墨田区本所のお薦め!もんじゃ焼き「おかとく」 


浅草側から車で吾妻橋を渡ってフラムドール前の
 五差路を右折し直進したところに「おかとく」はある


おかとく 全景

「おかつく」の店内は決して広くはないが、全席イス席になっている ↓
おかとく 店内

 “もんじゃ屋シリーズ”第五弾は、台東区側から隅田川に架かる駒形橋と厩橋の間、7月の最終土曜日夜に毎年開催される「隅田川花火大会第二会場の向う河岸に位置する下町のもんじゃ焼き屋「おかとく」です。
 このもんじゃ屋は、『ほていや』からだと直線3㌔弱の距離、車だと浅草側(江戸通り)から吾妻橋を渡ってアサヒビールの炎のオブジェがあるフラムドール前の五差路(吾妻橋観光案内所のスグ右側)を右折して1㌔程直進したところ、約6m程の一方通行路の左側に面している。

 長年夫婦でお店を経営してきたが、お父さんは現在入院中で高齢のお母さんがひとりで切り盛りしている。このお店は、元々は氷屋だったそうで、お母さんが昭和33年5月に嫁いで来て、その11月からもんじゃ屋を初め今年で満60年営業を続けているという。

◆ 「おかとく」のもんじゃ焼きメニュー ◆ ↓
おかとく もんじゃメニュー

◆ 「おかとく」のドリンクメニュー ◆ ↓
おかとく ドリンクメニュー

 ドリンク類は、以前紹介した吉原の外れにある「三島屋」と同じ、冷蔵庫から勝手にセルフで運んでくるシステムになっている。なので、特に申し出なければ基本的にはコップなしで飲む方式なので、瓶のコーラなどはラッパ飲みということになる。アメリカの大衆バーで飲む瓶ビール感覚。
 冬場以外は引き戸が開かれ、お店と道路の間仕切りがなく開放的な店構えになっている。冷房がないのでそうしているようだが、屋根付きのバーベキューガーデンという感じのお店だ。エアコンの設備がないから、昔は7月~8月の夏場はお休みにしていたらしいが、今ではかえって夏場にお客さんが多いらしい。

おかとく セルフサービス

「おかつく」の明太子もんじゃ(500円)と焼きそばもんじゃ(400円) ↓
おかとく 明太子もんじゃ
おかとく 焼きそばもんじゃ
↑ 焼きそば用の蒸した中華そばが入った焼きそばもんじゃ

 もんじゃ目的で初めて『ほていや』に泊まりに来たお客さんに話を聞くと、圧倒的に「月島」がもんじゃ発祥の地だと思い込んで、わざわざ山谷から月島まで通っているという。もんじゃは東京・下町、荒川区周辺が発祥と言われていて、子どもたちのおやつのようなものだった。昭和20年代から40年代頃までの下町の駄菓子屋の店内には鉄板台が必ずと言ってもいいくらいにあって、子どもたちの社交の場だった。
 また、かつて清川町にあって山谷で人気ナンバーワンだった「三㐂」では、もんじゃ焼きのことを"水焼き"と言って注文していた。三㐂で働いていた人が墨田区京島で経営する「美好」ではもんじゃ焼きのことを今でも水焼きと言うらしい。

おかとくもんじゃの焼き上がり ①
↑ 「明太子もんじゃ(上)」 と「焼きそばもんじゃ(下)」の焼き上がり ↓
おかとくもんじゃの焼き上がり ②

「おかつく」のもんじゃは、焦げが付きやすいのでビールに相性ぴったりだと思った ↓
おかとくもんじゃの焦げ具合

 お好み焼きは、ビールのつまみ用に薄くカリカリに焼きたいので「牛天(玉子なし)」を頼んでみた。暖簾を下ろしてしまったらしい南千住5丁目の「こた」と同じく、お好み焼きは自分好みで味付けして、刺身を食べるように、お小皿にたらしたウスターソースに付けて食べる下町風の食し方が向いたお好み焼きに大満足。関西風に玉子ををトッピングする場合は50円増しに…。

「おかつく」の牛天玉子なし(450円)は、雪平鍋に入れられて出てくる清川1丁目の「金魚」
と比べると量は少ないが、その分値段の方はリーズナブルだ! ↓
おかとく 牛天
おかとく牛天の焼き上がり
薄くパリパリに焦げ目を付けて焼いた「牛天」はとても香ばしい ↑

デザートに最後に注文した「あんこ巻き」はこし餡ではなくつぶし餡だった ↓
おかとく あんこ巻き
おかとく あんこ巻きの焼き上がり
 氷屋だった名残かかき氷のメニューのラインナップが多いので、今度はデザートにはかき氷を頼もうかなぁ (^o^)

 何度か訪れてはみたものの、ご夫婦の体調が悪かったりと今回三度目の正直で初めて入店することができた。店の雰囲気は子供だけでも入りやすい、東京・下町の、気取らず普段着のサンダル履きのまま気軽に入れるもんじゃ屋という印象だった。

 なお、「おかとく」は、エアコンがなく分煙されていないので、副流煙を気にするような人には向いていないかも知れないが、営業時は正面の引き戸は外されていて、店がまるでオープンカフェのようになっているので、さほど煙は気にならないのでは?


もんじゃ焼き・お好み焼き「おかとく」
TEL= 03-3623-4511
住所= 東京都 墨田区本所2丁目13-4
都営地下鉄浅草線「本所吾妻橋駅」から徒歩10分程
営業時間= 15:00~21:00 〈日曜日も営業〉
定休日= 火曜日・水曜日
(※) なお、このブログの情報は正確とはいえないかも知れないので、利用する前にもう一度確認してから入店を !!

「おかとく」の公式facebook は⇒こちら


もんじゃ焼き 橋場の「金魚」は⇒こちら

南千住のもんじゃ・お好み焼き「こた」 は⇒こちら

個食でもんじゃは「三島屋」で!は⇒こちら

西浅草のお薦め!もんじゃ・お好み焼き「七五三」⇒こちら


SPOCOM.net QRコード

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2018年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは
こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら


文字数カウントのページは⇒こちら


お薦め!「婦久助」のバケゼーロー 

山谷のそば屋でお薦めは
 「婦久助」のバケゼーロー


 昭和51年(1976年)に完成して以来42年間使われてきた、いろは会商店街のアーケードの撤去工事が進んでいる。あと10日間位で全て取り除かれるところまできている。完全に撤去されれば、今回紹介する婦久助(ふくすけ)の風景も激変することだろう!

 以前、散歩の達人(交通新聞社)の特集で、「100人の達人が語る『おいしい理由』食堂100軒」の中に、『ほていや』オーナーが薦める「山谷のそば屋」として、いろは会商店街の中にある日本そば屋「婦久助」を#58で紹介したことがあった。

婦久助の正面

 その特集は、散歩の達人20周年企画の第二弾として、漫画「孤独のグルメ」の著者で知られる漫画家、久住昌之氏始め、タレント、ライター、編集者など等、合計「100人が選んだ垂涎の一軒」という切り口から100軒の「食堂」が掲載されていた。
 元プロボクサーWBC世界チャンピョンのガッツ石松氏や「笑点」二代目座布団運びが懐かしいタレントの毒蝮三太夫氏などの有名人に交じって、テレビ東京の人気番組「YOUは何しに日本へ?」でフランスで失恋した腹いせに、木から飛び降り、背骨を骨折も完治しないまま大好きな日本へ印鑑を作りに来た「ハンコ王子」ことロマ・トニオロ君も#19で出ていた。実は彼、「YOU…」の番組撮影時は『ほていや』の向かいにある「ホテル寿陽」に宿泊していた。

婦久助の看板

 その特集で紹介した婦久助では、狸は化けると言われていることから「たぬきそば」と「たぬきうどん」のことを“おばけそば”や“おばけうどん”と呼んでいる。一番のお薦めは「ばけせいろ」。地元の常連さんが注文する時は「バケゼーロー」と濁らせて注文している。天かすとワカメ、長ねぎを入れた温かい汁の中に、冷たいそば(またはうどん)を付けて食べる。

  ◇ 婦久助で一番のお薦めはバケゼーロー(ばけせいろ= そばバージョン) ◇
婦久助のばけせいろ(そば)とおばけうどん

 一般に関東では天かすを乗せた「そば」や「うどん」のことを「たぬき」と呼び、油揚げが乗ったものを「きつね」と呼ぶが、大阪では「きつね」といえば油揚げの乗ったうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げの乗ったそばのことになるそうだから、東西でまったく異なる呼び名になるんだそうだ。
 たぬきという呼び方が生まれたのは江戸時代の終わり頃、関東が関西より先だったらしい。当初はイカのかき揚げをそばに乗せていたようだが、関東の天ぷらはごま油で揚げていたので衣が茶色掛かっていて、濃い色が「狸」を連想させることが名前の由来になったらしい。何れにせよ、婦久助の「ばけせいろ」は周辺の日本そば屋にはない味なので、一度試してみてください。外にもピリ辛の「カレーライス」、「カツ丼」や夏場限定メニューだが、キャベツの入った「冷やしたぬき(冷やしおばけ)」もお薦めだ。

 ↓ 婦久助のたぬきうどん(おばけうどん= そばバージョンもある)
婦久助 たぬきうどん

婦久助 ぜいたくせいろ
 ↑ こちらはせいろでも豚肉と鶏肉が入った「ぜいたくせいろ」(= そばバージョン)

 ↓ 婦久助のお薦め三連写(かつ丼・なべ焼きうどん・カレー丼)
婦久助のかつ丼
婦久助のなべ焼きうどん
婦久助のカレー丼
 ↑ こちらのカレー丼は、常連客の“裏メニュー”からメニューにラインUPした丼ぶり物
 カレー南(カレー南蛮そば・うどん)用の汁が丼ぶりに盛られた御飯に掛けて出てくる


婦久助の冷したぬき
 ↑ こちらは夏期限定 婦久助の冷したぬき、つまり冷しおばけ(= うどんバージョン)

 この散歩の達人の企画では、大衆食堂もレストランも町中にある中華屋もチェーン店も、親しみを込めて「食堂」と位置付けているが、それぞれのジャンルの人たちが語るお薦めの食堂一軒は、ネット上で顔も名前も見えない人が付ける点数評価では測れない、自分だけの「おいしい理由」が書かれている。
 雑誌の付録として掲載されていた食堂100軒のダイジェスト版「持ち歩き散歩帖(マップ付き!)」も付いていた。その100軒の食堂の紹介者は、ページ最期「追記」のところで紹介してあるので、気になる方はスクロールしてご覧ください。


 蕎麦処 「 婦 久 助 」
TEL= 03-3876-1418
住所= 東京都台東区日本堤1-25-1 いろは会商店街内
営業時間= 11:30~19:30 頃まで(出前可)
定休日= 毎週金曜日(通常土・日・祝も営業)
(※) なお、このブログの情報は正確とはいえないかも知れないので、利用する前にもう一度確認してから入店を !!



● 東京・山谷周辺 日本そば屋さんの情報は⇒ こちら


SPOCOM.net QRコード

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2018年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは
こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

続きを読む

オーケーストア橋場店2018年1月31日OPEN! 

オーケー橋場店2018年1月31日オープン!

先日、ブログで紹介しましたOKストア橋場店ですが、2018年1月下旬オープンと発表されていましたが1月31日にオープンする事が分かりました(*゚▽゚*)♪
オープンまであと2日!楽しみです☆


「オーケーストア」橋場店
≪住所≫東京都台東区橋場1-1-15
≪TEL≫03-6802-3341
≪営業時間≫8:30~21:30 (開店日は9:00 ~ 21:30)
≪駐車台数≫204台
≪交通アクセス≫各線「浅草駅」より徒歩20分
都営バス東42乙系統「南千住車庫前」行き乗車、「東京都人権プラザ前」下車 徒歩 約1分
北めぐりん・ぐるーりめぐりん「橋場1丁目」バス停徒歩2分


「オーケーストア」橋場店 2018年1月下旬OPEN!

「オーケーストア」橋場店 2018年1月下旬OPEN!

SPOCOM.net QRコード

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2018年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

関東エリアで人気の「オーケーストア」が2018年1月下旬に橋場にOPEN! 

スーパー顧客満足度ランキング1位の「オーケーストア」
オーケー橋場店がもうすぐオープン!!!

サービス産業生産性協議会が実施している「日本版顧客満足度指数」のスーパーマーケット部門で7年連続1位を受賞したディスカウントスーパーマーケット「オーケーストア」が2018年1月下旬、東京都台東区橋場に新規オープンします!

「OKストア」は、関東地区を中心に展開している『高品質・Everyday Low Price』をコンセプトに良いものを魅力的な価格で提供していて主婦から絶大な人気を得ている人気スーパーです!

1年ちょっと前くらいにOKストアができると聞いていたけどすっかり忘れてました(゚□゚;)
ちなみに台東区初の「OKストア」となります!
近隣では足立区や墨田区にもありますが、近所にできるのですごく楽しみです(*゚▽゚*)♪

橋場店の場所は、浅草病院のすぐ近く。
今まで北浅草には大型スーパーがなかったので周辺に住んでいる方はかなり便利になりますね!
ちなみに『ほていや』から自転車で7分ほど。徒歩だと20分近くかかっちゃいますが、めぐりんなどを利用すれば歩かず行けます。
ホームページリンク⇒http://www.ok-corporation.co.jp/

12月末に写真を撮ってきました↓

「オーケーストア」橋場店 2018年1月下旬OPEN!

「オーケーストア」橋場店 2018年1月下旬OPEN!

「オーケーストア」橋場店
≪住所≫東京都台東区橋場1-1-15
≪営業時間≫8:30~21:30 (開店日は9:00 ~ 21:30)
≪駐車台数≫152台
≪交通アクセス≫各線「浅草駅」より徒歩20分
都営バス東42乙系統「南千住車庫前」行き乗車、「東京都人権プラザ前」下車 徒歩 約1分
北めぐりん・ぐるーりめぐりん「橋場1丁目」バス停徒歩2分


【 開店 】セブンイレブン 台東清川2丁目店が本日オープン! 


2017年6月30日(金)
セブンイレブン 台東清川2丁目店がOPEN!

セブンイレブン 台東清川2丁目店 が今日オープンしました!
都内のコンビニは駐車場付は少ないですが、ココは、大通り(明治通り沿い)で駐車場付なので便利そうです!


セブンイレブン 台東清川2丁目店
東京都台東区清川2丁目36-14
24時間営業(年中無休)

セブンイレブン 台東清川2丁目店がオープン!

SPOCOM.net

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,900円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,000円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,000円(4名以上の場合1人@2,500円、4名未満は10,000円で貸切可)
2017年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2012 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2013 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2014 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2015 こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 2016 こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは ⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん」北めぐりんの東浅草二丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら