FC2ブログ

~ 【最新】 『 ほていや 』 の施設紹介 ~ 消費税UP後 

2020年 『 ほていや 』の最新施設紹介です

宿代はできるだけ抑えたい方必見!
東京・山谷(南千住エリア)の格安ホテル案内!
本館 『 エコノミーホテル ほていや 』



『 ほていや 』は一泊から長期宿泊まで多目的で利用可能な「簡宿」というカテゴリの宿泊施設です!設備・サービス等は必要最低限最に抑えられていますが、何といっても東京で個室一泊素泊まり2,800円から (小部屋を2名で利用するなら2人で4,200円。1人当たり税込2,100円)の激安価格です!
東京の個室で100円でも宿泊費を抑えたい方は『ほていや』をお薦めします(*^□^*)
≪ 当店はタオル等のアメニティを省いた食事の提供のない素泊りの宿泊施設です ≫

〔 チェックイン 〕は、16:00~23:00の間です。
(※) 時間外に到着希望の方はスクロール()した最後の方の記述を事前にご覧ください。
到着が何時になるかが決まっていることなど条件もありますが、通常JR南千住駅の終電の時間帯までなら柔軟に対応しています。
〔 チェックアウト 〕 は、朝10:00までです。
〔 業務時間 〕 は、16:00~22:00 (通常のフロント業務時間)
〔 お支払 〕 は、現金、またはキャッシュレス決済(「楽天Pay」と「PayPay」)
〔 門限 〕 門限なし (カギを受け取ればチェックイン後の門限はありません)
〔 最寄り駅 〕南千住駅で、地下鉄の外JRとTX(つくばエクスプレス)の3駅あります。
〔 アクセス 〕電車・都電・都バス・めぐりん(コミュニティバス)の利用が便利です。
・ 東京メトロ日比谷線(南改札)から跨線橋(南千住駅前歩道橋)を越え、バス通りを直進(徒歩約8分)。
・ JRとTX(西口側)から南千住回向院(三つ葉葵の御紋が目印)を左折、ガードを三つくぐったところにある跨線橋を越え、バス通りを直進約600m(徒歩で約10分)。
(※)最寄りの南千住駅(日比谷線南改札)からの道順は⇒こちら
(※)TXの改札脇にある駅周辺案内図左上(TXのロゴの下)に当店の表示があります。

⇒ 跨線橋の上からスカイツリー方向を見ると、遠くに「ホテルアクセラ」の屋上看板が見えますからその方向へ直進して泪橋交差点を越え日本堤交番まで来たら『ほていや』の袖看板が見えます。なお、跨線橋を渡り切った橋の下と泪橋交差点(荒川区側と台東区側の二ヶ所)にも当店の位置が書かれた案内地図があります
・ 都電荒川線の終点「三ノ輪橋停留場」から徒歩約15分。
・ 都バス「(東42甲)東京駅八重洲口」と「(上46)上野駅前」~「清川二丁目」下車すぐ。
・ 都バス「(里22)日暮里駅(東口)」始発~「泪橋」下車徒歩約5分。
・ 都バス「(草64)池袋駅」東口始発~「吉原大門」下車徒歩約10分。
・ 都バス「(東42甲)南千住駅西口」始発~「清川二丁目」下車徒歩スグ。
・ 都バス「南千住車庫前」始発~「清川二丁目」下車徒歩スグ。
⇒ 跨線橋の真下にバス停があります。このバス停の前にも案内板があります。
・北めぐりん(浅草回り) 「浅草駅(松屋前)」から反時計回り100円バス 『北めぐりん(浅草回り)』⑩番バス停「東浅草二丁目」下車徒歩約2分。
・ぐるーりめぐりん「上野駅(入谷口)」①番バス停から時計回り100円バス『ぐるーりめぐりん』乗車、⑨番バス停「清川一丁目」下車徒歩約2分です。
・台東区に三ヶ所ある駐車場の貸し自転車利用は⇒こちら
〔 空港からのアクセス 〕
成田からは京成電鉄~JR常磐線、羽田からは京浜急行(都営浅草線)~東京メトロ日比谷線の利用が便利です。
・ 京成電鉄「成田空港駅(第一ターミナル)」⇒「空港第2ビル駅(第二・第三ターミナル)」⇒JR常磐線「日暮里駅」⇒「南千住駅(西口側)」⇒徒歩約10分
・京浜急行 「羽田空港国内線ターミナル駅」⇒「国際線ターミナル駅」⇒都営浅草線「泉岳寺駅」⇒東京メトロ日比谷線「人形町駅」⇒「南千住駅(南改札)」徒歩約8分
(※) 「羽田空港」から隣駅の「北千住」まで空港連絡バスを使って東京メトロ日比谷線(またはJRとTX)へ乗り換える方法もあります。北千住駅からは本数の多い日比谷線を使って南千住駅(南改札)で降りるのが一番早くて一番近いです。2018年現在の料金は片道=大人1,030円(小児520円)です。どこのターミナル駅から乗るかにもよりますが、空港から北千住まで所要33分~60分強程度掛かるようです。
東武バス・京急バス(北千住駅・千住大橋駅 ⇔羽田空港)のリーフレットは⇒こちら
〔 駐車場 〕 当店には駐車場がありませんので周辺の「格安コインパーキング」をご案内しています。

『ほていや』は南千住駅と浅草駅の間(最寄駅は南千住駅)に位置し、浅草から直線で北に2キロ(浅草寺から徒歩20分程)、秋葉原からは5キロ程の場所にあります。最寄り駅の南千住は、東京メトロ日比谷線(東武線と相互乗入れ)、JR常磐線、つくばエクスプレス(TX)の三駅四路線が利用でき都心部への交通アクセスが抜群!上野・秋葉原・築地・銀座・六本木・恵比寿へ日比谷線で乗り換えなしで行けます。JR常磐線なら日暮里駅まで2駅と山手線や京成電鉄利用で成田空港へのアクセスも良いですし、つくばエクスプレスなら次駅は浅草駅で、浅草寺や浅草六区の興行街へ行くのに便利で、秋葉原へ行くなら(料金が一番高いが)三線で一番早く着ける。
また、東京スカイツリータウンへは『ほていや』から直線約2キロ、徒歩では約30分弱です♪
(※) 最寄駅「南千住」の次駅「北千住」まで出れば、東京メトロ千代田で中央へ出るにも大変に便利です。さらに北千住から「中央林間」行きに乗れば、東武スカイツリーラインから東京メトロ半蔵門線で「渋谷」経由して乗り換えなしで東急田園都市線「中央林間」まで直通運転している。


◎ インターネットからの申込と問合せフォ-ムは⇒ こちら

【Q&A(よくある質問)】のページは⇒ こちら



吉野通り(山谷通り)に面した 『 ほていや 』 の全景 
『ほていや』 は「cafe Bach」 (左)と「まいばすけっと」 (右)の間です ↓
本館「ほていや」の全景
『ほていや』の全景 最新画像
↑ 夜間の本館『ほていや』はこんな感じで、両店のチェックインはこちらで行っています。


◎ 『 ほていや 』の電話での予約と忘れ物の問合せ等は
03-3875-5912 (16:00~22:00の間)
メールアドレス⇒ hoteiya@spocom.net
(※) 宿泊者への電話と面会の取次ぎは16:00~21:30の間でお願いします。

◎ 『 ほていや 』へのFAX送信は
⇒ 03-5849-4366 (FAXする前に電話等でお知らせください)
(※) FAXは施設から離れた場所で受信する関係上、時間的に余裕を持って送信ください。
なお、宿泊者ご本人へのFAX受信は一枚あたり@10円(最初の一枚は無料)申し受けさせて頂いております。


~ 『 ほていや 』の設備概要 ~
● エアコンは水を冷媒とした一括集中管理式(家族室は個別)で冬場と夏場に温水(または冷水)を全館循環させて空調しています。各小部屋にある室内機のファンのボタン(弱・中・強)を押してください。
● コインランドリー(有料)・自炊場(キッチン)製氷機と電子レンジあり。7時~22時。
● 24時間利用可能な電子レンジは、3階の洗面所(予備は5階のEV脇)にあります。
● 各階に無料の給茶機(Tea Dispenser)があり、煎茶(温 / 冷)、玄米茶(温/冷)の他に飲料用の冷水とお湯(約90℃)が常時出るのでカップ麺にも便利です。
● 無線LAN(Wi-Fi)は全館で試験運用していますが、機器によっては1階奥の鉄扉の客室の一部に利用出来ない場所もあります。そんな時は、禁煙の多目的室(待合室)または分煙室(喫煙所)をご利用ください。
● 禁煙の多目的室(待合室)=インターネット接続可(無線LAN)
● 分煙室(喫煙所)=インターネット接続可(無線LAN)
● 待合室には多言語に対応したワンコインインターネット(CYBER-PetIT)は諸般の事情によりサービスを終了しました。近いうちに新しい形でインターネットが出来るPCを準備する予定です。
● 待合室のウエザーパネルは、日本気象協会の気象データを屋上のパラボラアンテナから受信、東京23区の最新の“天気予報”(3時間ごとに更新=只今表示中)を絵文字表示に変換しています。
● 各種自動販売機(ソフトドリンク・アルコール・洗剤等)
【NEW】 100円で本格的コーヒを抽出「ドトールカップ コーヒーマシーン」新設しました。
● 禁煙ルーム (2階及び3階は全面禁煙フロアとしています)
● 各階洋式トイレは全て洗浄機能付便座で、3階は女性専用トイレなので女性も安心^_^
● 貸タオル等(小=一回は無料・小/中=50円・大=100円)、浴衣(有料=100円)
バスアメニティはご持参願うシステムですが、北部浅草エリアにある“簡宿の宿泊システム”に慣れていない方でお忘れの方は業務時間内にフロントへお申し出ください。小額頂くものもありますがレンタルもしています。
● 1階に個室で無料のシャワールーム(男 / 女 終日利用可)が二ヶ所あります。
(※) 季節にもよりますが23時~25時と朝8時過ぎ(休前日は時間に余裕を持ってご利用ください)が込み合うようです。
● 1階に二ヶ所あるシャワールームと新浴室内には、備え付けのボディーソープとシャンプー・イン・リンスがあります。
● ドライヤーは、シャワールームと新浴室の脱衣場の他、1階洗面所にも新設しましたが、(電気容量の関係で客室内では使用出来ませんが)予備があればドライヤーの貸出(1階の洗面所で使用)も出来ます。
● 1階浴室は男女入替制(男性の入浴時間=16時半~21時)で行っています。女性の入浴希望者は当日21時までに申込み頂いた方が優先的に入浴出来るシステムで、21時の男女入替後に(21時~23時の間で)ご利用頂けます。当日21時までにお申込みがない晩は、小さなお子様(乳幼児)連れのご家族やハンディキャップのある方等への貸切とさせて頂くことがあります。
(※) 女性入浴時間内に限り脱衣場を常時施錠させて頂きますが、共同の施設のためスタッフが開錠して次の女性の方を入場させる場合があります。ご了承ください。
(※) 周辺の人気銭湯の情報は、館内の掲示板に貼ってありますので参考にしてください。
一番近い人気銭湯は、湯どんぶり「栄湯」で、直線で約200mです。

↓ 『 ほていや 』 1階浴室の、一番奥にある押しボタン式のジャグジー付き浴槽が好評
1階「新浴室」のイメージ

↓ 『 ほていや 』 の正面玄関に掲げられている看板
本館壁看板(’19年10月~)

部屋の設備 (約3畳=禁煙の和室/禁煙または喫煙の洋室が選択可)
● テレビ(喫煙「小個室」はD-TVなし)● 冷蔵庫(喫煙「小個室」は通常冷蔵庫なし)● エアコン
⇒ 下階の短期旅行者向きフロアーには鏡・ゴミ箱・マグカップあり
(※)デジタルテレビ付きの客室では、無料でCS自主放送(サービス放映日に限る)も視聴可能です!

当店は北部浅草エリアにある“簡宿”というカテゴリのお得な施設で、基本的な客室(約3帖の小部屋)はバス・トイレ等は共同、バスアメニティなどはご持参を願う食事の提供のない素泊まりの宿泊システムになっています。
ホテル・旅館営業の客室から水廻りを省き寝床を残したような感じです。


 お問合せが大変多かった@2,800円の禁煙「小個室」 (D-TVなし・通常冷蔵庫なし)は、一泊単位で販売出来るようになりました。小個室全ての客室ではありませんが、サービス放映日にA-TVから5ch.のみ視聴できる部屋もありますが、A-TVのない部屋になった場合はご容赦ください。 

◆ 禁煙・約3畳の「小個室(TVなし)」一泊2,800円
(エアコン・ミニテーブル・小型冷蔵庫付)

『ほていや』定番の禁煙・小洋室(約三畳)からTVを取り除いてシンプルにしたお得な個室です!
靴を脱がないで客室に入れるのとベッドの下に大きな荷物を収納できるのは「小洋室」と同じです。

禁煙「小個室」①(横)

◆ 禁煙・約3畳の「小洋室」一泊3,000円
(エアコン・テレビ・ミニテーブル・小型冷蔵庫付)

『ほていや』定番の禁煙・小洋室(約三畳)靴を脱がないでそのまま入れる個室です!
特に靴を脱ぐ習慣がない外国人に向いているのと、ベッドの下に大きな荷物を収納出来るので部屋を広く合理的に使えます!
(※) 時期によっては就活生や受験生も多く宿泊していてミニテーブルがあるのは2階の禁煙・洋室タイプです!


本館『ほていや』2階の禁煙「小洋室」
禁煙の小洋室内(2階)のイラスト
↑ オンラインサイトで人気のある禁煙「小洋室」タイプ(2階)の室内詳細イラスト
  (イラストの中の一部に古い表現がありますがご了承ください)

↓ こちらは長期滞在者向けの「小洋室」タイプ(2ドアー冷蔵庫付き)
長期向けの「小洋室」

◆ 禁煙・約3畳の「小和室」一泊3,000円
(エアコン・テレビ・小さな座卓・小型冷蔵庫付)

山谷の伝統的な三畳和室タイプの個室で、カップルや欧米のバックパッカーに人気がある部屋タイプ!
エコノミーホテルほていや 2013最新客室

ほていや 禁煙・和室

◆ 禁煙・約3畳の「小和室」2名利用4,200円
(エアコン・テレビ・小さな座卓・小型冷蔵庫付)

(※) 2019年10月1日から料金改定になり、複数名利用時の一名あたりの追加料金が@1,200円(税込)となります。
【 二名利用は短期の旅行者対象で、通常一週間程度の限定利用となります 】


「小和室」を二名でお得に利用(4,200円)する場合のイメージ画像
↓ 追加料金のお支払いで親子で川の字になってお得に三名で利用することも可能です!

「小和室」二名利用
三畳間に外国人が二人で泊まると
↑ 伝統的な山谷の和室三畳を二名で利用した場合はこんな感じになります
デンマークから初めて泊まりに来た女の子二人組にお願いして撮らせてもらいました


◆ 禁煙・約3畳の「和洋室」一泊3,000円
(エアコン・テレビ・ミニテーブル・小型冷蔵庫付)

(※) 2011年4月9日放送の出没!アド街ック天国「山谷 泪橋」で紹介された部屋です!
この和洋室は、靴を脱いで上がるフロアリングのローベッドの部屋タイプです。
女性専用のトイレがある3階にあるので、女性に一番人気がある部屋です!

(※) 男性の方が和洋室を選択した場合は、極力1階へ移していますが、宿泊者が多い時期には3階になる場合もあります。
禁煙「和洋室」シングル
禁煙「和洋室」シングルのイメージ

(※) この写真のタイプは禁煙「和洋室」でもローベッドが入っていない客室です
和洋室(ベッドなし)

1室に2名でお得に泊まりたい方、必見! 個室でも1名@2,100円で泊まれちゃう泊まり方
◆ 禁煙・約3畳の「和洋室」2名利用4,200円
(エアコン・テレビ・ミニテーブル・小型冷蔵庫付)

約3畳の個室シングル一泊3,000円の部屋にプラス1,200円で2名宿泊も可能。
小さな個室を2名で利用する場合は、4,200円(1人@2,100円)と超格安!
小和室と和洋室(二名利用は禁煙タイプのみ)の中から選択可能!
(※) 2019年10月1日から料金改定になり、複数名利用時の一名あたりの追加料金が@1,200円(税込)となりました。
【 二名利用は短期の旅行者対象で、通常一週間程度の限定利用となります 】


(※) 「和洋室」を2名セットにして撮りました!(ロ-ベッドタイプと同じ客室です)
「和洋室」ツイン
「和洋室」の二名利用例
↑ 「和洋室」をお得に二名で利用した場合の利用例
以前、英国ガーディアン紙が選ぶ「東京の安い宿ベスト10」として推奨された泊まり方です


◆ 禁煙・約4畳の「中洋室」一泊3,200円
(エアコン・テレビ・テーブル・ツードア冷蔵庫付)
 

上階の明るい角部屋で、大きめのツードア冷蔵庫付き。通常の客室より柱分広めの部屋で男性専用トイレがあるフロアなので男性向きの部屋タイプです!
(※) 表のバス通りから西側の一番奥にあり、西日が入るので寒がりな人向きです。


ほていや 中洋室

【NEWS】 室内にシャワー室とトイレが付いた部屋タイプへグレードアップ !!(*^□^*)
◆ 禁煙・約9畳の「家族室」(ファミリールーム)
エアコン・壁掛けテレビ・ミニ冷蔵庫付


「家族室」を4名~6名で宿泊した場合は、1名@2,700円とお得で宿泊できます!
⇒ 4名未満でも貸切料金の一泊10,800円で宿泊可能!
東京スカイツリーなど東京観光に来たご家族・グループなどに人気がある部屋です!

本館「家族室」
家族室内の水廻りの画像
≪お知らせ≫ 家族室は、2019年10月1日より、4名以上で利用の場合の1名当りの料金が@2,700円、4名未満利用時の(一泊当り)最低料金が¥10,800円になります。
(※) 家族室は、当日の晩に泊る人数により宿泊料金が変わる料金システムになっています。この部屋タイプは小学生から未就学児でも泊まれる部屋タイプですが、子供料金の設定はありません。予約時の契約とは関係なく実際に泊る(大人と子供の合計)人数×@2,700円で計算させて頂きます。なお、当日の減員もキャンセルポリシーの通り一泊分の違約金が発生しますのでご注意ください。

◆ 禁煙・約3畳の「三人室」(エアコン完備・冷蔵庫なし)
(※) 本館で一番安く泊まれる部屋タイプで、テレビはデジタルTV(冷蔵庫なし)
⇒ この部屋タイプは室内でハイスピードのWi-Fiが使えるようになりました。

ほていや 三人室

料金は、3名で5,100円で、1名あたり約@1,700円とお得に宿泊できます!
2名利用の場合でも、1泊5,100円(1名@2,550円)になります!
荷物が多い場合は「三人室」の上部に荷物を上げ、下部にゆったり2名で泊まれます。
(※) 「三人室」は三名グループで個室に一番安く泊まれる部屋タイプです。
部屋は約三畳と狭いですが、「寝るだけだから何しろ宿泊代を節約したい」というような三人グループに最適です。


【 お知らせ 】
別館『えびすや』は、名前も新たにアネックス『えびすや』(Annex Ebisuya)として2018年4月30日にオープンしました。
別館『えびすや』は、簡宿の大変小規模な宿ですが、ひと部屋に複数人が一緒に泊まれる大き目な客室を中心に配置されています。
詳しくは、アネックス『えびすや』 のページをご覧ください⇒こちら

《 アネックスえびすやの特徴 》
● 客室の清掃は事前に申し込み頂くシステムですので短期の旅行者向きの施設です。
● 客室と共用施設のすべてが(電子煙草を含む)禁煙です。路上も禁煙なので、喫煙は本館で吸って頂くことになります。
● 表のバス通りから30m近く離れているので大変静かな環境にある新築の施設です。
● 談話コーナーと全室で光ネット回線(有線・無線LAN)使用可能です。
● 家族、グループに適した広めの客室中心なので、団体でワンフロア―全室貸切もOK。
● エアコンの室外機は個別になっているので暖房・冷房・除湿の切り替えは各客室ごとに選択可能。
● 24時間無料で使用できる個室のシャワールームがあります。
● 只今、別館の浴室は使用できませんので、入浴は本館の浴室か近くの銭湯をご利用頂いています。
● 自室のカギを使って、本館の諸設備も利用可能です。


(※) 新『えびすや』の設備や宿泊システムは、本館とは異なっています。予め宿泊に際してはご注意ください。
別館『えびすや』の新看板

『ほていや』と山谷周辺の情報満載、旅のお供に“Bookmark”すれば大変便利です!
↓ 下の「QRコード」をコード読み取り機能を使ってモバイル端末からもご利用ください!
SPOCOM.net QRコード入りスマホ


【 予約と仮予約に付いて 】
予約は通常宿泊台帳が出来る二ヶ月前から当日までお受けしております。ただしオンラインからやFAXなど直接のお申し込みでない場合は余裕も持って、遅くても二日前までにお申し込みをお願いしております。少人数で家族的に営業しております関係上、施設からすぐに返信できない場合がありますので予めご了承ください。

① 多数の部屋数が必要な場合、予約が多人数に及ぶ場合、または施設が必要と認めた場合には事前の予約金の振込を予約の条件させて頂いております。振込先は、スクロールしたこのページ最後にあります。
② 事前に特別の了解(確認)さえあれば、二ヶ月前でも“仮予約”が出来ます。
【仮予約する場合に事前に確認頂く事項】
● 仮予約は、自社HPの中にあるオンラインの「予約フォーム」から予約と同じ要領で必要事項を全てご入力し、送信して予約ファイルへUPして頂くことが条件になります。
● 仮予約された方は、念のため到着日の二ヶ月前(の同じ日付の日)の22時までに宿泊台帳に確かに記帳できたかをEメール(または直接電話)で“再確認”してください。通常宿泊料金の改定は二ヶ月前に決まりますので、再確認時に料金も方も必ずご確認ください。
● 二ヶ月前の再確認がなくても宿泊台帳に記帳された時点で予約完了となります。
● 再確認をされなくても記帳された時点で予約は成立しますので、取り消す場合はお早目にご連絡ください。
● ただし、再確認がない方で連絡が取れないような場合は予約を取り消させて頂く場合もあります。その場合は仮予約の次の順位の方へ客室をお譲りさせて頂きますので予めご了承ください。
(※) 二ヶ月前の時点で、契約を継ぎ足して継続して長期で滞在されているような部屋タイプの場合は、他の部屋タイプを提案させて頂きます。

【 重要事項 】
● 「仮予約」とは、まだ宿帳に予約として記帳されていない申し込みという意味です。条件さえ揃っていれば優先的に「予約」出来るという意味で絶対に「本予約」出来るとは限りませんのでご注意ください。特に「家族室」などひと部屋しかない部屋タイプは「仮予約」でお受けしても管理上など諸般の理由から二ヶ月前になっても「本予約」が稀に出来ない場合もあることを予めご了承ください。
● 予約フォームには事前に連絡の取れるケータイ番号を必ず入力ください。同じ日時に複数の仮予約の方が出た場合など、二ヶ月前でも入力頂いたケータイへ逆に両店から“再確認”する場合もあります。ご了承ください。ケータイの連絡が取れないと仮に二ヶ月前であっても順位下位の方へ権利が移る場合もありますので充分お気を付けください。
● 事前に予約フォームから「仮予約の申込」⇒「当店から仮予約受理の返信」⇒「お客様から仮予約の確認」⇒「宿泊台帳へ記帳(予約完了)」⇒「二ヶ月前の再確認」⇒という流れになります。
● 仮予約中に日時や泊数等が変更になった場合は、再度オンラインから予約をやり直して頂くことになります。
(※) 「仮予約」とはいっても予約ですので取消す場合は必ずご連絡ください。ご連絡がないと違約金が発生する場合がありますのでご注意ください。
(※) ひと部屋しかない人気の部屋タイプなどにダブルブッキングなどないようにしています。ご理解ください。


【 料金の割引に付いて 】
両店は、長期継続宿泊を前提とした料金設定の宿泊施設で、ムダを省くことで成り立っている格安宿泊システムです。
連泊でも表示の料金から割引くことはしておりません。現在一年以上滞在されている方でも同じ料金を頂いております。
(※)部屋タイプによっては、休前日および繁忙期の特定日(期間)と定めて、割増料金を設定させて頂く日(期間)があります。


【 客室の指定に付いて 】
⇒ 「家族室」など、ひと部屋しかない部屋タイプは別にして『客室号番の指定』等に付きましては、

① 出来る限りご要望にお応えするよう努力はしたいと思いますが、100%指定を保障するものではありません。予めご承知おきください。
② 例えば、当日大量の荷物を置いてカギを持ったまま約束通り退室しない方がいたり、設備の故障等の場合、または警察・消防・保健所など行政の指導、命令等で当該客室が使用出来ないようなケースも考えられますのでどうぞご理解ください。


【 延泊に付いて 】
『ほていや』は、一泊単位の宿泊契約の施設ですが、条件さえ揃えば継ぎ足しながら原則として最大一ヶ月まで継続出来ます。延泊の手順は下の通りです。

① 宿泊契約を延して引き続き延泊したい場合は、まず、当初のチェックアウト日前日までの業務時間内にフロントスタッフまでご相談ください
② ご希望の部屋タイプに空きがあったら延泊の了解を求めてください。
③ 延泊の了解が取れたら前金でお支払ください。
④ 既存の予約などの理由により客室が移動になる場合はご容赦ください。事前のご相談なくオンラインで延泊予約した場合、部屋が移動になる可能性が高くなりますのでご注意ください。

【 注意事項 】
● 現在両店は、事前に予約を受付して1泊から継続して長期で最大一ヶ月(継続と呼んでいる)までの旅行者を泊める宿泊施設になっています。看板に2,200円前後の表示を掲げる周辺の『福祉宿』とは異なる『一般宿』の宿泊システムになっています。
● 団体客などの予約は半年から一年前でも「仮予約」として受け付ける場合もあり、曜日や季節等によってはかなり前でも客室が埋っている場合もあります。
● なので、一ヶ月以内の延泊でもお受け出来ない場合もあり、仮にお受け出来たとしても部屋移動なったりご希望の部屋タイプが取れないケースも有り得ます。
● 継続して一ヶ月を超える延泊(滞在と呼んでいる)を希望する場合は必ず事前にご相談ください。ただし①長期継続滞在が可能な客室に空きがあること②移動になる可能性が大きいこと③前金の入金方法など別に諸条件もありますので事前に必ずご相談ください。
● シングルの小部屋(小和室・和洋室)を二名で利用するプランは、通常7泊から14泊までの宿泊とさせて頂いています。
(※)両店はアパートなどの共同住宅とは異なる旅館営業なので、宿泊施設と宿泊者との一泊単位の相互の意志表示が合致して初めて成立する宿泊契約です。宿泊者に延泊(「継続」及び「滞在」)の意志表示があっても満室等の理由によりお受け出来ない場合もありますので予めご了承ください。


【 子供料金と乳幼児の利用に付いて 】
⇒ 大人と一緒の宿泊が条件ですが、泊まる方が小学生以上の場合は何ら問題ありません。

① 『ほていや』は建物の構造上小さなお子様向きの宿泊施設ではありません。なのでほとんどの部屋タイプは小学生に満たない未就学児の受け入れはしておりません。ただし本館「家族室」に限り小学生から未就学児でも受け入れをしています。
② 『ほていや』は子供料金の設定はありません。お子様(含む乳幼児)も大人料金と同額となっていますが、「家族室」に泊まる零歳児(の添い寝)に限り無料としています。
③ 客室に定員以上で宿泊したい場合は事前の了解が必要になります。その場合は宿泊人数に適した客室設定をさせて頂きます。
④ お申込み時の人数以上の宿泊人数(大人+子供)が確認された場合は、実際の宿泊人数での計算でお支払頂くことになります。予めご了承ください。
(※)『ほていや』は、「簡宿」と呼ぶ簡易的な設備・構造のなため、ほとんどの部屋タイプが小さなお子様向きではありません。しかし、100%保障は出来ませんが、事前に電話等を頂ければご相談に応じれる客室がある場合もあります。

【 未成年者だけの利用に付いて 】
⇒ 泊まる方が未成年者だけの場合に付きましては、

① 事前に、宿泊する未成年者全員の保護者(親権者)の了解があること
② 申し込み者(代表者)の保護者(親権者)の固定直電話番号を頂けること
③ 当日連絡が取れる(代表者の)ケータイ番号を頂けること。
④ 当日の「キャンセル」や「減員」、「NOSHOW」など等違約金等が発生した場合は、代表者の保護者(親権者)の負担とすることを予約の条件とさせて頂いております。つまり、両店と申し込み者の保護者(親権者)との間の宿泊契約になります。予めご了承ください。


【 宅配の荷物の取次に付いて 】
⇒ まず事前に、宅配の荷物を送る前に送る旨ご連絡ください。

① 荷物はチェックイン当日のフロント業務時間内に届くよう時間指定をしてください。清掃中でフロントを空けることが多い午前中は避け、16時以降の時間指定をお願いします。
② やむなくチェックイン当日前に送る場合は、必ずお申し込み者(代表者)のお名前と到着日の記入をお願いします。できましたら当日連絡の取れるケータイ番号もお願いします。
③ 年末・年始などフロント業務がお休みの場合など取次ができない日があります。


【 業務時間前の受付と荷物の預かりに付いて 】
⇒ まず事前に、ご希望の日の午前中に受付が可能か施設へ電話等から問い合わせみてください。

受付けとは、午前中に(宿泊者カード記帳後)部屋代を前金で頂いて、貴重品以外の荷物の置き場を提供するという意味です。午前中に部屋が使える(チェックイン)という意味ではありません。客室のカギは、前泊の方から返却が終わってさえいればその時にお渡し出来ます。客室は清掃終了後、準備でき次第使用(チェックイン)出来ます。
受付(荷物預かり)は、午前9時を少し過ぎた時間帯から正午までの間でお願いします。(午後4時~フロントが開くため事前に連絡がない場合は正午~午後4時の間は対応できない場合もあります)
② 現金・小切手・クレジットカードなどの外、身分証明書等貴重品類は必ずお持ちください。
③ チェックアウト時間の午前10時を過ぎると、館内で別の作業をしている場合が多いので、フロントにスタッフがいない場合は、フロント脇にあるインターフォンを押して待合室でお待ち頂くか、または靴のまま館内へ入って声掛けしてください。
正午からフロント業務が始まる午後4時までの間は清掃⇒休憩⇒開店準備の作業時間となりますのでフロント業務はやっていませんのでご注意ください。少人数で家族的に経営しておりますのでご了承ください。
⑤ やむを得ず到着が正午を過ぎそうな場合は必ず当日の午前中に直接電話でご相談ください。

【 お願い 】
● 家族的に営業しております関係上、冠婚葬祭などでお受け出来ない場合もあります。予めご容赦頂きたいと思います。
● 夜行バスなどで早朝到着する場合など、どうしても午前中から部屋を使いたい場合は、前泊から部屋をキープすることをお願いします。
● 申し訳ありませんが、通いのフロントスタッフの到着前や早朝の受付はご遠慮頂いております。本館から駅方向100m先右側に早朝から営業しているコインロッカー「土居商店」もあります。スーツケースが入りそうな大型ロッカーは300円(12時間まで)で、当日の21時までの受け取りになります。

⇒ 大きなスーツケースも入れられる土居商店の大型ロッカーのイメージ
土居商店の大型ロッカー ①&②
⇒ 土居商店の営業時間= 4:00~21:00 問合/窓口受付は下の画像をご覧ください
土居商店の大型ロッカー ③

(※)チェックアウト後に『ほていや』に荷物を預けたい場合(フロント業務時間内に限りますが)は、夜の業務時間内(16時~22時までの間)の受取りであれば可能です。荷物の受け取りが業務時間終了以降になる場合に付きましては、一泊(または一日)に付き荷物一個@500円の預かり料を請求させて頂きますので予めご了承ください。


【 宅配物(郵便物)の預かりに付いて 】
⇒ まず事前に宅配物の預かりに付いて施設へ了解を求めてください。

配達日はチェックイン当日の日付指定で申し込んでください。
② 配達時間は、フロント業務時間内、16時以降の時間指定でお願いします。
③ 宅配の申込記入表には、当日連絡の取れるケータイ番号をご記入ください。
④ やむを得ず日時、時間指定が出来ない場合は、到着日の記載をお願いします。
⑤ 宅配物の料金決済はクレジットカード等からご自身で行ってください。フロントでは着払いの立替は出来ません
⑥ 客室が狭いので、大量の荷物の預かりはお断りする場合があります。
⑦ 宛名は「エコノミーホテル ほていや」内の後に必ず受取人のお名前を入れ、部屋番号は入れないでください。
⑧ 宅配物の受取りは、通常、『ほていや』のフロント業務時間内にお願いしています。

【 両店の宅配物(郵便物)の配達先 】
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9 「エコノミーホテル ほていや」内

(※) 過去に施設に宅配物が届くことが伝わってなかったり、到着日よりかなり早く荷物が届いたり、またはフロント業務の期間外に宅配業者の配達があって、“スリッパ入れ”の中に「不在票」が投函されたため、センターへ荷物が戻って結果滞在中に受け取れなかったケースもありました。最大100名以上の予約が入る期間もりますので予めご了承ください。


【 最終チェックイン時間を越えそうな場合 】
⇒ まず事前に余裕を持って「チェックイン時間を越えての受付」が可能か施設へ問い合わせてください。通常のフロント業務終了時間「22時」を越えますと最小限のスタッフになります。直電話はつながり難くなりますので予めご注意ください。

『ほていや』の最終のチェックイン時間は、23時までとなっていますが、事前に夜の勤務の者の了解があれば特別に時間外でも柔軟に対応しております。
ただし、
⇒ 到着が何時になるか分からないような場合にはお断りすることもありますので予めご了承ください。
『ほていや』に予約された方で最終のチェックイン時間を越えそうな場合は、当日22時45分までに夜の勤務の者にご相談ください。
② 防犯上、受付と玄関は23時で閉めさせて頂き受付にスタッフはいなくなります。なので23時で固定直電話は受けられなくなります
③ 事前に了解を取った方は、必ず当日夜に(到着時間を決めて)担当者のケータイ番号を聞いてください。最寄の南千住駅の改札からか、または到着10分前に担当者の(メールではなく)ケータイへ一報ください。
④ 正面の扉が閉まっていたら、左脇にあるインターフォンを押して少し扉の前でお待ちください。
⑤ 到着がJRの終電の時間帯(25時)を越えるような場合は「NOSHOW」の扱いになりますので特にご注意ください。

【 お願い 】
● 家族的に営業しております関係上、冠婚葬祭などでお受け出来ない場合もあります。予めご容赦頂きたいと思います。
● 周辺には約160軒近い宿泊施設があり、25時頃まで営業している施設も複数軒あるようです。到着が深夜何時になるか分からないというような場合には他店のご利用をお願いする場合もあります。
● 『ほていや』を予約の方で遅い時間帯のチェックインの場合、シャワー室か周辺の銭湯(大人=460円)のご利用にになります。


【 乗用車など車両でのご来店に付いて 】
乗用車、オートバイ、自転車等でご来店のお客様は、事前に下の記述などを読んで駐車(駐輪)に付いての情報を持ってからお越しください。
① 両店を自動車でご来店のお客様は、周辺に多数あるコイン式の駐車場をご利用ください。両店には専用駐車場の設備はないので予めご注意ください。なお、このブログの左側にあるリンクの「格安 駐車場情報」を参考にしてください。24時間出し入れなし@1,000円が平均的な相場です。
② オートバイの場合は、別館の駐輪場に空いたスペースがあればそこをご利用ください。その場合、事前に管理人の了解を取ってから駐車してください。空いたスペースがなければ、最寄の南千住駅周辺にあるコイン式駐車場をご利用ください。
③ 自転車の場合は、(駐輪スペースに空きがあることが条件ですが)別館の駐輪場をご利用頂ける場合もあります。空いたスペースがなければ、最寄の南千住駅周辺にあるコイン式駐輪場をご利用ください。
(※)台東区の格安レンタサイクルを二日以上申し込まれる方は、貸出時に各レンタサイクルの管理室に「宿泊時は別館の駐輪場か駅前のコイン式駐輪場を利用する」と伝えてください。

【 注意事項 】
● 周辺の路上に乗用車、オートバイを駐車すると、駐車違反の処分を所轄警察署から受ける恐れがあります。ご注意ください。
● 自転車を周辺の歩道に置くことは法的には認められていません。区役所の札を貼られて移送されたことがあります。
● 自転車を館内へ持ち込むことはご遠慮ください。ただし、事前の管理人の了解があり、折りたたみ式自転車で館内の設備に傷を付けないよう処置を講じて、なおかつ他のお客様に迷惑の掛からないことが条件となります。
なお、室内へ置けないようなタイプの折りたたみ式自転車の場合は、業務時間内の出し入れになりますが、フロントに相談してからお預かり出来ることもあります。


【 深夜・早朝のチェックアウトの仕方 】
⇒ フライトの関係などで深夜・早朝にチェックアウトする必要のある方は、事前に下記をお読みください。
『ほていや』のチェックアウトの仕方は、時間帯によって異なりますが、午前7時前の場合は脇の通用口から退館して頂くことになり、それ以後の場合には正面玄関の扉から退館して頂きます。

① まず客室内外にお忘れ物がないか最終確認をお願いします。
② 深夜・早朝の場合、カギを指定の投入口へ入れて脇の通用口から退館(通用口の扉は一旦外へ出ると自動施錠されますので再入館は出来ません)ください。
③ 午前9時超えフロントスタッフがいる時間帯はスタッフにカギを直接返却して退館してください。


【 レイトタイムチェックアウトに付いて 】
⇒ 延長料金が掛かりますが、事前に了解さえあれば午前10時の最終チェックアウトを越えても延長して客室を使用出来ます。
① 延長料金は、一名に付き1時間@500円申し受けさせて頂いています。
② 延長時間が午後3時を越える場合は一泊分となります。
③ 料金は前日のフロント業務時間内に前金でお支払ください。

【 ご注意 】
● メンテナンス工事など様々な理由からご利用の客室が翌朝使用出来ない場合があります。その際はご了承ください。


【 キャンセルポリシー 】
● キャンセルポリシー
① 前日のキャンセルは宿泊料金に50%乗じた違約金が発生します。
② 当日のキャンセル(含む減員)は一泊分の違約金が発生します。
③ 連絡なしの不着(無断キャンセル)の場合も一泊分の違約金が発生します。
④ 任意にお泊りにならなかった場合(不泊)でも宿泊代は掛かりますのでご了承ください。
⑤ 上記にに係わらず通常10名以上、または5部屋以上のグループや団体などの予約の場合には別にキャンセルポリシーを定めることがあります。
⑥ オンライン予約サイト(ネットエージェント)等を経由した予約に付きましては、それぞれのエージェントのキャンセルポリシーの通りとします。
⑦ 年末・年始の特別期間に付きましては、例年、通常とは異なるキャンセルポリシーを定めています。予めご注意ください。
(※)天災など不可抗力により到着できない場合には、事前にご相談ください。施設が了解した場合に限り、違約金を免除することがあります。仮に天災などによって目的が中止になった場合では、通常免除の対象にはなりませんのでご了承ください。


【 予約金と違約金(弁償代)の支払方法 】
● 予約金のお支払について
お申し込みの人数が多人数に及ぶ場合、またはご希望の部屋数多い場合などには、事前に予約金の一部か全額を送金して頂くことを予約の条件とさせて頂くことがあります。
① 通常10名以上、または5部屋以上のグループや団体などがお申し込みになった場合。
② お申し込みの期間が長期間に渡る場合。
② それ以外の場合であっても、予約金が必要だと施設が判断した場合。
(※)頂いた予約金を返金する場合には、送金に必要な諸経費と違約金(債務)を差し引いた残りの金額をお返しすることになります。
● 設備・備品・貸与品等の弁償について
① お客様の責による設備・備品類の破損は実費を請求させて頂きます。
② カギ(客室キー)の紛失及びお客様の責による破損は、実費を請求させて頂きます。
③ カギ(錠)のお客様の責による破損は、錠の交換代金の実費を請求させて頂きます。
(※)カギ(客室キー)の紛失でもどこで紛失したか分からない場合などは、防犯上のため錠の交換代金(実費)を請求させて頂く場合があります。
● 違約金(弁償代)の支払方法
① 現金書留によるご送金に場合に付きましては、
〒111-0021 東京都台東区日本堤1-23-9 『ほていや』までお願いします。振込みの場合
「有限会社ほていや商事」の下の口座にお願いします。
② 『信用金庫』への振込の場合
⇒「朝日信用金庫」浅草支店(普通預金)口座番号=0358955
③ 『ゆうちょ銀行』の振込の場合
⇒ 【 記号 】=10070 【 番号 】=72169321

(※)債務の全額完済が確認できませんと新たな予約のお引き受けは出来ません。予めご了承ください。

両店のロゴ入り広告(カラー)

オンラインからの予約は、通常到着日の「二ヶ月前から2日前」までに送信を!
◆ SPOCOM.net の自社HPからのオンライン予約は⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら



城北旅館組合が防火防災功労賞の最優秀賞を受賞 

東京消防庁による、第16回地域の防火防災功労賞に
 城北旅館組合が最優秀賞(東京消防庁消防総監賞)を受賞!


 山谷地域(台東・荒川区)の宿泊施設、約120軒の組合員でつくる城北旅館組合が、東京消防庁の「第16回地域の防火防災功労賞」で、最優秀賞の消防総監賞を受けた。延焼、焼失の危険度が高い戦後の復興期の後に建てられた木造の古い建物が密集する地域で、任意団体と住民が一体となった防災への取り組みが評価された。

 東京消防庁によると、城北旅館組合は2015年、近隣の六町会と災害時応援協定を締結、毎年合同で防災訓練を実施してきた。さらに区の道路清掃用の散水栓を初期消火に活用できないかと、水道栓を利用する消火用の資器材(ハリアー)を組合の施設に配置するなどの備えも推進したことで、山谷エリアを含む日本堤消防署管内は2018年、焼損床面積ゼロ、火災による死者ゼロを達成した。

 ↓ 東京消防庁の「第16回地域の防火防災功労賞」授賞式の画像
消防総監賞の受賞式

 千代田区内で17日に表彰式があり、安藤俊雄消防総監から賞状を受け取った城北旅館組合の上野雅宏組合長は「宿泊者にも、寝たばこや、ゴミの放置をしないよう呼びかけてきた。諸先輩方からの活動の積み重ねが受賞につながった」とコメントを述べた。「住所設定をしていない長期滞在客が多いので、災害時にそうした人たちへの配慮まで行政は考えが及んでいないようなので宿泊者の安全を守るよう努めていく」と決意を述べた。

 地域の防火防災功労賞は、阪神大震災から10年目の2004年に創設された。町会、自治会、事業所などを表彰し、広く都民に紹介する。今回は100件の応募があり、筑波大の梶秀樹名誉教授ら防災の専門家が、継続性、先駆性などを基準に審査した。 

防火防災功労 最優秀賞


 過去に川崎の宿泊施設で起きた大きな火災のニュースは、まだ記憶に新しいところですが、毎年台東区と荒川区にまたがる山谷地域の宿泊施設でつくる簡宿の同業組合「城北旅館組合」と周辺六町会が一体となった防災訓練が、台東区日本堤にある旧田中小学校跡地「たなかスポーツプラザ」で宿の関係者と地域住民が参加して行われている。
 そのことは、過去のNHKの報道番組「クローズアップ現代」で、城北旅館組合が取り組む地域の防災対策としてテレビでも紹介されたこともあった。


~ 城北旅館組合と周辺町内会が行っている昨年の防災訓練の画像 ~

この防災訓練は「女王の教室」 や「モンスターペアレント」のロケ地で有名になった
たなかスポーツプラザ(旧 田中小学校) などで行っている↓

山谷地域の防災訓練

 城北旅館組合と周辺町内会(「浅草町一町会」・「浅草町二町会」・「清川町会」・「日本堤一丁目中央町会」・「日本堤二丁目東町会」・「浅草東清町会」)の六町会は、毎年別々に防災訓練を行っていたが、今回、日本堤消防署に於いて災害時応援協定を結んでから始めて簡宿の組合と六町会が合同で防災訓練を行なった。
 この時の訓練の模様は、テレビ朝日系列のANNニュースの撮影クルーが取材に入って、訓練当日夕方の報道番組「Jチャンネル」でも紹介された。

 ↓ 城北旅館組合加盟施設には回覧網を通じて事前に訓練のお知らせが配られる
組合・町会 合同災害対応訓練

防災訓練受付 ①
防災訓練受付 ②&③
 ↑ 防火管理者の実務講習の受付 台東区(左)と荒川区(右)と分かれている ↑

山谷の防災訓練 ①

山谷の防災訓練 ②
 ↑ 各六町会の自衛防災団は、のぼり旗を掲げてグランドに集合 ↑
山谷の防災訓練 ③

山谷の防災訓練 ④
 ↑ 消化器とスタンドパイプからの消火ホースによるお約束の初期消火訓練 ↓
山谷の防災訓練 ⑤
山谷の防災訓練 ⑥
山谷の防災訓練 ⑦

 簡宿は安価な宿ではあるが、消防法、建築基準法など優に100を超す法律をすべてクリアーしないと保健所の許可が下りないので、防災上も安全・安心な宿泊施設といえる。今回の川崎の火災は、放火の可能性も指摘されているが、報道では違法改築を行政が見逃していた点が注目されていた。

 ↓ 早川太郎台東区議(左)と城北旅館組合長(中)と新宿本部組合理事長(右)の姿も
旅館組合のお偉い衆も…

山谷の防災訓練 ⑧
山谷の防災訓練 ⑨
 ↑「 煙体験ハウス」の実体験コーナー テレビ朝日のANNニュース撮影クルーも…

山谷の防災訓練 ①

山谷の防災訓練 ⑩
山谷の防災訓練 ⑪
 ↑ 不燃加工の布切れを使った燃焼実験と元の教室内ではプロジェクターの上映も ↓
山谷の防災訓練 ⑫


≪ 過去の防災訓練の模様 ≫
 簡宿は法令により消防設備の点検と自衛消防訓練をそれぞれ年二回義務付けられているが、地元日本堤消防署員の指導の元、毎年『ほていや』と『えびすや』のスタッフも組合加盟施設からの多数の施設従事者と共に「たなかスポーツプラザ」の旧田中小学校校舎や旧蓬莱中学校跡地に建てられた「福祉プラザ台東清峰会」の1階にある地域交流スペースなどを借りて、組織としても毎年防災訓練を行っている。

