスローシーズンの10月に入ろうとしています。「食欲の秋」、「スポーツの秋」、「読書の秋」など等…。
 昔の時間計算法では、日の出から日の入りまでの時間が四季の中で一番短かったということで「秋の夜長」という言葉が今でも残っていて何をするにも程よい季節らしい。なので迷わず黒澤明監督のDVDを見ることをお薦めしたい。

黒澤明監督全30作品一挙放送

 今年は正月早々ノロウイルスにやられ、それでもお店を休めなかったので、仕事を続けながらの初ブログ。民放の衛星テレビ局の「男はつらいよ&座頭市シリーズ一挙放送」とNHKのBS「これが日本の武道!一挙放送」を正月に体力を温存してその感想を綴ってみた。

   黒澤映画公開当時のカタログ 「どですかでん」のカタログにはもれなく
 ↓ カットされたフィルムの切れ端が付いていた
黒澤映画の公開当時のカタログ

[ 黒澤明監督全30作品ハイビジョン一挙放送 ]
 7月下旬から9月の下旬まで続く、1年で一番長い旅行シーズン。ゆっくりとテレビなど楽しんではいられないハイシーズン期間。それでも民放の衛星テレビ局で、8月12日~9月27日までの二ヵ月間、“史上初”の前宣伝で黒澤明監督の全30作品ハイビジョン放送+二つの関連ドキュメンタリーを一挙放送するというのでブルーレイで完全録画、DVDへすべてダビングすることが出来た。
 実は、黒澤明の熱烈大ファンと言っているのに、いまだ一度も見ていない作品もある。黒澤監督自身が「結果として僕の集大成となった」と雑誌のインタビューで明かしていた「赤ひげ」のDVDだけでも手許にぜひ欲しかった。

 ↓ 30作品と黒澤明特別企画のドキュメンタリー2本もDVD4枚の中に…
黒澤監督全作品DVD保存

 黒澤作品との初めての出会といえば、10歳の時、浅草の封切館で「用心棒」を見た時だった。空っ風吹き荒れる上州は馬目の宿。流れ者の主人公の素浪人が宿場町に入ると、人間の手首をくわえた犬が脇を通り過ぎる…。そのシーンのカットは子供時代の脳裏に焼き付いたまま離れなかった。その後、高校生時代に映画館で偶然見た次週予告のクレジットから始まる“用心棒”の予告編。「地獄の入口で顔を合わせたその二人…」から始まるリバイバル時の用心棒の予告編を見てから黒澤明は特別な監督になった。

   犬の手首のシーンがリアルで忘れられなかった用心棒の公開当時のポスターと
 ↓ 警視庁の刑事事件捜査の教育用にも使われた天国と地獄、その映画のカタログ
用心棒の公開当時のポスターと天国と地獄のカタログ

 黒澤映画の全シリーズのDVDが手に入ったので、これで何時でもどこでもテレビで楽しむことが出来るようになった。多分、繰り返し見る度に新しい発見があるだろう。

 ↓ 思い出してみたら、実は黒澤映画30作品の外に、幻の一作「トラ・トラ・トラ!」が…
Tora! Tora! Tora! 当時のカタログ

 「トラ・トラ・トラ!」は、ハリウッドから声が掛って、黒澤監督が初のハリウッド映画のメガホンを握ることになった作品。日米の撮影隊の日本側ロケ隊は、日本映画の巨匠黒澤明の流儀から撮影が進んでいたが、旧日本海軍の鉛筆を作らせたり、山本五十六役の素人俳優がスタジオ入り時にファンファーレの演奏やスタッフに最敬礼を求めるなど等、役作りに対する完全主義の撮影方法がハリウッド流の合理主義の撮影手法と馴染まず解雇、黒澤明監督版の「トラ・トラ・トラ!」は、とうとう日の目を見ることはなかった。

 しかし、黒澤監督にはもうひとつ外国資本の映画との係わりあった。モスクワに今も大切に保管されている二つのオスカー像があって、ひとつは'68の「戦争と平和」でアカデミー賞を受賞したもの、もうひとつは「デルス・ウザーラ」のものだ。
 実は、全30作+関連ドキュメンタリーの外にもうひとつソ連映画の黒澤監督作品『デルス・ウザーラ』のノンフィクションのメイキング物もこれから放送されるので紹介したい。ハリウッドとは違って無条件で映画を撮って良いという旧ソビエト側からの申し出に快諾、外部のキャメラは入れたことがなかった黒澤監督が、撮影時のメイキング映画も許可したという。モスクワに保存されているその時の珍しい黒澤流のロケシーンの動画も出てくるのでぜひご覧ください。小道具の細部にもこだわり監督自ら働くお宝映像もあります。

ノンフィクションW 「黒澤明を救ったアカデミー賞映画」 シベリア 苦闘の555日
WOWOW プライム(BS191ch.)
〇 10月5日(金)22:00~
〇 10月7日(日)11:00~

【おまけ】
「用心棒」と「椿三十郎」に出てくる主人公をそのまま小泉元総理に置き換えたアニメ !!
その「用心棒」と「椿三十郎」をもじった面白動画は⇒こちら

---------------------------------------------------------------------
北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円~)
団体室(グループルーム)最大10名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(5名以上は1人@2,000円、5名未満は10,000円で貸切可)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,600円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上の場合1人@2,000円、4名未満は8,000円で貸切可)

2012年 最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街2012こちら

-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト