カテゴリー  [コメント ]

8㍉フィルムのテレシネ映像 

~ 8㍉フィルム編集は僕の一番の楽しみだった ~



先日、『ほていや』のブログ訪問者からコメントが投稿されていた。
気が付いたのは大分経ってからだったが、読んだ深夜にスグ返事をUPした。というよりUPしたつもりでいたのがFC2さんのサーバーの何かの障害から文言が見事に消えていた。

コメントの主は、40代で、ハンドルネームが昔のNHKの幼児番組のタイトルと同じだった。多分男性の方と察しますが、山谷生まれという点では僕とは共通でも、違うのは先方は浅草寺幼稚園という浅草ではブランドの幼稚園の卒園ということ。ちなみに、こちらは、康保会という山谷地域の地味~な保育園へ通い、向かいにあった待乳山小学校を卒業した。

そのコメントには次のことが書かれていた。

懐かしい昭和46年
「私は昭和40年に清川二丁目に生まれ、都電22系統で南千住に行き、奥羽街道跨線橋の上から、DD13に控車をつけて貨物の入れ替えと、都電の出入庫、コツ通りと吉野通りの街並みを眺めていたものです。また都電を使って、日本橋三越や銀座に出ていました。浅草松屋電停前で1971年3月16日の廃止日が浅草寺幼稚園の卒園式でした。山谷も綺麗になり静かになり、国際化したものです。映像の続編がありましたら是非、お願いいたします。」


と山谷の思い出を懐かしむように書いてあったが、コメントの内容をよく読むと、山谷関連の映像をもっと見たいという意味らしい。
どうも1971年に、僕が大学生当時に作った「山谷通りを通る都電22番線」のYouTubeの動画を見てくれのだと思う。



Single-8のフィルムの箱

昔の山谷というところは、映画を見るにはとても良い環境だったように思う。どこの商店街にも大抵は小さな映画館が一軒はあった。「南千住文化」、「三ノ輪文映」、「三ノ輪映画劇場」、足を延ばせば「金美館」など等…。
そんなことで、よく洋画好きの父親に連れられ、歩いて投げ込み寺の前を通って三ノ輪橋にあった「キネマハウス」などへ通ったことや、日比谷の映画館へディズニーのアニメを見に連れていってもらった記憶がある。ディズニーのアニメといえば、かつて、いろは会商店街にあって、昭和39年11月に焼失した「吉景館」も戦前ディズニーの映画もやっていたと父から聞いた。

また、映画館街といえば「浅草公園六区」の興行街。SY系の封切館だった「大勝館」など懐かしい名前が思い出される。山谷から速足で歩けば20分ちょっとの距離で六区の興行街に行けたので、山の手の子とは違い、自由だった山谷っ子は映画やうまい食べ物が身近にあって、小さい子供でも大人並に街歩きをエンジョイ出来る特権があった。

都電22番線の懐かしい思い出は、京橋で都電を下りて、超立体音響がウリのシネラマ館「テアトル東京」もよく行ったことだ。客席の床から舞台のないスクリーンへはスロープ状につながっていて、湾曲した大画面も凄いが、全館に40個近くも配置されたスピ-カーからの音響は、今のドルビーデジタルのシネコンより音の定位感がありずっと迫力があった。「ベンハー」が一年以上もロングランしていた当時は首都高がまだ上を走っていない頃だから、都電に乗ると戦車に乗るチャールトン・ヘストンのペンキ絵が車窓から長い時間見えてた。

実家にはゼンマイ式のダブル8型の8㍉キャメラと一緒に、撮りっぱなしのフィルムが沢山仕舞ってあった。思い出してみると幼いころから映画に興味を持っていていつか自分でも撮ってみたいと思い続けていた。

8ミリフィルム

大学へ入ってからアルバイトで貯めたお金でフジの8㍉キャメラを初めて買った。それからはビデオの時代がくるまでキャメラや映写機などを買い替えながら数多く撮っては作品にしていた。オムニバスの30分以上もある長編スキー映画「スキートガクシ」も倉庫に埋もれたまま。いつかはちゃんと映画に出ている人達にもネットで見れる形にしたいと思っているが時間がない。

小型映画のことを話していたら、前述のコメント投稿者の返事を忘れていた。

「YouTubeへUPしてある“都電22番線”の8㍉フィルムは、NHKからの依頼があってアーカイブスへも登録されています。そんなことで、よく各テレビ局や映像の制作会社から使用許可の電話が着ます。最近では、“東京今昔散歩みち”というDVDにも収録されていて、南千住の昔の回向院や懐かしいおばけ煙突の動画も見られます。
それと、氷川きよしさんのNHKでやっていた音楽バラエティー番組。倍賞千恵子さんがゲスト出演の時にも、ちらっと僕の撮った都電のシーンが出ていました。倍賞さんのお父さんがちんちん電車の運転手だった縁で、僕の動画の使用を求めてきた。
昨年、古館キャスターの報道ステーションでもその映像が使われ、今年6月28日の関口宏氏の衛星波の番組では僕も番組に出ていて、今はなき山谷堀の吉野橋を都電が通過するシーンが後半のところで使われていました。
そういえば、日比谷線の窓から撮った映像には、南千住3丁目の昔円筒形だったガスタンクが映っていますが、最近の「あしたのジョー」の漫画は、球形のガスタンクに変わってしまっていることが分かりますよ。」

「都電の8㍉映像の自慢話のようになってしまいましたが、『映像の続編がありましたら』の回答ですが、ぜひいつか懐かしい山谷関連の動画も編集して音も入れて恥ずかしくない程度には仕上げることが出来たら公開したいと考えています。」


---------------------------------------------------------------------
北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安ホテル
『ほていや』&『えびすや』はこちら↓

Dorm Hostel EBISUYA (相部屋1泊 1,500円)
団体室(ファミリー・グループルーム)10名まで宿泊可↓
最低料金8,000円(4名以上は1人2,000円)
施設案内は⇒こちら

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,700円)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で3,700円)
2011最新の部屋紹介は⇒こちら
部屋紹介は⇒こちら
施設案内は⇒こちら
エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人から小さなお子様連れのご家族も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安ホテルです!
-----------------------
Economy Hotel HOTEIYA
エコノミーホテルほていや
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9
TEL:03-3875-5912

お部屋のご予約は
“SPOCOM.net”
www.spocom.net
にアクセスしてください!
-----------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分


南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

スポンサーサイト