 ↓ この日は「福祉プラザ台東清峰会」の1階地域交流スペースで訓練が…
救急救命と除細動器 (AED)の講習会 ①
救急救命と除細動器 (AED)の講習会 ②
 ↑ この日は、人口呼吸と除細動器 (AED)による救急救命の講習会が ↓
救急救命と除細動器 (AED)の講習会 ③

 ↓ 地震体験車まで会場へ乗り入れさせ、地震の模擬体験をすることもある
過去の訓練の模様 ①
山谷の防災訓練 ②
過去の訓練の模様 ②&③
 ↑ 火災時の通報訓練(左)と日本堤消防署員による除細動器の扱い方(右)

浅草町一町会の防災訓練の模様 ①
浅草町一町会の防災訓練の模様 ②
 ↑ 『ほていや』が所属の地元浅草町一町会では消火栓からスタンドパイプの実演も ↓
浅草町一町会の防災訓練の模様 ③

 ↓ 大規模地震など災害時に使用する緊急連絡用の無線機の実演
浅草町一町会の防災訓練の模様 ④
浅草町一町会の防災訓練の模様 ⑤
 ↑ 災害発生時のために準備されている備蓄品庫内を見学した時の写真 ↓
浅草町一町会の防災訓練の模様 ⑥

 ↓ 山谷を上空から見ると、終戦後間もなく建てられた木造の家屋がまだまだ多い
上空から見た山谷の街

 考えてみると山谷という場所は、かつて『ほていや』から直線で400㍍程先にあった吉原遊郭で明治44年(1911年)に発生した吉原の大火始め、大正12年(1923年)の関東大震災、昭和20年(1945年)の東京大空襲と、実に34年間に三度も焼野原になった特別な場所。なので他の地域の人たちと比べて防災意識はとても高い。


当店の facebook のページに戦後間もない昭和20年代に山谷通りで行われた防災訓練の写真をUPしました。
● エコノミーホテル ほていや facebook のページ⇒こちら



両店のロゴ入り広告(カラー)

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,800円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,200円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,800円(4名以上の場合1人@2,700円、4名未満は10,800円で貸切可)
2019年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら


● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん(浅草回り)」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分
● 台東区循環バス「ぐるーりめぐりん」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

文字数カウントのページは⇒こちら


山谷最大の簡宿 パレスハウス 


忘れ去られた山谷の風景 ~パレスハウス~



 長い間保管してあった「パレスハウス」の新築現場を撮った8ミリフィルム。このゼンマイ式のダブル8型の8㍉キャメラで約1年間撮り続けた8ミリフィルムをNHKのBSの番組「TOKYO ディープ! 山谷編」の制作スタッフに預けたところ、テレビの放送終了後にCDにしてフィルムと共に返してくれた。
 番組では尺が足りなかったのか結局のところ動画は使われなかったが、改めて動画をスマートフォンで撮った画像を見直すと、復興期の山谷の歴史を再発見することができる。

東京五輪の3年前、泪橋電停前の場所に巨大ベッドハウスの工事が始まる ↓
パレスハウス新築工事 ①
建設現場を覆う囲いに「(株) 山谷大衆旅館 新築工事 施行室 室町建設」と書いているところ。

 8ミリキャメラを上のパレスハウスの新築現場から右へパンすると下の画像のように、建築現場の並びに、昔あったあさひ食堂の向かいに建っていた「マンモス交番」が写っていた。

現在の清川二丁目の場所にあった旧 山谷地区派出所(マンモス交番) ↓
昭和37年頃のマンモス交番

 パレスハウスは東京オリンピックが開催される二年前の昭和37年(1962年)に完成、銭湯並みの大浴場を備えた山谷最大の階層式の宿泊施設(収容700名)になった。

ウインチでワイヤーを巻き上げ、既存の建物を移動させるのにも女性の労働者が ↓
パレスハウス新築工事 ②

 今の建築方法だと、現場にあった古い建物は廃材として処分するのが普通だが、この頃はできるだけ既存の建物は使用して建築していたのがこの動画で分かる。パレスハウスの新築現場では、そこにあった木造の建造物を持ち上げ、枕木を組み上げて台を作り、滑車にワイヤーをつなげてウインチで巻き上げて移動させる曳家(ひきや)工法を使用していた。古い建物も壊さず有効に再利用していた。

パレスハウス新築工事 ③

 美輪明宏(丸山明宏)の代表曲「ヨイトマケの唄」に出てくるような「♪ 姉さんかむりで 泥にまみれて♪ 」の世界が山谷にもあった。昭和20年代の山谷の宿には、戦災で家を失ったたくさん罹災者が泊まっていて、夫婦者、家族持ちも…。昭和30年代の山谷では女性も男性にまじって同じように肉体労働をしていたことが分かる。

 実は山谷から女性や子ども連れが激減するのはこの直後の時代だった。山谷が男性社会になっていった訳は、東京都の政策により、簡宿に住んでいた女性と妻帯者を優先的に都営アパートへ移すことになったためだった。

元あった木造の建物を切断して曳家工法で移動させ別の建物と合体させる ↓
パレスハウス新築工事 ⑤

パレスハウス新築工事 ④
↑ パレスハウスの工事期間(昭和36~37年)頃は姉さんかむりの女性労働者も ↓
パレスハウス新築工事 ⑥_R


この建物の代表者、父 帰山仁之助が掲げる撮影日「1962年」を示すカレンダー ↓
パレスハウス新築工事(撮影日時)

まもなく足場が取れ、完成間近な昭和37年当時のパレスハウス ↓
パレスハウス新築工事(昭和37年)

 パレスハウスにあるような相部屋は、山谷の伝統的な造り付けの階層式相部屋で、山谷では“ベッドハウス”と呼ばれていてエドワード・ファウラー 著「山谷ブルース(San'ya Blues)」の中では「Bunkhouse」と表現されている。
 尺貫法のサイズで間仕切られたその空間は、一般的な六畳8人部屋の外に三畳4人、九畳12人から南泉荘には十二畳16人部屋まであった。パレスの鉄筋コンクリート造り四階建ての本館は、六畳タイプの8人部屋が支流だが、渡り廊下でつながった別棟は相部屋でも別タイプの客室と個室部屋もあった。マンモス交番の左側に接していた木造二階建て部分の棟は、現在はインバウンド客を意識した「パレスジャパン」という八階建ての簡宿になっている。

 昔の『えびすや』の7人室を好んで利用した内外の旅行者たちは、日本人なら「ドミトリー」とか略して「ドミ」、外国人バックパッカーは「Dormitory」とか「Dorm」と呼んでいた。

 前記エドワード・ファウラー氏は、大学教授としてカリフォルニア大学アーバイン校で教鞭を執っていたと聞きますが、交換留学生時代に初めて訪日、以後山谷地区の宿に滞在、日雇い労働もこなし“寄せ場”の文化人類学という角度から聞き取り調査をして「山谷ブルース」を執筆したということです。その後も山谷へ足を運んでいたという話を山谷の同業者から聞いたことがある。

山谷ブルース
エドワード・ファウラー 著「山谷ブルース」の表紙
Edward Fowler by "San'ya Blues"


 「山谷ブルース」の中に先代である「帰山仁之助」についていくつか興味深い記述があるので紹介すると。

● あさひ食堂のオーナーは山谷では傑出した商才の持ち主、故 帰山仁之助であった。当時、彼はドヤ協会(浅草簡易旅館組合)の会長(組合長)を務めていた。
The Asahi was owned by the late Kiyama jinnosuke, aprominent San'ya businnessman
who was at the time chairman of the Doya Association.

● ベッドハウスの考案者は前述のドヤ所有者 帰山仁之助であると伝えられている。
The bunkhouse is said to be the brain child of Kiyama jinnosuke, the abovementioned doya owner.
● 山谷の三畳ビジネスホテルと同等かそれ以上の料金ではあるが、出張や仕事で遅くなった男が安く宿泊できる「カプセルホテル」が後に発明されたが、ここにアイデアを得たであろうことは想像に難くない。現在は東京のあちこちにある。
They were no doubt the inspiration for a more recent invention known as the
"capsule hotel" now found in many parts of the city, where men traveling on business or working late at the offeice can spend the night on the cheap, although at a tariff equal to or even higher than a three-mat businesshotel room in San'ya.


旧別館『えびすや』の狭い畳一枚のドミの中で5人で自撮りしてSNSへ投稿する外国人 ↓
一畳の狭いベッドで自撮りする外国人

 造り付けの階層式相部屋のベッドハウスは、昭和30年代後半、特に東京オリンピック前の東京の都市基盤インフラ整備での労働需要から隆盛を極め、なぜか“ベットハウス”と「ト」に濁点の入らない看板が多かった。

山谷の階層式相部屋のベッドハウス
 ↑ 『ほていや』から程近い山谷地域の“ベットハウス”の画像 問題の看板がこれです

 山谷におけるベットハウスのルーツは、田中町三丁目(現 日本堤二丁目)に昭和20年代にできた「浅草宿泊所」だったと最近になって従弟から聞いた。浅草宿泊所は、L字型をした木造二階建ての大型の簡宿だったが、当時はまだ一般の人たちがバラックや壕舎(ごうしゃ)住宅に住んでいた頃に、上野の地下道に住み付いていた浮浪者(罹災者)が新築の宿に住めるというので世間で話題になって、完成時には大勢の人に囲まれた父が報道陣のインタビューに誇らしげに建物の説明をしていたという。
 何れにせよ、パレスハウスの700名収容を筆頭に、荒川区南千住三丁目の「光の家」、同二丁目の「南泉荘」、さらに秋葉原の「太陽の家」、現在のサンシャイン60のビルの近くに建てられた「池袋ロッチング」など等大型のベッドハウスが都内各所に作られ、東京復興期から始まって、都市基盤インフラ整備の高度経済成長期と呼ばれた時代を経てバブル経済崩壊までの長い間、安価な宿として使用され続けてきた。しかし今ではベットハウスのほとんどがその姿を消してしまった。

現在のパレスハウス(令和二年1月) ↓
現在のパレスハウス


● 「東京漫才発祥の地」は⇒こちら

● 「光の家宿泊所開業」は⇒こちら

● 「イトーヨーカドーのルーツは山谷だった!」は⇒こちら

● 「ニコヨンの家 建設計画」 は⇒こちら

● 「山谷の一大娯楽センター 吉景館」は⇒こちら

● 「灯消えた山谷の名物食堂」は⇒こちら

● 「働く人に山谷文庫」 は⇒こちら


◯ 「山谷復興の歴史を今に伝えるテープが… 」 は⇒こちら
◯ 「寄せ場用語の基礎知識 (東京・山谷編)」 は⇒こちら



両店のロゴ入り広告(カラー)

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,800円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,200円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,800円(4名以上の場合1人@2,700円、4名未満は10,800円で貸切可)
2019年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら


● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん(浅草回り)」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分
● 台東区循環バス「ぐるーりめぐりん」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

文字数カウントのページは⇒こちら


キャッシュレスでのお支払いが可能に! 

両店の現地決済によるお支払いが
 キャッシュレスでできるようになりました!


 昨年の師走から試験運用してまいりましたが、この度、両店の宿泊料金の現地決済がキャッシュレスで支払うことができるようになりました。運用を開始したのは「楽天Pay」と「PayPay」の二つの電子決済サービスです。

《 楽天Payでのお支払い 》
● 主要クレジットカード6ブランドなどが使用できます。
● 交通系ICカードなど各ブランドの電子マネーも使用可能です。
● 楽天アプリを使ってスマートフォンから二次元コードを読み取ってQRコード決済も使用可能です。

楽天ペイアプリ 決済可能ブランド


《 PayPayでのお支払い 》
● スマートホンにインストールしたPayPayアプリでQRコード決済ができます。

まず、本館『ほていや』の受付でPayPayで支払う旨告げて、フロントに置いてある
① QRコードを読み込み
② スマートホンの画面上から支払い金額を入力
③ スタッフにスマートホンに表示の金額を確認してもらい
④ 「支払う」を押し「ペイペイ」という確認音が鳴れば支払いが完了です。
(※) 事前にPayPayのアカウント登録し、チャージ用銀行口座を設定するなどして決済します。
経済産業省による消費者還元事業の期間(2020年6月30日まで)内にPayPay を利用すると5%の還元が受けられるのでとてもお得です。

PayPay のQRコード決済

消費者還元事業の期間(2020年6月30日まで)内にPayPay を利用すると5%の還元が受けられます。
5%消費者還元事業対象店舗

【 お願い 】
◯ 夜間から早朝に掛けて電子決済サービス各社のメンテナンスが行われることがあるので、ご利用は23時までにお願いします。
◯ 宿泊料金以外の入金は、今まで通り現金払いでお願いします。
◯ カード決済の場合、当日分を含めた全額の支払が条件で、貸し越すような支払い方はお断りします。
◯ 宿泊料金のカード決済と現金決済との併用した入金はご遠慮ください。



両店のロゴ入り広告(カラー)

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,800円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,200円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,800円(4名以上の場合1人@2,700円、4名未満は10,800円で貸切可)
2019年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら


● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら

● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん(浅草回り)」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分
● 台東区循環バス「ぐるーりめぐりん」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

文字数カウントのページは⇒こちら


~ 2020年 新春 「 初ブログ 」 ~ 

 ~ 2020年 新春 「 初ブログ 」 ~


「謹賀新年」 明けましておめでとうございます。
  今年も『ほていやブログ』を宜しくお願いします。


令和二年 子年の年賀状

 令和二年の干支は十二支で「子年(ねどし)」で、ネズミ年に当たりますが、正確に干支を表すと「庚子(かのえ・ね)」です。「子」は動物の鼠からも分かるように、生命力、繁殖力がとても強いことから子孫繁栄や財力の象徴される縁起の良い動物です。

そこで、令和元年の師走で見掛けた子年のお飾りをスマホで撮ってきました!

子年のお飾り

子年のお飾り ②

子年のお飾り ③

子年のお飾り ④

両店のロゴ入り広告(カラー)

北部浅草!東京・山谷(南千住エリア)の格安宿泊施設
『ほていや』はこちら↓

Economy Hotel HOTEIYA (個室1泊 2,800円~)
(“約3畳”のシングルの小部屋を2名で利用すれば2名で4,200円)
家族室(ファミリルーム)最大6名まで宿泊可↓
最低料金10,800円(4名以上の場合1人@2,700円、4名未満は10,800円で貸切可)
2019年 両店の最新部屋紹介は⇒こちら

〇 大江戸「北部浅草下町情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 大人気!「食いだおれおじさんのグルメマップ」pdf 版⇒こちら
〇 下町大好き「千住情報マップ」pdf 版は⇒こちら
〇 エコノミーホテルほていや動画は⇒こちら

● 世界中から外国人旅行者が集まる東京・山谷の安宿街 ⇒こちら


● 頻繁にヒットしている人気ページは⇒こちら
● 「ほていやブログ」 全一覧は⇒こちら


出張・受験・就活・一人旅に!
女性・外国人も大歓迎!
1泊から長期滞在まで多目的で利用できる格安宿泊施設!
「SPOCOM.net」公式ケータイHPは⇒こちら
お部屋のご予約とお問合せは⇒こちら
----------------------------------
ほていや⇒交通アクセス
● 東京メトロ日比谷線「南千住駅」南口より徒歩8分
● JR常磐線、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分
● 都バス「清川2丁目」下車すぐ!
● 台東区循環バス「めぐりん(浅草回り)」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分
● 台東区循環バス「ぐるーりめぐりん」⑨番バス停清川一丁目より徒歩2分

南千住駅から『ほていや』までの道順(地図)は⇒こちら
台東区循環100円バス!めぐりん情報は⇒こちら

文字数カウントのページは⇒こちら