冷やかしの語源にまつわる「紙洗橋」の親柱が…? 

山谷堀公園の一角に残されていた
「紙洗橋」の親柱がなくなっていた。


 ↓ 冷やかしの語源にまつわる「紙洗橋」の親柱は最近までこのような形をしていた
冷やかしの語源 紙洗橋の親柱
紙洗橋の親柱がなくなっていた
上の写真を撮った時点では、無機質なセメント製の作り物に変えられた親柱に今後どのような銘板がはめ込まれるのか想像も付かなかった。

 かつての「ブラタモリ 吉原編」で、あの雑学の物知り、タモリこと森田 一義氏も知らなかった「冷やかしの語源のルーツ」。実は、お江戸の昔、山谷の農民が浅草寺の薦めで始めたサイドビジネスからきた言葉だったんです。

 山谷堀の紙洗橋周辺では、昔から「漉き返し紙」の生産が盛んだった。再生紙、今風に言うなら“リサイクルペーパー”の製造が山谷の地場産業だった。その再生紙は浅草紙と呼ばれた黒っぽい色をした落とし紙(トイレットパーパー)のことだった。紙切れ屑を煮た後に冷ましたり、紙を水に浸すことを「冷かし」といって、その作業の待ち時間の間、漉き返し職人が近くにあった新吉原遊廓の遊女屋の前で暇をつぶしたことから、転じて物を買う気がないのに買う振りをすることを「冷やかし」というようになったんだとか。
 そのことは都電荒川線王子駅前から都内で一番距離が短い登山電車に乗って飛鳥山公園へ登った場所にある「紙の博物館」の展示物で知ったんです。

山谷堀公園改造工事 ①
山谷堀公園改造工事 ②

 その暗渠になって久しい、桜のトンネルで有名な細長い山谷堀公園が、一年で一番花やぐ時期だというのに桜の遊歩道は工事用のフェンスの中に。

山谷堀公園改造工事 ③

 山谷堀公園改造工事の掲示物を見ると、今回の山谷堀の工事エリアは「遊戯広場ゾーン」・「多目的広場ゾーン」・「健康広場ゾーン」の三っのエリアの改造工事だということが分かった。

山谷堀公園 遊戯広場ゾーンの工事

 ↓ 花見の時期だというのに山谷掘の桜のトンンルは枝が剪定され思いも寄らない姿に…
枝が剪定されていた山谷堀公園の桜
山谷堀公園の桜のトンネル(今戸橋)
 ↑ 以前撮った今戸橋付近の桜並木 桜のトンネルが地方橋まで続いていた

 ↓ フェンスの向こう側を見ると、三ヶ国語で書かれた「山谷堀ヒストリカルツアー」の文字が
日本堤の由来を説明する掲示物

 山谷通いの旦那衆が乗ったという猪牙船(山谷船)は、柳橋から大川(隅田川)を上って首尾の松の目印を超え、大川橋(今の吾妻橋)をくぐり、聖天様を目印に山谷堀へ左折したんだとか。

猪牙船で山谷通い

 吉原が一番華やかし時代は、船宿の二階は飲食出来る宴会場になっていて、お大尽や文人墨客が集まる文化サロン的な場所でもあった。その頃の山谷堀は下の画像の上流で川幅が極端に狭くなっていて小舟でもUターンが出来なかった。なので御大尽でも船を降ろされ、そこから徒歩か籠で日本堤(土手通り)を廓の玄関、大門口まで通わなくてはならなかった。

山谷通いの粋客が、小舟で新吉原へ向う通い道 落語“夢金”を彷彿させられる明治
初期に撮られた「屋根船が浮かぶ雪の山谷堀」 ↓
屋根船が浮かぶ雪の「山谷堀」

 山谷堀は、土手八丁と呼ばれた日本堤(現=土手通り)と並行しながら、南千住2丁目の投げ込み寺(浄閑寺)で左に折れ、京風の風流な趣を好む文人墨客が寮(別邸)を構えていたという根岸の里を通り、JR日暮里駅から北上、王子で音無川(石神井用水)とつながっていた。

 ↓ 改修工事後の山谷堀(大正5年5月の写真)
改修工事後の山谷堀(大正5年5月)

 TOKYOディープ 山谷編の番組へ提供する古い山谷の写真を探していたら、偶然出てきた昭和49年(1974年)に撮られた暗渠になる寸前の山谷堀の写真。

 ↓ 今の「遊戯広場ゾーン」の手前辺り、地方新橋から地方橋方向へカメラを向けてます
山谷堀(昭和49年)①
山谷堀(昭和49年)②
 ↑ こちらは日本堤橋方向へ向けて撮った写真で、右の小道の先が待乳山小学校


SPOCOM.net QRコード

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2017年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

続きを読む

別館えびすやの内部初公開!4月末オープン予定! 

最新!別館『えびすや』の内部初公開!

お待たせしました!!!
もうすぐ完成の別館『えびすや』の内部を初公開!
玄関(入口)付近と花壇は、まだ出来ていませんが、建物内部は、
ほぼ完成に近い状態です(*゚▽゚*)♪


別館『えびすや』 もうすぐOPEN

ココが入口!
ちょうど洗濯機と乾燥機が届きました!

別館『えびすや』 もうすぐOPEN

入口入ってすぐはこんな感じです。
カウンターがあってココで食べたり?パソコンやったり?できるスペース!
別館えびすや 内部初公開

狭い通路にドアがたくさん並んでいますが、左側はシャワールーム×2と浴室です。
別館えびすや 内部初公開

ココがシャワールーム!
最新!別館『えびすや』の内部初公開!

二段ベッドは今日組み立て完成(*^ ▽^*)
照明の明るさが調節出来るのはすごく便利ですね!

別館『えびすや』 内部初公開

↑と同じ部屋。こちらは少し暗めにして撮りました。
別館『えびすや』 内部初公開

最近、ほていやのリピーターさんからオープンはいつになるか聞かれましたが、今現在、色々な準備をしている状態でまだハッキリした日にちは決まっていません。
消防・保健所等の検査などでバタバタしていますが、近いうちOPENとなりますので値段や部屋タイプにつきましては、オープン日が決まった時に改めてブログで報告したいと思いますので宜しくお願いします (゚∇^*)


~問合せ先~
エコノミーホテルほていや
℡:03-3875-5912


続きを読む

カフェ・バッハのショコラ・ド・ナンシー 

カフェ・バッハのショコラ・ド・ナンシー

今日2月14日(水)はバレンタインデーという事でお隣のバッハさんから『ショコラ・ド・ナンシー』を頂きました!
このケーキはバレンタインまでの期間限定でお店でも食べられるケーキ!
濃厚チョコレートのコーティングがされていてとっても美味しかったです(*^^*)
家族皆でコーヒーを飲みながら美味しく頂きました!


ショコラ・ド・ナンシー

.バレンタイン限定ケーキ
Cafe Bach(カフェ・バッハ) ショコラ・ド・ナンシー
バッハ バレンタイン ショコラ・ド・ナンシー

3年ぶりの皆既月食! 

今日、31日夜、「皆既月食」が見れましたが、みなさん見れましたか?
都内から皆既月食の写真を撮りました!

荒川区南千住より
欠ける満月!皆既月食!

欠ける満月!皆既月食!

SPOCOM.net QRコード

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2018年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

日比谷線でBGM放送が流れる珍事が…? 

日比谷線で起きたBGM放送の珍事とは?



 昨年7月に、東京メトロ日比谷線の列車内でクラシック音楽が流れているという投稿が「Twitter」上にUPされた。その時車掌は、車内放送で「原因不明の不具合」と案内していたらしい。車内放送で突然クラシック音楽のBGM放送が40分間流れたという日比谷線の前代未聞の「珍事」はなぜ起きたのか?

↓ 南千住駅に着いた日比谷線新型車両「13000系」の先頭車両
日比谷線13000系の車両

 昨年7月24日(月)の16時30分頃から約40分間、日比谷線の北千住~広尾間の列車内で「花のワルツ(チャイコフスキー作曲)」が流れたという。その時メディアに対して東京メトロの広報担当者は「安全上の問題はない」という説明だった。
 調べてみると、2017年3月から営業運転をしている新型車輛13000系の車両は、車内のスピーカーに高音質のステレオ放送システムを搭載し、車内でクリアな音質を楽しめる仕様になっているという。車輛のハードディスクにはクラシックなどの音楽データを収録しているらしく、アンプなどの放送設備を介して車内に音楽も流すことも可能だという。

 実は々、近々日比谷線車内でBGMの試行運用をすることが決まっていて、クラシックやヒーリングミュージックの放送の試行運用が始まることが分かった。詳細は以下の通りだ。


◆ 試行運用期間 1月29日(月)から当面の間

◆ 運用対象列車 (放送区間は日比谷線の北千住~中目黒間のみ)
【 平日 】
・北千住発= 11:20(南千住発 11:23)、13:00(南千住発 13:03)
・中目黒発= :10:28、12:12
【 土休日 】
・北千住発= 11:50(南千住発 11:53)、13時30分(南千住発 13:33)
・中目黒発= 11:00、12:41


 なお、放送は相互乗入れしている東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の区間では実施しないらしい。また、ダイヤが乱れた時などもBGMを流さない可能性もあるとのこと。
音楽は「13101編成」などの奇数編成と、「13102編成」などの偶数編成とで異なるという。曲目の一例を紹介すると、

● 奇数編成= クラシック音楽
・「月の光」ベルガマスク組曲より/クロード・ドビュッシー作曲
・「ノクターン」第2番変ホ長調 作品9-2/フレデリック・ショパン作曲
・「春の歌」作品62-6/フェリックス・メンデルスゾーン作曲
● 偶数編成= ヒーリング音楽(Mitsuhiro作曲)
・「朝空を開いて」
・「そよぐ緑」
・「陽を浴びて」



 新型車両に音楽を流す機能を搭載したのは、元々はイベント列車の運行時や、車両点検時のスピーカー試験のために導入されたもので、通常運行にBGMを流すという発想はなかたらしい。昨年の珍事は、当日イベント運転の設定にしていたことで、車内に音楽が流れ続け、結果Twitterからの話題がネット上に拡散したのが真相らしい。

 東京メトロによると、今回の試行運用は「より快適な車内空間をご提供すること」が目的で、「通勤用列車の営業列車内でのBGM放送は国内初の試みで、当面の間運用する予定」としている。利用者からの意見を元に、今後のBGMの有用性などを検討していくのだという。

南千住の名物酒場だった「大利根」の上を通過する懐かしい
初代帝都高速度交通営団3000系 昭和49年(1974年)9月 ↓

日比谷線 昭和49年9月の画像(カラー)

◆ 「東京地下鉄 日比谷線」は⇒こちら


SPOCOM.net QRコード

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2018年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは
こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら